レンジ相場か?

6月23日(木)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨夜のFOMCでFRBは金融政策を現状維持。
その後のバーナンキFRB議長の会見ではQE3を否定し、ドルは買い戻される動きになっています。

ユーロドルは1.45を付けられず下落。
ドル円は80円を割らずに上昇。
ドルスイスも反転上昇しています。

チャートはユーロドルの4時間です。(縦破線は週区切り線)
20110623eurusd4h.gif
当面はピンク罫線で挟まれた(部分)1.407~1.45でレンジになるかもしれません。
こうなると4時間などの大きな虹は出にくいので、1時間や15分の小さな虹を使った方がいいかもしれません。


続いてドル円の4時間です。(縦破線は週区切り線)
20110623usdjpy4h.gif
当面はピンク罫線で挟まれた(部分)80円~81円の狭い範囲で動いており、とてもトレードできる通貨ではなさそうです
このレンジをいずれかにブレークしてくれれば、そこからの動きに期待したいところです。


もう一つはドルスイスの4時間です。(縦破線は週区切り線)
20110623usdchf4h.gif
当面はピンク罫線で挟まれた(部分)0.8350(または0.83)~0.8550でレンジになりそうで、スイスが金利を引き上げるなどの思惑が出てこないと、これ以上のスイス高にはなりにくのかもしれません。

こうしたドルスイスの動きは、他のスイスクロス(ポンドスイス、ユーロスイスなど)にも影響するかもしれません。


まだQE2が今月末で終了となると、この大量に供給されたドル資金で上昇を続けていた株式市場や商品市場の動きも気になるところです。
株価や商品価格が下げ始めると、クロス円が下げやすく、ここからドル円も影響さえるかもしれません。
期末でもある6月末を過ぎると、7月からマーケットの動きが変わるかもしれないので、注意したいと考えています。


まず今朝の東京時間はFOMC明けでドル買いの動きになっていますが、この後の欧州市場が同様に動くのかどうかに注目したいと思っています。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ