ドル売り

5月31日(火)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨日は英国・米国が休日で動きはほとんどなかったが、本日は朝から大きく動いています。
ウォール・ストリート・ジャーナル誌がギリシャ救済についての記事を出したようで、これが好感されてユーロ上昇、ドル売りという動きのようですが、アジア時間の朝からの動きなので、このままずっと欧州まで上げ続けるとは思いにくいなぁ...


ただ、マーケットは先週からドル売りに転換しており、ユーロドルは1.5を再び目指す展開かもしれません。


ドルストレートの虹を確かめます。
チャートはドル円を除く、ドルストレートの4ペアの4時間足チャート。(縦破線は週区切り線)
20110531usd4pair4h.jpg
EURUSD、AUDUSD
GBPUSD、USDCHF という配置です。

右下のドルスイス以外は、先週半ばで流れが転換してことがわかります。
まだ4時間は上向きの虹になっていませんが、徐々に虹を描きつつあり、上昇しています。
ドルスイスだけは、それまで方向感がなかったのですが、先週から下向きの虹となり、下落。
ドルが売られていることがわかります。

一部には、QE3、という声もでているようですが、さすがにそれは無理でしょう。
もしこのQE3期待でドルが売られている要素があれば、ドル売りが一気に冷める危険性もあるので、注意したいところです。

チャートはクリックすると別ページで拡大するので、見ていただくと、直近の4時間足は5EMAから離れており、虹のセオリーからすれば、ここに少し戻す動きか、現在のレベルで足踏みする動きになる可能性が高くなっています。
もしこれだけ5EMAと離れているのに上昇の勢いが止まらなければ、相当強い勢いですが、その反動も出ると思います。

ドル売りの流れの中で、より効率的なポイントを探したいと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ