FOMCですが...

4月27日(水)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今夜はFOMC(連邦公開市場委員会)が開催され、米国の金融政策が決定されますが、QE2を予定通り6月末まで継続するでしょうし、政策金利を動かすことは考えられません。
マーケットは今回から始まるバーナンキFRB議長の会見に注目しており、これまでFOMCは声明文の発表のみでしたが、今夜は議長が記者の質問に直接答える形になるので、どのような質問がでるのか? どう答えるのかに注目が集まりますし、記者が議長の答えを意訳して報道する可能性もあり、マーケットは思わぬ動きをするかもしれません。
...もし意訳で動いても、一時的でしょうが

ドル売りの流れはハッキリしているので、今日もドルは売られる展開で、昨夜持ったEURUSDも順調です。
これはおそらくドルインデックスが73台にまで下がったことも影響していると思います。
20110427 usdindex1week
チャートはドルインデックスの週足で、罫線は4月15日のブログでも書いた74のラインで、今はここを下抜けています。
...ドルインデックスのチャートについては4月15日のブログで説明しています。


このように、ドルが弱いことは誰もが知っているので、私が注目するのは、円の動き
チャートはドル・円・ユーロ・ポンドの4通貨の6ペア(日足)です。
EURUSD、GBPUSD、EURGBP
USDJPY、GBPJPY、EURJPY、という配置。(縦破線は月区切り線)
20110427 6pair1day
上段のEURUSD、GBPUSDは上向きの虹になっており、順調に上昇。
ポンドドルはここ数日少し下げており、本日は第1四半期のGDP速報値が出ることから注意したいですが、まずは昨日の高値(ピンク罫線)1.6530付近を上抜けるかどうかに注目です。
ユーロドルは天井しらずの勢いで上昇。(ちょっと行き過ぎ?)

一方下段の円は、ポンド円、ユーロ円の直近は虹のラインが乱れ、値幅も狭く、方向感がありません。(ピンク●部分)
ドル円が下がると、本格的に下げそうでもあり、問題はこのドル円だと思っています。

ドル安の流れの中でドル円もドル売りで下げていますが、ドル円のチャートも虹は乱れて方向感がありません。(グリーン●部分)
しかし、左側の黄色●部分に注目すると、3月17日の76円25からの戻り高値のライン(ピンク罫線)が81.99付近。
現在ここは既に下抜けています。
次のライン(ピンク罫線)は80円50付近と70付近にあり、ここは3月17日に急落する前に止められたレベルであり、また急落からの反転上昇後に下げた安値付近。

この80円50付近を下抜けると、再び76円に向かうチャートになってしまうので、このレベルでは介入の可能性も考えなくてはならないと思っています。

もし介入されると、クロス円も大きく振られてしまうでしょうし、震災復興という意味では、協調介入の大義名分もあるのではないでしょうか。
私でもこう考えるということは、マーケットのプロは当然考えている可能性もあり、ドル円はこの辺で反転してしまうかもしれません。(そもそも私の考えが間違ってる場合もありますが

こうしたことから、やはり円は取引しにくく、特にクロス円は手控えたいと思っています。

今はドル安の流れなので、ドルストレートでドルを売るのが一番安心なように思います。
まずは今日のFOMCがどのように影響するのかに注目です。

なお、連休中の勉強会では、こうした流れが出来ている局面での、エントリーポイントやストップについて、具体的にご説明しようと思っています。 
...この辺が難しいと言う方が多いので
   ひとまず5月3日は2名以上となり開催決定です。



ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

ドル安と同時に…

こんにちは。
一方的にドル安の流れですね。

>ユーロドルは天井しらずの勢いで上昇。(ちょっと行き過ぎ?)と
田向さんが指摘されているのと同様に、ドルスイスも毎日のように
最高値更新を続けているので、痛い目にあっていたユーロスイス・
ポンドスイスを見てみたら、知らぬ間に4時間足に虹が出来ていました。

昨夜、ユーロスイスを1.2860で売って、寝て起きたら100pips.で利確後でした。
ドル安と同時にスイス高も進行中のようです。

FOMC後にどんな動きになるのか注目しています。




Re: ドル安と同時に…

虹色の弟子さん、こんにちはi-179

ドル安の流れが続いていますね。
今日はFOMCを控えて少し戻しも出ていますが、
ドル安の流れは変わらないと思います。

ドル安と共にスイスフランも買われています。
虹色の弟子さんのおっしゃる通り、4時間もe-491虹になっていますね。

ユーロスイスはユーロが強いので、たまに戻しもありますが、
虹色の弟子さんは、コツを掴んできていらっしゃるので、
寝て起きたら、100pipsi-197
おめでとうございます。

トレードのポイントがわかるようになると、
FXは面白いですよねi-179

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ