円の動きは

4月21日(木)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨日のマーケットは、ドル売りの流れに戻り、ユーロドルは高値を更新。
昨日のブログで書いた1.4420を越えてからユーロドルは順調に上昇しています。
...私は少しフライングで1.4380付近で買い、現在もキープしています。
   ちなみに、今朝は1.4530付近で追加し、いずれも建値ストップで損失回避確定

さて、明日はイースター前の金曜日Good Fridayで欧米市場はお休み。
本日は米国の債券市場が短縮取引となり、金利での動きなども止まってしまいそうです。

そんな中、今日は円の動きにも注目しています。
昨夜の、ディーラーズ・バトルTwitterでも書いているので、早い人はもう円買いをしているかもしれませんが、ドル円下落からクロス円も下落の可能性があると思っています。

チャートはドル円の1時間です。(縦破線は日付区切り線)
20110421usdjpy1h.gif
昨日は円安方向に戻しながらも、ドル売りの動きと共に下落し、月曜日の急落時の安値82円17付近(赤罫線)を目指しています。
ここを下抜けするかが、まずは注目点でしょう。

しかし1時間の虹は下を向いていて、流れは下落なので、おそらくこのラインは下抜けすると考えています。

このポイントを考えるため、より強い動きを示唆する4時間チャートも見てみます。
20110421usdjpy4h.gif
4時間チャートの虹は、まだ75EMAと100EMAが逆転していて完璧ではありませんが、流れは明らかに下向きなので、このまま下落すると予想しています。
...ドル円は今朝82円50付近で売りました。ストップ建値になり、損失回避です。


注目はドルストレートの影響でまだ下げていないクロス円です。
ただ豪ドル円は下げそうもないし、売りでは参入したくない通貨なので、注目はポンド円とユーロ円。

ポンド円の4時間チャートを見ます。(縦破線は週区切り線)
20110421gbpjpy4h.gif
虹は乱れ、7本の線が集束していて、上か下かへ放たれそうになっています。
ここから下方向に動き出せば、ポンドですから大きな動きが期待できそうです。
まずは1時間で下向きの虹が出るのを待ちたいと思います。

一方ユーロ円は、ポンド円とは似ていますが、少し違います。
チャートはユーロ円の4時間です。(縦破線は週区切り線)
20110421eurjpy4h.gif
ザッと見は、ポンド円と同じようなチャートですが、違う点を見つけてみて下さい。
...こうした虹の読みとりが重要です











同じように集束していますが、ユーロ円は5EMAが7本線の束の一番上にあり、しかも上向きで、ユーロ買いの動きが強いことがわかります。
こうなると、上昇の可能性が強く、この点がポンド円と大きく違います。


ドル円が大きくさげ、円買いが加速してくれば、ポンド円もユーロ円も一気に下げていくと思いますが、現状では円主導の動きではなさそうです。
ドル円はドル売りで下落。
ポンド円はポンドが弱く下落。
ユーロ円はユーロが強く上方向。
今日は6ペアのチャートを出していませんが、このように考えると、円主導の動きではないため、あまり大きく円高には傾かない可能性も見えてきて、私のドル円ショートもあまり利を追いすぎない方が良いと考えられます。


ここでさらに指標などファンダメンタルズも考慮すると、昨日発表の3月の日本の貿易収支は、963億で通常の1/4ぐらいに縮小しており、円買い要因も少なくなっています。
この点からも、大きな円高に進む可能性は低く、もし急激に大きな動きが出たら、イースター前のポジション調整の可能性が強く、虹で流れを確かめてからでないと、参入しにくいと思っています。

今日が実質週末なので、欧米のポジション調整の玉に惑わされないように気を付けたいところです。

本日は、月刊 FX攻略.com 6月号が全国書店で発売になります。
今回は資金管理についてコラムを書いていますので、ご興味のある方はお読み頂ければと思います。


※いつも多くの方から拍手を頂き、ありがとうございます。
 応援して下さる方、みんながFXで儲けられるように、いろいろな方法でお伝えしたいと思っています


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

ユーロ強し!ドル弱し!

こんにちは。毎日登場して、すみません。

今日の内容は、私へのエールだったのかな?と
また勝手に妄想したりしてます。
ユーロがやってくれましたね!お祝い申し上げます。

本日もドルINDEXは低調で、朝から74台前半の動きです。
ドルスイも高値更新中ですから、ドルストレートの方が有利でしょうか。

さて、昨夜のトレード中、初めて15分足で動きを確かめていました。
直近のポイントなど、その瞬間に発見できる事も多々あり、貴重な経験でした。

田向さんは、トレード中どうされているのですか?
また教えてください。 (最新号は当然買います!)

Re: ユーロ強し!ドル弱し!

虹色の弟子さん、こんにちは!

いえいえ、いつもコメント頂き、ありがとうございます。
いろいろコメント頂けると、私はもちろん、お読み頂いている方にも参考になるので、気になったことはバシバシ書き込んで下さいね。

15分チャートは私も必ず見ます。
4時間で方向を確認し、1時間でさらに細かく方向を確認と入るタイミングを測り、15分で最終決断、という感じですね。

これは最少のリスクにするためで、もっと大雑把で、簡単にe-491虹のトレードをするのなら、少なくとも4時間がe-491虹になっていれば、大負けはないはずです。
但し4時間が完全にe-491虹になっていることが必要で、7本線が乱れていたら、ダメですけどねi-229
この辺のチャートの見方が慣れて、コツをつかむと誰でも損をしにくくなると思います。


ではまたi-88

日足へ戻る?

返信コメントありがとうございます。
最新号を買いに出掛けていました。

留守中にユーロ円が建値で決済されていました。
次のターゲットをさがしていたら、気づいた事がありましたので、
図々しくお尋ねします。

ユーロドルは、かなり上昇して日足5EMAから離れていますが、
今日のマーケット中で戻りをみせる事はあるのでしょうか?
それとも、戻るときは大きめの調整に入るサインでしょうか?

とりあえずの目標は達成したようにも思えるので、素朴な疑問です。
よろしくお願いします。

(ちなみにドルINDEXは、いつ74を下回ってもいい状態です。)

Re: 日足へ戻る?

こんにちはi-179

> 最新号を買いに出掛けていました。

i-70FX攻略.comの6月号ですね。
お買いあげ頂き、ありがとうございます。

さて、ご質問ですが、
> ユーロドルは、かなり上昇して日足5EMAから離れていますが、

これは、間違いですi-197
現在のレートは5EMAから離れていますが、ローソク足はそれほど離れていません。
私が5EMAから離れている、と書いている場合は、ローソク足そのものが5EMAから離れて間が空いている状態です。
過去のブログに貼付したチャートでも、ローソク足と5EMAの間に空間があると思います。

ローソク足はどの時間でも基本的には5EMAをつけて上昇または下降するはずなので、ここを付けていない場合は、戻る傾向がある、ということです。

今日の場合、5EMAをつけて上昇しているので、このまま高値で終わり明日高値から始まると、明日の日足は5EMAから離れることになり、下げる可能性が高くなると思います。


> それとも、戻るときは大きめの調整に入るサインでしょうか?
大きな調整の場合は、ユーロドルなら日足の安値を下回り、下げていき、e-491虹も乱れてくると大きな調整になるかもしれませんが、それはすぐにはわかりません。
ですから、上昇トレンドなら、下がりきって再び上がるのを待ってから買い参入すべきで、そうでないと底なしの下落に引っ張られてしまうかもしれません。

相場は未来を予測することで、そんなこたぁ、誰にもできませんi-229
ですから、現状から起こりうる可能性を考え、より確率の高い方法を探すことが、より安全なトレードになると思います。

なかなか難しいですが、いろいろ試したり、検証してみて下さい。
わからないことは、またコメントして下さいね。


ではまたi-88

Re: Re: 日足へ戻る?

追伸です

チャートをよく見ると、サイズによっては、日足は5EMAに接触してませんねi-229
ただ、ほとんど接触しているに近いので、この程度は離れているとは思いません。

4時間チャートで20日の12時(mt4時間)の部分は明らかに離れているので、
こういう場面が5EMAから離れた場面とご理解頂けると良いと思います。

また今日の場合、ユーロドルはかなり上昇していますが、1時間足は5EMAに沿って着実に上昇しており、一時的な動きではないので、こうした流れは続くかも知れません。
ただ、先のことはわからないので、逆指値を切り上げつつ、利益をふやしつつ、急落に備えています。

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ