S&Pの影響

4月19日(火)

FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


昨夜は、格付け会社S&Pによる米国格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ変更するとの発表が全てのマーケットを動かし、荒れたマーケットでした

私は23時過ぎに帰宅し、急落するクロス円に売り参戦し、30pipsぐらい利益が乗ったところでストップを建値にしましたが、結局戻されて、ほぼ建値でした。 荒れた相場で損をしなかったのは良かったのですが、やはり飛び乗りは無理がありました
急な流れに無理せず、虹に従ってトレードするのが、アマチュアの私には一番効率よく安定して利益を出せるようです

さて、昨夜のS&Pの発表でマーケットの流れがどうなっているのか、ドルを中心に見てみます。
...ちなみにムーディーズは米国格付け、格付け見通し、共に変更なし、と発表しています。


まずはユーロドルの4時間チャートです。(縦破線は週区切り線)
20110419eurusd4h.gif
昨日は週明けと共に下落したことがよくわかります。
あまりに急激に虹が乱れ始めたので、昨日のブログでは「休むも相場」と書きました。
今回はその後S&Pの発表で急落しましたが、このような急激な動きは一時的であることが多く、昨夜のフォレックス・ラジオ 為替で大儲けにゲスト出演されていた、元BOAのトレジャラー大倉孝さんも、リスナーからのメールに答えて、急には変わらない、と仰っていました。
...私もそう思います。

この4時間チャートを見ると、下への長いヒゲになっていて、その後は少し戻されています。
やはり急な動きは戻されるので、飛び乗りは危険で、昨夜の私のように上手く建値で逃げられればヨシですが、もっと下で売っていたら損切りさせられたかもしれません。
こうした意味でも、大きな流れを見つけて、ゆったり乗る虹のトレードが安心です


この後の動きですが、まずユーロドルの日足(縦破線は月区切り線)を見ます。
20110419eurusd1day.gif
昨日の大きな陰線が目立ちますが、日足の5EMAは1.43前半からミドル付近(青罫線)で、現在のレートはここから明らかに離れていて、このレベルまでの戻りは考えておきたいところです。

これを1時間チャートで見ると...(縦破線は日付区切り線)
20110419eurusd1h.gif
昨日の動きは、1時間チャートは下向きの虹が出てきました。
日足で青罫線を引いた1.43ミドル付近は昨夜一度戻された付近なので、この辺がチャート・ポイントになりますし、ここを戻りのメドとしつつ、基本的には下方向の動きだと思います。

但し下値も昨日の安値で止められる可能性もあり、本日は、上は1.43ミドル、下は1.41ミドルで動きが抑えられてしまうかもしれません。
欧州時間に再び下方向への動きが出れば、乗りたいところです。



昨夜の米国格付けに対する不安は、マーケットをリスク回避の動きにして、円も買われました。
このため、ユーロ円は3円以上動きましたし、ドル円・クロス円も大きく動きました。
...ちなみにディーラーズ・バトルでたまに書きますが、ドル円クロス円は、円が買われると急激に下落し、
   ドルやユーロ、ポンドなどが売られているときは、緩やかに下落する傾向があります

チャートはドル円の4時間足(縦破線は週区切り線)です。
20110419usdjpy4h.gif
先々週までの円売り(上昇)の動きは、先週転換して下方向となり、昨日の下落で今週は下方向への円買いの動きになる気配です。
但し、4時間チャートではまだ虹になっておらず、その点は注意したいところです。


さらに1時間チャートで詳しく見てみます(縦破線は日付区切り線)
20110419usdjpy1h.gif
1時間チャートでは、先週の木曜ぐらいから下向きの虹が出ています。
多少は乱れる場面もありますが、基本的には下方向で円買いの動きです。
戻されるとしたら、青罫線を引いた82円95ぐらいがチャート・ポイントで、ここは黄色円)部分で示すように、過去にも何度か止められているポイントなので、重要だと思っています。
もしここを上抜けするようなら、円買いは一旦終了ですが、虹が下向きなので、たぶんそうはならないと考えています。

昨夜の荒れた相場の後なので、今日のマーケットが冷静になり、どのように動くかに注目です。

慌てることなく、虹を見つつ、ここに書いたようにいくつかのシナリオを用意しておきたいと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

ポジション継続中です。

こんにちは。
さっきまで、昨日の大倉さんのトレード観のお話を聞き直していました。
実に意味深く、わかりやすく話して下さるので、大好きです。

さて、昨日からのポジションですが、ユーロ円 119.40・ユーロスイス 1.2830で
ショートを継続中です。
今日も調子に乗って、豪ドル円を86.45でショートしました。

田向さんが、ブログ・コメント・ディーラーズバトルでも忠告して下さるように
損はしたくないのですが、利も伸ばしたいというところです。

田向さんのように、大きく利を伸ばしたいといつも思っていながら、
あまり出来ずにいる私ですが、利確までのコツなどを教えて頂けたら
うれしいです。よろしくお願い致します。

Re: ポジション継続中です。

虹色の弟子さん、こんにちはi-179

大倉さんは、豪快そうですが、気遣いなども繊細で、とても素敵な人です。
昨日のラジオでのお話もそうでしたが、いつも「なるほど!」と思わせてくれる方で、相場だけでなく人生の先輩としても勉強になりますi-179

ユーロ円はいいところで売っていますね。
昨日の動き出して、円買いドル買いになりそうですが、昨夜のような急激な動きは戻りの動きも早くなりがちなので、気を付けたいところです。
でも119円台なら全然安心ですねi-179

> 損はしたくないのですが、利も伸ばしたいというところです。

これは、誰もが望むところでしょうi-229
私が思う、利を伸ばすコツは、エントリーのタイミングだと思います。
相場は行き過ぎては戻り、戻りすぎては進むので、戻りをいかに捕まえるかで、利幅が伸ばせると思います。

相場の波間を上手くみつけられると、良いのではないでしょうか。
e-491虹は、どこで乗っても利を出せますが、虹の中のさらに小さな波を見つけ、よりリスク少なく、より利幅大きくを狙いたいところです。

ここからはまず、昨日の動きの戻りに気を付けたいと思っています。

ではまたi-88

チャートポントへ戻る

返信コメントありがとうございます。

田向さんが、ブログの中で指摘されていた戻りがありました。
豪ドル円は建値で、ユーロスイスは1.2810で利確して、
私の中でポイントとしていた1.2840で売り直しました。

実戦トレード中でしたので、よく理解できました。
本当に勉強になりました。

大倉さんのお言葉『予想と恐怖感の心理』をそのまま体感した気分です。

Re: チャートポントへ戻る

ユーロスイスの売り直しは、少し早かったかもしれませんね。

流れはユーロ売りになりつつありますが、昨日の高値1.2884付近を上抜けると、危なくなります。
ユーロドル、ユーロポンドが戻っていて、ユーロ買いが進んでいるので、このユーロの動きの見極めが大事になりそうです。

ではまたi-88

放心状態です。

こんにちは。
今日もポイントを含めて、わかりやすい解説を
ありがとうございます。

昨夜のマーケットの動きに翻弄され、とても疲れました。
ご指摘の通りの戻りで、ユーロ円は40pips.だけ確保し、
現在はノーポジです。もったないことをしました。

今日はシナリオを持たず、ゆっくりした方がいいのかも…。
な~んちゃって、ポジってしまいそうで怖いです。


Re: 放心状態です。

虹色の弟子さん、こんにちはi-179

なかなか荒れた相場でしたi-229
プロの方とお話すると、こうした荒れた相場こそ売ったり買ったりで本領発揮なのだそうですが...
アマチュアの私にはあまり得意な場面ではありませんi-227

ユーロ円は残念でしたが、それでも40pips取れ、利益がでているなら上出来ですよ。
ポジションを持って、損をしないで済んだのなら、アマチュアなら上等だと思います。

チャンスはいくらでもあるので、資金を次にまわしましょう。

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ