それでもドル売り?

4月15日(金)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨日はわかりにくい相場で、ドルも円も下げたり上げたり方向感がありませんでした。
虹が乱れているので、当然なのですが、こうした方向感のない局面では手を出さないのが損を小さくするためには大事なことだと思います。

さてこれまでずっと書いているようにマーケットの大きな流れはドル売りトレンド。
このドル売りのメイン・トレンドに加えて、ECBの利上げや日本の震災、欧州の金融不安、商品価格の上昇からくる物価上昇などがマーケットを彩っているようです。

今日は週末の金曜日ですが、昨日から少しドル売りの動きに戻る気配がチャートに見えています。
今日はいつもの6ペアに加え、オージードル、オージー円を加えた8ペアを見てみます。

まずは4時間チャート
EURUSD、GBPUSD、EURGBP、AUDUSD
USDJPY、GBPJPY、EURJPY、AUDJPY という配置です。
20110415 8pair4h
チャートのグリーン円()の部分は虹が乱れていて、私が方向感がないと書いていたた部分です。

ただ昨夜から再びドル売りが明確化してきたのと、円も円売り方向に動いています。
円はまだ上向きの虹にならないので、要注意ですが、ドルは上向きの虹になってきて、高値にトライする気配です。
この高値圏を越えてくると、大きく上に伸びそうです。

では、日足も見てみます。(縦破線は月区切り線です)
20110415 8pair1day
日足で見ると、上段の4つのドルストレートは、虹が上向きでドル売り方向であることがわかります。
ドル円とクロス円は、元々虹が出ていないので、少し迷ったりしていますが、直近は円安方向への動きです。

こうなると、ドル売り・円売りの動きになりそうで、大きな動きとしては、クロス円の買いが良さそうに思えます。

問題はこのドル売りがどこまで行くのか、というところ。
マーケットに流れがあっても、無制限に続くことはありませんから、その流れの終わりがどの辺かを意識することが重要で、特に現在のドルのレベルはかなりドル売りが進んでいるように思え、少し慎重になりたいところだと思います。

そこでドルの動きを見るために、久しぶりにドルインデックスを見てみました。
チャートはドルインデックスの週足で、かなり長期間を表示しています。
20110415 usdindex1wL
チャートに引いた赤い罫線74ぐらいのレベルで、ここはリーマンショック後になかなか上抜け出来なかった場面(チャート左端)であり、2009年後半のユーロドルが1.5145付近まで上昇したドル売り局面(チャート中央部)に並ぶレベルで、ここを下抜けするようだと、ドル安は危機的なレベルかもしれません。


鳥瞰的には、ドルが重要ポイントにあることを意識しつつ、各チャート時間に合った虹に従った利幅で堅実に取引するのが良さそうです。

今日は週末の金曜日ですし、来週にはイースター休暇があることから、深追いしないようにしたいと思っています。

...なお、私はランキングなどには参加していませんが、このブログが参考になった方は、
   拍手 して頂けると、励みになります

では、よい週末をお過ごし下さい

コメントの投稿

非公開コメント

チャートポイントが?

こんにちは。
毎度お騒がせしていますが、もちろん拍手は忘れてないですよ。

昨日は、LDタイムで儲けて、NYタイムで減らすという結果となってしまい、
なんとも後味の悪い気分になってしまいました。

さて、昨夜のディーラーズバトルで、田向さんの『ユーロドル・今週の安値1.4370付近を
割り込むかに注目』とのコメントで、自分が見るべきポイントを間違えている事に気がつきました。

方向感も見えず、トレードもしていなかったのですが、
注目すべき順位も含め、トレード中に見るべき上値・下値のポイントの求め方を
教えて下さい。 いつも申し訳ありません…。




Re: チャートポイントが?

虹色の弟子さん、こんにちはi-179

いつもコメントや拍手を頂き、ありがとうございます。
ブログを書いていても、目の前に誰かいるわけではないので、コメントや拍手を頂くと、確実に読んで頂いている方が実感できて、励みになりますe-271

さて、チャート・ポイントですが、難しいですよねi-229

> さて、昨夜のディーラーズバトルで、田向さんの『ユーロドル・今週の安値1.4370付近を
> 割り込むかに注目』とのコメントで、自分が見るべきポイントを間違えている事に気がつきました。

チャート・ポイントは、ここが絶対というのはないと思います。
昨日のユーロドル1.4370は、その手前の1.4410付近を下抜けしていたので、次はここだろう、というところですi-229
また手前にあった1.4410はちょっと近すぎたのと、1.4370を抜けると、次は1.42付近なので、大きく下げてしまい、ドル売りユーロ買いの流れの調整としては大きすぎると思ったからです。


e-491虹で大きな流れを意識しつつ、調整されるなら、目安になるのが、どこと、どこと、どこ、というように見るといいかもしれません。


また、この場を借りてですが、今日はブログに、拍手のおねだりをしたのでi-230
多くの方から拍手して頂いていて、感謝ですi-199
毎日更新でダレそうな時も、こうした反応が大きければ大きいほど、もっとわかりやすくとか、もっと読んでる方が儲かるようにとか、考えるもので、本当にありがとうございますi-184

e-491虹色の読者の9割以上が儲かるトレーダーになるように伝えて行きたいと思います。
...相場に100%はないので、9割以上ということで...i-229

ではまたi-88

チャートポイント

田向さん、こんにちは。   チャートポイント、調べてみました。 1.前市場の高値安値  2.前日、前週の高値安値  3.きりのいいプライスレート(100とか1.500とか)  4.歴史的な高値安値  5.トレンドラインやMAライン  6.実需関連のオーダーポイント  7.オプション取引で設定されたレート   だいたいこの位かなー。  あ! 私も毎回拍手してます。 9割の中に入れるように、がんばろっと。            

Re: チャートポイント

Jose Rainbowさん、こんにちはi-179

いつも拍手&コメント、ありがとうございますi-179

チャート・ポイントは、なかなか大きな課題ですよね。
私も、各通貨ペアについて、前日の高値安値と前週の高値安値は意識していて、毎日チャートに罫線を引いています。 目印になりますからi-229

あとはチャートを見て、突出している部分を意識するようにしています。

これらの罫線と、e-491虹の方向を組み合わせると、かなり動きが予想しやすくなると思います。

これはマニュアル的に箇条書きで書いて覚えられるものではなく、自分でチャート何回も見て、いろいろなパターンを経験するなかでコツがつかめると思います。

この辺は、ブログでは伝えにくいのですが、何か考えてみますね。

ではまたi-88

今夜もスイスを注視中。

返信コメントありがとうございます。

対ドル・ポンドは、揉み合いが続いていますが、
対ユーロで少し動き始めたように思います。

下値余地もあるので、短期ディールで勝負したいと
思ってます。(ソブリン・リスクいよいよ再燃か?)

チャートポイントは、週末の宿題にします。
(Jose Rainbowさんも、情報をありがとうございます!)

Re: 今夜もスイスを注視中。

虹色の弟子さん、こんばんは!

スイスフランは買われてますね。
...スイスフランについては、昨日か一昨日のディーラーズ・バトルでも書いてます。

ドルスイも下げてますが、ポンドスイス、ユーロスイスも下げてきています。
4時間はe-491虹になっていて、下方向への動きが期待できます。
特にポンドスイスは、ずっと狭い範囲で動いていないので動くと大きいかもしれません。

ただ、今日は金曜日で今週はずっと下げているので、利確の買いも入りやすいところ。
ここから売るなら、まずは昨日の安値を下抜けしてからの方が安心かもしれません。

今日はほとんどのチャートも乱れていて、私はやる気ナシですi-229
ドルスイスのショートもストップを引き下げつつ放置。
今は上に戻しているので、チト気になるところですが、損はないのでケセラセラですi-235

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ