ドル売りに戻るか?

3月29日(火)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、毎日のブログを参考にして下さいね
直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。
貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。

昨日のマーケットは方向感なく、マーケットの注目が絞られていないような動きでした。
ユーロドルやポンドドルは下げきらず、ドル円も上抜けできず...金曜はドル買いになりましたが、大きなドル売りの流れはまだあり、一気にドル買いには転換しにくいようです。

チャートはいつも4通貨6ペアの日足です。
20110329 6pair1day
EURUSD、GBPUSD、EURGBP
USDJPY、GBPJPY、EURJPY という配置です。

ユーロドル、ユーロポンドは日足で上昇の虹になっており、強いトレンドになっています。
このため多少ユーロが売られる場面があってもなかなか下げず上方向への動きが根強いようです。

ポンドは日足に虹はなく、1時間と4時間のチャートは下向きの虹になっているので、明らかに下方向と考えます。
昨日は1.60ミドルぐらいまでは戻す可能性があるとディーラーズ・バトルに書きましたが、1.63付近までしか戻らず、下方向への力が強いようです。

円はドル円が82円を上抜けできず、虹も乱れているので、方向感がありません。
これらから引き続きドル中心の相場で、円は手を出しにくいと思っています。

もう少し詳細に見てみます。
20110329eurusd1h.gif
チャートは、ユーロドルの1時間ですが、昨日は下向きの虹が出ていましたが、直ぐに上昇して現在は乱れています。
直近も(部分)ラインが重なり方向感がありません。
ユーロドルは金曜日に米フィラデルフィア連銀総裁の強気発言でドル買いとなり下落しましたが、昨日はECBトリシェ総裁の発言でユーロ買い...マーケットは少し先行きを絞り切れていないようです。
...こういうときは無理せずお休み
   リスク少なく儲かる場面だけトレードするのが虹色FXの流儀です。

続いてはポンドドルの1時間。
20110329gbpusd1h.gif
こちらは誰が見ても下向きの虹が出ています。
特に金曜日には7本全てのラインが順番に並び下向きになって虹が出ているので、金曜か昨日あたりからポンド売りは明確だと思います。
ただ注意すべきは、ユーロドル同様に直近部分(部分)はラインが乱れていて方向感がありません。
ポンドドルはほぐれて下向きに虹がきれいに出てきたら、売り継続と考えています。

ドル円・クロス円はドルストレートに振られるマーケットなので、手を出しにくく、当面はドル中心の相場が続くので、こちらでトレードする方がいいと思っています。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ