スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーマン破綻から1年


FX
へようこそ


1年前の2008年9月15日は月曜日でした。
リーマンブラザースには危ないウワサが出ていましたが、3月にベア・スターンズが救済されていたので米国政府が助けるだろう...という雰囲気で、金曜日はドル円、ユーロドルも上げ、他通貨ペアも軒並み上昇していました。 

しかし、米国時間の日曜日にリーマン救済案はまとまらず、バンカメがメリルを吸収、AIGはFRBに緊急融資を要請するという、急転となりました。 (リーマン社員が荷物を持って出てくる映像が良く流れましたね)


これにより15日月曜のドル円は金曜日の107円90付近から急落し、104円台へ。ポンド円は193円60付近から187円台に5円以上下落しました。
当時のチャートを、虹色で見ると、とても買ってはいけない場面でしたが、当時は虹色チャートを思いついておらず、ヤラレました
...こうした失敗の積み重ねから、ヤラレにくい虹色FXにたどり着きます



さて、1年前の話はこれくらいで、今日のマーケットです。
チャートは、ドル円の4時間足です。
USDJPY4h
昨日の予想通り、ドル円は反転し上昇しました。 私は91円手前で止まるとか予想してましたが、現在は91円を超えて上昇しています。 (この辺の情報は、地獄耳といわれるYEN蔵さんの有料メルマガで掲載されているのですが、ここで私が書くわけにはいきませんよね)


チャートはユーロドルの日足です。
EURUSD1d
ドル円の上昇で、ドル円、クロス円の虹が乱れる中、ユーロドルは堅調です。昨日の高値はまだ抜けていませんが、日足はになっています。しかし1.4650付近で抑えられていて、ここを抜けるかどうかに注目です。


チャートはユーロドルの15分足です。
EURUSD15m
虹は乱れて、下落しています。
この下落が止まり、上昇し始めて15分足で虹が出るようだと、1時間も上昇していくでしょう。 まずはこの15分足に虹が架かるかに注目したいと思います。
逆にこのまま下落すると、日足も陰線になってしまうかもしれません。


本日は、1時間チャートで比較すると、どの通貨ペアも虹が乱れてトレードできません。
唯一虹が架かりそうなのがユーロドルなので、今日はユーロドルに注目して行きたいと思います。 それでも、上値が抑えられつつあるので、その辺も考慮して慎重に行きたいと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。