ドル売りの流れ

3月3日(木)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、毎日のブログを参考にして下さいね
Twitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況分析などを、随時つぶやいています。
なお、貼付されているチャートはクリックすると、別ページで拡大できます。


昨日は様子見と思ってましたが、欧州の生産者物価指数が発表されてからユーロ買いドル売りとなり、その後市場はドル売りになりました。
...私はツイッターも書かず、ユーロドルとドルスイスに飛び乗り、50pipsぐらいで降りました。
   今夜のECBが気になるので、深追いできません。


チャートは昨日と同じドル・円・ユーロ・ポンドの組合せ6ペアの4時間です。
縦破線は週区切り線なので、先週中盤からの動きを示しています。
20110303 6pair4H
これを見ると、昨日のマークした部分()で少し戻りましたが、結局は元のドル安トレンドに戻っています。

4時間チャートに虹が現れると、そこそこ強いトレンドになり、今回のように多少戻す場面があってもトレンドは変わらない場合が多く、昨日のようなポイントは良い押し目買いポイントとなります。
...この辺の事は3月21日発売の月刊 FX攻略.com5月号で詳述していますので、
   ご興味のある方は、3月21日の発売後にご覧頂ければと思います。

宣伝はさておき、マーケットに戻りますが、ユーロドル、ポンドドルは高値を更新、またドルスイスも安値を更新し、ドル安です。

原油価格の上昇も影響していると思いますが、昨夜のFRBバーナンキ議長の議会証言でも緩和策を続ける発言をしていますし、インフレは原油などの商品だけでなく全般を総合的に判断すると言っており、まぁ、利上げはほとんどなさそうです。
こうなると、利上げ期待のある、ユーロ、ポンド、豪ドルなどが買われ、ドルが売られる図式になりますし、チャートの虹もそのように示しています。

当面ドル売りは続き、ユーロドルも上昇と思いますが、今夜はECB理事会で金融政策を決定するので、内容によっては大きく上昇するか、または少し下げる可能性もあり、ストップ幅など注意しておく必要はあると思います。

チャートはドルインデックス(日足)です。
20110303 dollar index

2011年に入ってドルは下げていますが、2月の頭に底を打ってしばらく戻しましたが、今回再び安値を更新しています。
...ドルインデックスについては、前回は2月10日のブログで書いています。

ドルは全面的に売られる展開になりやすく、ドル円も下方向の圧力がかかっていますが、なぜか下がりきりません
昨夜も下げた分をすぐに戻してしまい、81円後半から82円前半で膠着しています。
ドル円がこのような動きなので、クロス円はさらに手を出しにくく、方向感がありません。


当面はドル売りトレンドと考え、ドルを主体に、ドルストレートでのドル売りが一番良いように思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

そのタイミングが難しいのです。

こんにちは。
ドル安の実証解説をありがとうございました。

ただのスイス買いではなかったのですね。
毎日いろいろ教えて頂いていたのに…思い込みって恐ろしい!!!
やっとリセットできました。

4時間で虹が完成してしまうと、戻りを狙うことが難しくて、
いつもあきらめてしまうのですが、タイミングを狙う場合など、
どの時間軸でチャートを追っていれば、有効ですか?

田向さんの手法に従ってみるしかないと思いましたので、
マル秘の極意を教えて頂きたいと思います。
毎度で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。



Re: そのタイミングが難しいのです。

虹色の弟子さん、こんにちはi-179

Forex Radio たらればFXのU-streamライブを見てて(ツイッター書いたりしましたが)、コメントへの返信が遅くなってしまいました。

タイミング...難しいですよねi-229

> 4時間で虹が完成してしまうと、戻りを狙うことが難しくて、
これもよくわかります。

アドバイスとしては、4時間チャートをよく見ていただくと、順調にe-491虹が出ている場面でも、週に1回ぐらいは戻す場面があるのがわかります。

これは4時間の5EMA10EMAに接近する場面です。
もっと大きな戻りの場合は、5EMA20EMAに接近する場面です。

このようなところが押し目買いや戻り売りのチャンスだと思います。
このような場面で、再びe-491虹のトレンド方向に動きだしたのを確認して入ると良いと思います。


相場は上昇トレンドでも一方的には上がらず、こうした戻りの場面を繰り返します。
駅のエスカレーターのように一気に上がるのではなく、階段のように途中に何度か踊り場があるのが相場です。

5EMAに沿った動きはエスカレーターで、戻り(押し目買い・戻り売り)は階段の踊り場と思って考えてみて下さい。


何かわかりやすくお伝えする方法を考えてみます。

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ