スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し様子見

3月2日(水)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、毎日のブログを参考にして下さいね
Twitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況分析などを、随時つぶやいています。
なお、貼付されているチャートはクリックすると、別ページで拡大できます。


今週から3月になりましたが、マーケットの動きは少し変わってきているように思います。
中東の混乱による原油価格の動向も気になるところですが、何よりチャートの虹が、様子見を支持しています。

チャートはドル・円・ユーロ・ポンドの主要4通貨のペア6種の4時間チャートです。
20110302 6pair4h
上段が、ユーロドル(EURUSD)、ポンドドル(GBPUSD)、ユーロポンド(EUGBP)
下段が、ドル円(USDJPY)、ポンド円(GBPJPY)、ユーロ円(EURJPY)の6種で、縦破線は週区切り線です。

先週から今週にかけての動きが示されていますが、虹色チャートをご存じの方はすぐに「少し様子見」の理由がわかると思います。
どのチャートも現在はラインが重なり(部分)方向感が乱れています。
ポンドドルだけはラインが重なっていませんが(部分)直近の動きを示す5EMAは下を向きつつあり、ここから下げる可能性を示していて、このままだと5EMAは10EMAのラインと重なります。


マーケットは、明日にECB(欧州中央銀行)の金融政策決定、明後日に米国雇用統計を控えていますし、昨夜はイランの首都テヘランで反体制デモが治安部隊と衝突したとのニュースから原油価格は上昇、NYダウも大幅に下げ、リスク回避の動きになりました。

どうも中東の混乱はまだ少し続きそうで、スッキリせず、リスク回避の動きと金利引き上げの思惑の綱引きのようで、方向感がありません。

この方向感のなさはスイスフランの動きにも出ています。
チャートはドルスイスフラン(USDCHF)の1時間です。(縦破線は日付区切り線)
20110302usdchf1h.gif
昨夜テヘランで反体制デモ隊と治安部隊が衝突して、原油価格は上昇し、リスク回避でNY株は全面安だったようですが、為替市場ではそれほどでもありません

ドルスイスはこれまでもリスク回避となると買われていましたが、昨夜はそれほど動いていません。
むしろ一昨日より高値を切り上げ、安値も切り上げていて、上昇方向になっています。
昨日のブログに書いたように中東ネタはよほど大きな混乱が起きないと賞味期限切れになっているのではないでしょうか。

まずはこのドルスイスが昨日の安値(赤罫線)を割り込んで下げていき、下向きの虹が出るのかに注目しています。

このスイスの動きからも、マーケットは方向感なく、今週のイベント終了までは様子見になるかもしれません。
マーケットが動き出せば200pipsでも300pipsでも取れるのが虹ですから、イベントに山を張るギャンブル的なトレードはしないので、ゆったりマーケットの動きを見守りたいと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

金利か?中東か?

こんにちは。
いつもご丁寧なコメント返信をありがとうございます。
今日の体調は、いかがでしょうか?

昨日は取引を手控えて、虹を探す事とその裏側は何かを探って、
いろいろなサイトを覗いていました。

最近のユーロとポンドが、対ドル・対スイスの間で翻弄された動きを
見せている事が、どうにも理解できなかったのです。

発見できたのは、ドル・インデックスと2年債利回り格差での対ドル。
中東の混乱からの対スイスの動き。

直近の動きでは、思っていたより中東問題は長引きそうな予感です。
特にユーロスイス(ポンドスイスも)でスイス買いが目立ってきました。

これから灯油を買いだめに行こうと思っています。

Re: 金利か?中東か?

虹色の弟子さん、こんにちはi-179

ご心配頂きありがとうございます。
今日は体調も戻り、通常モードです。
...飲み過ぎはいけませんねi-229

いろいろ調べ学ぶとマーケットというか、経済そのものが面白いですi-185

そしてそこには様々な要素要因で動く可能性があり、それら森羅万象の結果を表しているのがチャートです。
なので、私はe-491虹のチャートに注目しています。
...フォレックスラジオやプロのブログでファンダメンタルズの勉強もしますがi-229

そうした意味ではドルはQE2で大量に供給されているので、ドル安の力が掛かりやすくなっており、米国債金利の上昇でドル買いになった場面もありますが、基本はドル安と考えています。
これはドルインデックスでもわかります。

このドルの動きを中核に、中東情勢やユーロまたはポンド、さらには豪ドルの利上げ期待などが要因になっているように思います。
...残念ながら円は注目されてませんi-230

ドルを中心の相場が続きそうですし、e-491虹が明確になればトレードしたいと思っています。

今日はドルスイスが下がりそうで下がりません。
ドルスイスの動きを見ていると、スイス買いというより、ポンドやユーロが対スイスで売られているようです。
明日のECB理事会で、おそらく利上げはないでしょうから、ここまでのユーロ買いが少しポジションを縮小しているかもしれませんね。

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。