金利相場は動きが緩い?

2月18日(金)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、毎日のブログを参考にして下さいね
Twitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況分析などを、随時つぶやいています。
なお、貼付されているチャートはクリックすると、別ページで拡大できます。


週末の金曜日になりましたが、月曜日のFOREX RADIO(MondayFX)でのYEN蔵さんや、だいまんさんの話しや、私の火曜日のブログに書いたように、方向感の出にくい週になりました。
...まだ今日の動きがありますけどね

火曜は英国のインフレ率上昇による利上げ期待でポンドが急上昇し、翌日BOEインフレ報告で否定され急落
昨夜は突如イラン艦艇がムバラク大統領の退陣で政治が混乱しているエジプトのスエズ運河を通行するような報道でリスク回避的な動きが出たかと思うと、スエズ運河の管理者が否定する動き。

マーケットに方向感がないと、ポジションの偏りも少ないためか、ちょっとしたネタや噂で大きく動いたりしますが、今週はそんな動きだった印象を持っています。

ここで今週の動きを主要通貨の動きで見なおしてみます。
20110218 6pair4H
チャートは4時間足なので、縦破線が週区切り線で、先週後半から今週の動きが概観できます。

これで見ると、ユーロドルとポンドドルは、上下に振られながらも緩やかに上昇。
ドル売りの流れ。

ドル円、ポンド円、ユーロ円は緩やかに上昇し、昨日下げたドル円が83円を維持していることで、クロス円も円売りが継続しているようです。

虹の動きを見ると、ポンドドルは上昇の虹、ユーロドルは方向感がなく少し上向きへの動き、ユーロポンドは下向きの虹でしたが、今はみだれて再び下へ向かうかどうか、という動き。

一方の円は、ドル円が上昇の虹から乱れてきていて現在のレベルから再び円安に向かうかどうかが注目
ポンド円、ユーロ円は虹の5EMAと10EMAが接近しましたが、基本的には上昇の虹を描いていて、この2本のEMAが上に向かうか、クロスして下に向かうかに注目


さらにチャートを拡大して、日足で比較してみると...
20110218 6pair1day
当然ながら上の4時間チャートの動きが顕著になります。
ユーロドル、ポンドドルは上昇方向で、ユーロポンドはわかりにくい
ドル円は出遅れているものの、クロス円は上昇方向。

ここから見えるのは、ドル売り・円売り
インフレ懸念から金利引き上げ期待のあるユーロやポンドが買われる動きのようです。

ただ金利が中心のマーケットになると、こうした金利による動きは、急激に動かないので緩やかな動きになりがちで、デイトレードしにくいかもしれません。
こうしたときは15分の虹でトレードを考えるのも良いと思います。

チャートは6ペアの15分チャートの縮小版で昨日からの動きを表示しています。
20110218 6pair15m
チャートを拡大しなくても一目瞭然なのが、ユーロドル、ポンドドルの上昇と、ドル円の下落。
そして他の、ユーロポンド、ポンド円、ユーロ円は方向感がありません。

こうした15分でトレードしても20pips~50pipsぐらいは取れることもあり、この15分の虹が、さらに1時間の虹、4時間の虹と繋がると大きな動きになります。

方向感がないマーケットではこうしたチャートの使い方もあると思っています。

月曜日は米国市場が休場でロングウィークエンドです。
今週は動きが傾いていないのでポジション調整の反対売買も少ないとは思いますが、週末の動きには注意したいところです。

では、よい週末を

コメントの投稿

非公開コメント

もみもみ

それがわかれば苦労しない系の質問で恐縮ですがw
もみもみ相場の時の虹の見方の心得みたいなものはあるんでしょうか?
モミモミチェックフィルターとか騙しフィルターとかヤラナイフィルターとかとか。

Re: もみもみ

はたふり川さん、こんにちはi-179
ご無沙汰しています。

もみもみチェッカー、欲しいですねぇi-229
私もe-491虹以外にもいろいろ考えて試してみるのですが、これに勝るモノなしです。

で、基本戦略通り、もみもみはお休みi-229
動きがハッキリしてる時だけトレードする、ってことですかね。

基本的に5EMAはトレンド方向の先頭になければいけないので、5EMAが下向きや10EMAと接近、さらにはクロスしてしまっている場合はトレードしません。
まして各ラインが乱れたら、手を出してはならない、というところです。

ただ動きは小さなチャートから来るので、4時間に方向感がなければ1時間を、1時間に方向感がなければ15分を見るようにしています。

君子危うきに近づかず、がいいと思いますi-235

金利相場で動きは悪いし、噂や情報で振られるし、チトやりにくい相場です。
ではまたi-88

相場のテーマ探し

こんにちは。
昨日は貴重なウラ情報?をありがとうございました。
虹にも加えて、とても勉強になります。

毎日の為替ニュースの中から『相場のテーマさがし』って
一般人にはとても難しいんですよね~。
なので、物価上昇からのポンド買いを的中させた田向さんに
お聞きしたかったのです。

自分はドル・スイスのショートに豪ドル・ドルのロングを
加えました。どちらもドル売りを参考に。って感じです。





Re: 相場のテーマ探し

虹色の弟子さん、こんにちはi-88

昨夜はドル売りより、虹色の弟子さんのスイス買いの方が良かったですね。
1時間ではe-491虹もきれいに出ていますし、
チャートをよく見ていらっしゃいますねi-179

物価やインフレの話については、私はアマチュアで金融のプロではなく、得意ではないので、
YEN蔵さんや、だいまんさんや西原宏一さんのブログなどで、プロの視点に気を付けています。
おそらく他のマーケットのプロの方たちも同じように見ていると思うので...

マーケットでは物価上昇によるインフレ・リスクから金利引き上げの思惑が働きますが、
米国や日本はまず引き上げはできませんから、欧州や英国、さらには豪州などが注目されるのでしょう。

今回の物価上昇は国内の賃金上昇や好景気によるものというよりは、
資源価格や穀物価格など過剰流動性による国際市場の高騰によるものなので、
通貨上昇はこうした輸入物価上昇を抑えることにも働き、自国通貨高は歓迎かもしれません。

もちろん一方では自国通貨高は輸出に不利なので、おおっぴらに歓迎とも言えず、
各国中央銀行などの金融政策当局は舵取りが難しそうです。

これが為替市場の値動きにも現れていて、方向感がないのかもしれませんね。

いろいろ考えると為替市場やマクロ経済は面白いi-197
面白く、楽しく、経済を勉強しつつ、時には儲けも出てしまうFXはもっと面白いi-185

日本はしばらく低金利が続きますから、多くの方にFXを通じてマクロ経済に興味を持ってもらえればと思っています。
...一般の人の導入部として虹はわかりやすいですしねi-236


ではまたi-179

No title

返信コメントありがとうございます。
全く同感です。

私も相場物には興味津々だったのですが、
こんな不可思議な世界を感じたのは初めてでした。

テレビで円安を叫ぶ先生方にも、是非おすすめしたい
ですよね!!



カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ