経済指標が多いが...

2月15日(火)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、毎日のブログを参考にして下さいね
Twitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況分析などを、随時つぶやいています。
なお、貼付されているチャートはクリックすると、別ページで拡大できます。


昨日、ユーロドルは1.35を割れて下げましたが、1.3427ぐらいで止まり、今は戻しています。
なかなか一方向に動きにくいのかもしれません


チャートはユーロドルの日足(拡大版)です。
20110215eurusd1day.gif
この1.35付近が大きなポイントであることは変わりませんが、大きな節目であればあるほど、簡単には下抜けせず、しばらく攻防が続くかも知れません。
昨夜のフォレックス・ラジオ MondayFXで、YEN蔵さんが話していたように、1.35~1.34は揉み合いやすい重要レベルのようです。
...YEN蔵さんは、セミナーではファンダメンタルズについての話が多いですが、
   米系外銀や英系外銀で長年ディーラーを務めていた方なので、実はチャートも詳しいです

またこのユーロドルの動きはまだ虹が下向きになっておらず、1.35はチャートポイントですが、長期スタンスの方は、この後は虹がキッチリ下を向いてから参入した方がいいかもしれません。
...もっとも4時間の虹がキッチリ下を向く頃には1.33とかになってるかもしれませんが


とはいえ、私はデイトレが基本なので、1時間の虹がサインを示し、チャンスと思えばエントリーします。
そして利が乗ったらストップを建値に移して損失をなくせば、あとは利益を追求し、どこで利確するかだけがポイントになるので、こうした小さい取引を繰り返す中で、大きな波に乗れたときは利を伸ばせればいいと思っています。


今週は各国のGDP(第4四半期速報)をはじめ、経済指標が多く、方向感が定まりにくいかもしれません
...が、虹にはそうした指標の思惑も含んだ動きが現れていると思っています
   直近の虹に方向感がないのは、マーケット参加者がこの指標に注目しているからではないでしょうか。


チャートはドル・円・ユーロ・ポンドの組合せ6ペアの4時間チャートです(縦破線は週区切り線)
20110215 6pair4h
上段は、EURUSD、GBPUSD、EURGBP
下段は円がらみの USDJPY、GBPJPY、EURJPY

まず目立つのは下段の円売りの流れ。
クロス円が上昇してドル円も上昇、どれも直近の虹は乱れていますが、明らかに上方向です。

次に明確なのが右上のユーロポンドの下落。
ユーロポンド(EURGBP)は下向きの虹になっていて、ユーロ売り、ポンド買いが明確です。

このためか、ユーロドルは下落(ユーロ売り・ドル買い)して、ポンドドルはドル買い・ポンド買いで方向感がなくなっています。

ただどのペアも直近の動きは少し乱れそうで、ピンク罫線と黄色で囲んだ直近は上下どちらのピンク罫線を超えていくかに注目しています。

まだマーケットには昨年のような半年ぐらいのユーロ売りというような大きな流れが起きていないので、当面は1時間の虹をベースに、4時間の方向性を見つつ、深追いしないトレードが良いかなぁ...と思っています。


今夜は20時から、フォレックス・ラジオのだいまんさんがYutakaMarketTVでマーケットの説明をされますので、欧州のGDPなどの解説やチャート分析を期待したいと思っています。


ではまた


追 記
13時50分 昨日安値1.3427を1.3527と書いていたので訂正しました。
       また4時間の虹が下を向くのは1.33ぐらいと思われ、1.30は言い過ぎなので削除しました。

コメントの投稿

非公開コメント

初歩的な質問ですが・・・

いつも解説ありがとうございます。ここの所前日と先週の高値安値にラインを引いて、その上に虹を乗っけてチャートを見ています。成績はかなり良くなりました。ただ性格がせっかちなもんで、大波(75,100)と小波(5,10,20)がそろう前に小波のサインでよくエントリーしてしまいます。ルール違反と知りつつ待てない・・・。ところでFX会社が提示している通貨ペアはほとんど合成ペアなのでしょうか?インターバンクなどで実際に取引されている通貨ペアは田向さんが解説してくださる6~8ペア位なのでしょうか?架空の物より実在の物の方が安心な様な気がして・・・。変な質問ですみません。

Re: 初歩的な質問ですが・・・

Jose Rainbowさん、こんにちはi-179

前日と前週の高値安値にラインを引いているとのことで、素晴らしいi-197
前日の高値安値は世界中の人が見ているので、重要なラインですよね。

さて通貨ペアですが、私は銀行や証券に勤めていたわけでもありませんし、ましてインターバンク出身ではないので、詳しいことはYEN蔵さんや西原さん、だいまんさんあたりに聞いて頂いた方が間違いないのですが、私の知る範囲でお答えします。
...プロの方より、同じアマチュアの私の方が聞き易いのかもしれませんねi-230

確かインターバンクでペアが出来てるのは、EURUSD、GBPUSD、USDJPY ぐらいだったと思います。
なので、私たちがFXで取引しているペアのほとんどはFX会社で計算し合成しているもののはずです。
クロス円はもちろん、EURGBPもEURUSDとGBPUSDの合成だったと思います。

ま、私たちアマチュアには、FXのように予めペアが出来てる方がチャートも見やすいし、わかりやすいですけどねi-229

このため、ドルやユーロ、ポンドの動きで(あと円も)クロス通貨(クロス円だけでなく、ユーロクロス、ポンドクロスなども)の動きは振られやすくなります。
マーケットで何が起きているのか、何が買われ、何が売られているのかというのを見つけると、いいですよね。

ではまたi-88

よくわかりました。

返信ありがとうございました。そうですか、EURUSD,GBPUSD,USDJPYぐらいですか。その日の一番強い通貨を知りたかったもので。お手数かけました。多謝。

たびたびすみません。

ごめんなさい何度も。ということは、強い通貨と弱い通貨のペアを探せばトレンドが出て虹になりやすい?そんなに簡単ではないですが、時々ありますよね、そういうペア。

Re: たびたびすみません。

Jose Rainbowさん

私でお答えできることなら、何度でも、お気軽にどうぞi-179

良いところに目を付けていますねi-236
強い通貨と弱い通貨のペアを探すと、e-491虹が出やすいだけでなく、大きく動きます。

例えば、ユーロ安の場面では、単にユーロドルを売るだけでなく、相手の通貨はどれがいいか探すと、効率的だと思います。
ユーロドルなのか、ユーロポンドなのか、ユーロ円なのか、ユーロスイスなのか...

ただ、流動性の低い通貨は、大きく動きやすく、強く見えがちなときもあるので、この辺は難しいところです。
現在、ポンドが急激に買われていますが、こうした急激な動きは戻される場合も多く、虹も極端になりやすいです。
ゆっくりとでも順調にきれいなe-491虹がでるものを探すのも良いと思います。
この辺は、どれくらいの時間をかけて、どれくらいの利益を狙うかにもよって違ってくると思います。


ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ