ユーロドルの重要ポイント

2月14日(月)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、毎日のブログを参考にして下さいね
Twitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況分析などを、随時つぶやいています。
なお、貼付されているチャートはクリックすると、別ページで拡大できます。


今日はバレンタインデーで街は盛り上がるのでしょうが、既婚者にはあまり関係なく、いつものように普通にマーケットが始まります

金曜日にユーロドルは1.35で攻防となりました。
私も1.3540付近で参戦(遅い)したのですが、下がりきらず、ひとまず建値で撤退。
今日の動きに注目しています。

チャートはユーロドルの日足です。(縦破線は月区切り線)
20110214eurusd1day.gif
ピンク●が数カ所あるように、この1.35付近(ピンク罫線)は重要ポイントで、ここが分かれ目になる可能性が強いと思っています。
ここを割り込まず戻ってしまうと、1.35~1.38のレンジに戻りますし、もしかするとさらに上があるかもしれません。
またここを割り込むようだと、1.30割れに向かう可能性があると思っています。
...先月のトリシェ発言で上昇してきたユーロですが、今月のトリシェ発言で帳消しになるのか、注目です。

この日足の虹は乱れ始めていますが、方向はまだ上方向で、5EMAが再び上に向けば、大きく上昇する可能性が見えてきます。


では私が金曜日に売り仕掛けした1時間チャートを見ます(縦破線は日付区切り線)
20110214eurusd1h.gif
1時間は下向きの虹になっているので、私は売りましたが、一瞬1.35を割り込みましたが、下がらす戻されています。
本当はもう少し上で売っていればそのままキープしたのですが、気付くのが遅く、1.35に近いところで売ってしまったので、建値では決済して、リスクを負わないようにしています。

1時間足ではもう5回ぐらい下攻めして止められており、まだアジア時間であることを考えると、少し戻されるかも知れません。
また1時間では虹のチャートも乱れてきていて、この点からも戻される可能性が出てきています。


日足は虹が乱れながらも上昇の勢い、そして1時間は虹が出て下攻めしたが抜けずに乱れてきた。
この間の4時間を見てみます。(縦破線は週区切り線)
20110214eurusd4h.gif
先週月曜日にも4時間チャートには虹は全くなく、乱れて方向感がありません。
まぁ、日足が上、1時間が下とハッキリ分かれているので、4時間が方向感を無くしているのは当然ですね

この4時間チャートを見ると、先週は月曜日にも1.35にトライしていますが、アッサリ戻され1.37ミドルまで戻されています。
4時間のチャートはこの月曜日と同じようなラインになっていて、なんともわからなくなっています。


しかし、ユーロドルの1.35が重要ポイントであることに変わりはなく、ここを明確に下抜けして4時間が虹になっていくのかに注目しています。
少し時間がかかるかもしれませんが、今回は前回(2月7日)より下向きの勢いがあるようなので、下抜けするのではないかと期待しています。

今週もマーケットは面白そうです
ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

教えてください。

こんにちは。
今週もよろしくお願いします。

週末に、田向さんのものまね(のつもり)で、
各チャートにポイントのラインを引いたのですが、
私は4時間で考えていました。

新しい事を始めたので、教えて頂きたいのですが…
ポイントを求める時、どの時間軸を使ったらよいのでしょうか?

そもそも論的なことも含め教えて頂ければ、うれしいです。
よろしくお願いします。


No title

ドル円もポン円も4時間が虹になったけれど、抵抗線があってちょっと不安。
いろいろ知識が変に増えるとエントリーが怖くなります。

気がかりなことがあるときは見送りがいいのでしょうかねえ・・・。

Re: 教えてください。

虹色の弟子さん、こんにちはi-179
今週もよろしくお願いします。

勉強熱心ですねi-179
いろいろ試して体験してみることが大事だと思います。
ある意味、FXはスポーツに近いかもしれませんねi-229
知識だけでなく、自分で試して経験してコツをつかむあたりがそう思います。
...もちろんお試しはデモ版でi-230

さてチャートポイントですが、これは無数にありますi-229
重要なのは、市場参加者の多くの人が意識しているポイントかどうかi-198、だと思います。

そうした意味では、e-491虹と同じように、より時間が長い方が多くの人に意識される強いポイントになると思います。
15分のチャートは見ている人も少ないですし(その時間にマーケットを見ている人しか見れない、という意味で)日足になれば、誰でも見ている可能性が高くなります。

このため、15分で引いたポイントは、ラインを引く位置としては正しくても、マーケットでは影響しない可能性もあります。
一方、日足や4時間足など多くの人が見ている可能性のあるポイントは、そこが支持線・抵抗線になりやすく、攻防するポイントになりやすいでしょう。

今日のブログのユーロドル1.35は日足のポイントでもありますし、長期間にわたり意識されたポイントなので攻防が続くと思っています。

マーケットにどれが正しい、ということはないと思います。
自分の利益に繋げるためには、より多くの人の動き、より多くの人の意識を探すのが良いと思っていて、そういう意味でe-491虹で大きな流れを見つけることが大事だと思っています。


どんどん、試してみて下さいねi-179
ではまたi-88

Re: No title

きょうこさん、こんにちはi-179

> ドル円もポン円も4時間が虹になったけれど、抵抗線があってちょっと不安。

そうですね、ドル円もポンド円も4時間は上向きのe-491虹が出ましたが、今は5EMAが下を向いています。
これはきれいなe-491虹ではありません。
トレードできるe-491虹は、5EMAがトレンド方向に向いて(この場合は上)いなくてはなりません。
5EMAが平行か、下向きということは直近の動きは上に向いていない、または下を向いているということで、ここで買うわけには行きません。

ポンド円は金曜の高値とその少し上に抵抗線があるので、ここを抜けてからの方が安心かもしれません。
またドル円はわずかですが、昨日の安値を下回っているのが気になりますね。



4時間のe-491虹に現れている上値の重さは、1時間のe-491虹が乱れていることからもわかります。
マーケットの動きは短い時間のチャートから始まりますから、まず15分が上向きのe-491虹になり、1時間も上を向かないと、買いはできませんね。
...ドル円の15分は完全に下向きですi-182


私たちが見るのはe-491虹の7本線の最先端の動きです。
ドル円・ポンド円は1度上向きのe-491虹が出ているので、その方向へ動く可能性が強くなっていますが、まだアジア時間ですし、マーケットは何が起こるかわからないところですi-229

15分や1時間のチャートも見比べて、これらが上を向いたら買いでもいいと思いますが、月曜は流れが変わりやすいので、慎重に見てみて下さい。


そして、気がかりだったり、なんかスッキリしないときは、お休みがベストです。
迷ったら休む、自信のあるときだけトレードする、わかりにくいときは休むが大事だと思いますi-179
アマチュアは気に入らなければ休めるのが特権ですからi-235


ではまたi-88

No title

返信ありがとうございます。

4時間足だとポイントの間隔が狭かったり、その数も増えてしまうので、
どうなんだろう?と迷ってしまいました。

もう一度、見直してみようと思います。
まだ月曜日で、勝負は夜からになるでしょうから…。

先週からのユーロスイス。しつこく保有中ですよ(ユーロポンドの下落が気になりますが…)。



Re: No title

虹色の弟子さん、こんにちは

4時間はチャートポイントを探すのに適当ではないかもしれませんね。
なぜなら、1時間足は世界中どこでも1時間足ですし、日足も世界中で同じチャートですが、4時間は住んでる場所の時差によって同じチャートとは限らないですよね。

e-491虹で流れを見るには4時間で良くても、細かなポイントを探すには適していない可能性があります。

またインターバンクなどプロのチャートは、私たちの使っているmt4ではありません。
チャート時間は自由に変えられますので、わざわざ4時間を選ぶ理由がありません。
6時間とか12時間かもしれませんし、2時間かもしれません。
...でも1時間は同じ1時間ですし、日足は同じ日足ですi-179


島国・日本にいると日本を中心に考えがちですが、そうでないのが国際市場です。
...だからグローバルなFXは面白いi-197

時差のあるいろいろの国の人、個人や銀行やファンドなど様々な立場の人、買いポジションの人や売りポジションの人など、様々な市場参加者が現在のマーケットをどう考えるかi-198、を客観的に考えるのかマーケットの面白いところですよねi-179

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ