方向感に乱れ

2月9日(水)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、毎日のブログを参考にして下さいね
Twitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況分析などを、随時つぶやいています。
なお、貼付されているチャートはクリックすると、別ページで拡大できます。

昨日は方向感のない動きになりました。
ポンド買いの流れは転換し、私は持っていたポンドのポジションを全部精算。
利益が最大のところで利確するのは難しいものですが、トレードして損を出さず、利益を頂けただけでもマーケットに感謝しないといけませんね

チャートは主要4通貨の組合せ6ペアの1時間で、昨日の動きを見てみます。
20110209 6pair1h
昨日同様に青罫線は高値赤罫線は安値のラインで、破線は前日の高値安値です。

ざっと見ても昨日はユーロが買われる展開で、ユーロドル、ユーロポンド、ユーロ円が前日の高値を越えて上昇。
一方、ユーロポンドの上昇はポンドン下落ですから、ポンドドルは下落。
円は、ドル円が下落しましたが、その後戻しました。

上段の動きは流れが転換する可能性を示し方向感がなく、下段の動きは円売りの流れでしたが、ドル円が82円50で抑えられていて、ここを上抜けすれば円安に向かいますが、どうなるでしょうか
いずれにせよ、1時間チャートで明確な虹はなく、お休みが基本です。


また明日にはBOE(英国中央銀行)が金融政策を決定します。


個別の動きを見てみると
まずはユーロドルの4時間(縦破線は週区切り線)
20110209eurusd4h.gif
先週木曜日のECB(欧州中央銀行)理事会に向けて、利上げ期待からユーロは上昇していました。
しかし前回(1月13日)の理事会でタカ派的発言をしたトリシェECB総裁は、今回ハト派的発言で金利上昇期待がなくなり、ユーロドルは下落しました。
4時間チャートでは虹は乱れ方向感がありません。
まずは1時間で明確な方向性が出て、次に4時間がその動きに追従するかを見極めたいと思います。



次は明日の主役かもしれないポンドドルの4時間(縦破線は週区切り線)
20110209gbpusd4h.gif
私は先週末からの小さな上昇局面で少し儲けましたが、大きな流れは下落に向かいつつあります。
1時間チャートではもうすぐ下向の虹が出そうですが、明日に金融政策の発表を控えていますから要注意だと思います。



そしてドル円。
こちらも4時間チャートで縦破線は週区切り線です。
20110209usdjpy4h.gif
ドル円は、はっきりしない動きが続いていて、当面は82円50で抑えられている一方、下値も81円台で止まっていて狭いレンジになっています。
ドル円は虹では手を出しにくく、82円台後半や83円台など上がった場面で15分など短いチャートの虹を見て売りをするぐらいしか手を出せません。

またドル円がこうした状態なので、クロス円はドルストレートの動きで振られやすく、手を出さない方がいいかもしれませんね。
...この辺は今週のフォレックス・ラジオ MondayFXの話しが参考になるかもしれません。


まずはマーケットがどういう方向に動くのかを虹で確かめて、マーケットの動きについていきたいと思います。
そして、違ってきたらサッサと撤退。
アマチュア個人投資家の私は、自分の思惑より虹で見るマーケットの動きに従いたいと思います。

昨日、中国は1年物の預金金利と貸出金利を引き上げました。
今日から春節でお休みだった中国勢がマーケットに戻ってきます。
アジア時間の動きには注意したいところです。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

スイスが主役?

こんにちは。

ブログ記事に全く同感で、虹を探すにも
画面表示する通貨ペアに迷ってしまいますよね。

私事ですが、以前に相談させていただいた液晶ディスプレイをいよいよ購入しました。

対スイスでは、どれもきれいな虹ですね。
ディスプレイ代金を無駄にしないように、私もゆっくり稼ぎたいと思います。

Re: スイスが主役?

虹色の弟子さん、こんにちはi-179

> 私事ですが、以前に相談させていただいた液晶ディスプレイをいよいよ購入しました。

今は液晶もきれいですよね。
今日お会いしたMacユーザーで、近ごろe-491虹を見るためにWindowsマシンを買った人の液晶もとてもきれいで、古いPCを使っている私としては、買い換え欲が出てきそうですi-229

ま、まだ使えてるので、どうしようかと思い悩むところです。
...私はクルマもPCも道具が壊れたら買い換えるタイプなのでi-230

さてマーケットではスイス売りが活発です。
これまでずっとスイスは買われていて、SNBが必死に介入しても止められませんでしたが、その大きな流れが変わりつつあるようです。

壁に当たっては足踏みし、それを越えると加速するのがマーケットです。
壁に跳ね返されてるのか、足踏みなのかが見極めにくいところですが、こうしたe-491虹が乱れたときはお休みし、e-491虹がはっきりしたらトレードするスタイルが自分には合っているようです。

焦らず、ゆっくり儲けていきたいですねi-179
ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ