スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ年初

1月5日(水)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。 具体的なの使い方や、トレードのコツはこのブログを読んで下さいね
Twitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
貼付チャートはクリックすると拡大します。


昨日のブログに頂いたコメントに返信したように、昨夜はユーロドルを買おうかと思ってましたが、まだ4時間の虹が揃っていなかったので様子見して、助かりました。
...こうした点でも虹がキチンと揃うのを待つのは重要です

昨夜はNY時間に原油や金などが3%以上急落したため、リスク指向となり円買い、ドル買いとなったようです。またリスク回避の動きなのでドル円・クロス円は急落。 特に豪ドル円は大きく下げました。
ユーロドルも下落し、4時間は虹になり損ね。

ただ、この場面で私はその時点では、なぜユーロドルが下げ、円買いになっているのかわかりませんでした。
個人投資家の情報ではそんなものかもしれません


チャートはいつもの6ペアの4時間です。
20110105 6pair4h
こうした主要通貨の組合せで虹が出ないということは、まだまだ2011年の流れはできていないようです。
主要通貨の組合せでこのような状態なので、他の組合せでも虹は出ていません。
少し様子見でしょうか。


こちらのチャートは同じ6ペアの15分(縮小版)です。
縦の黒破線は日付区切り、たまにある橙横破線(---)は昨日のブログにも載せた12月20日のブログでレンジの上限下限に引いたラインです。
20110105 6pair15m
15分チャートですから、動きが4時間に比べると敏感になっています。
ここではユーロが下げていることがわかり、ユーロドル、ユーロポンドは下向きの虹。
ユーロ円も下向きで虹になりそうな状況です。
ということは、トレードするならユーロの下落を狙うことになりますが、ユーロネガティブなニュースで下げたわけでもないですし、まだアジア時間なので、ここで乗ってしまうと危険かもしれません。

またドル円、ポンドドル、ポンド円は虹が乱れて方向感がありません。
15分は私が見るチャートで一番短い時間なので、ここで虹がなければ、その上の1時間や4時間が虹になるはずがありません。


1時間チャートや4時間チャートを基本にゆったり構え、大きな利幅を狙うか、15分チャートを基準にモニターの前で虹を待ちつつ小さな利幅を狙うか、マーケットの状況に応じて使い分けたいところです。


私の場合は、まだまだ年初の相場ですし、今夜はADP雇用統計ISM非製造業景況指数といった指標発表がありますし、なにより金曜日には雇用統計があるので、ゆったり構えて方向を見定める方がいいかなと思っています。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。