スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の動きか?

12月13日(月)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。


先週でマーケットはそろそろ終わりかなぁ...と思っていたのですが、最後の動きをしそうになってきました。
こうなるとトレーダーの血が騒ぎます

チャートはいつもの6ペアの4時間です。
20101213 6pair
EURUSD  GBPUSD  EURGBP
USDJPY  GBPJPY  EURJPY
という配置になっています。

ここでユーロドル(EURUSD)とユーロポンド(EURGBP)は下向きの虹になっていて、ユーロ売りポンド買いドル買い の流れです。
ドル円(USDJPY)は上向きの虹の配列になり、ドル買い円売りの動き。

このためポンドドル(GBPUSD)は、ポンド買いと、ドル買いで方向感が弱いですが、少しポンドが強い
ポンド円(GBPJPY)は、ポンド買いと、円売りですから、上向きの虹になってきています。
ユーロ円(EURJPY)は、ユーロ売りと、円売りで方向感がはっきりしません。

ここは引き続き、ユーロ売りが良いように思われ、ユーロドルの売り、というところでしょうか。
ただ明日に本年最後のFOMCを控えており、FRBはQE2でドル安を狙っていたのかも知れないので、現状のドル買い(ドル金利上昇)は予想外かもしれません。
このため、明日のFOMCで何か出るかも知れませんし、ユーロドルの1.30は節目なのでここを下抜けするのは簡単ではないかも知れません。


こうした要因を反映してか、ユーロドルの虹は下向きに7本が揃っていますが、虹そのもののラインが示すバランスはまだ美しくなく、5~35EMAが示す短期の動きが大きく下げ始めないと、4時間の虹は美しいバランスにならない点が注意だと思います。

日足を見るとこの点がハッキリします。
20101213 6pair1day
日足はどのペアもラインが乱れていて方向感がありません。
クリスマス休暇ということもあり、日足で明確な強いトレンドは現れていません。
当面はこの直近の高安値の間で動いているようです。


トレードにあたっては、4時間より短いチャートで動きを確認しつつ、年末の流動性が薄いなかで思わぬ損をしないように気を付けていきたいと思っています。


今週が実質最終取引の週だと思います。
ここまで積み上げた利益を減らさないように、慎重に行きたいと思っています。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。