感謝祭に向けて

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


マーケットは昨日のブログで書いたように、方向感がハッキリしません。
FRBによる追加量的緩和によるドル安への動きアイルランドやポルトガルの財政懸念によるユーロ売りの動き、そして一番影響していそうなのが、来週25日(木)の感謝祭に向けた動きです。

感謝祭は米国移住した人たちが過酷な環境で1年生き延びたのを感謝する、というものですが、事実上はここから年末までの間に長期休暇を取るマーケット関係者が多いようです。

月曜日や金曜日が休みで連休になるロング・ウィークエンドでもポジションを調整したり、手じまう人がいるわけですから、長期休暇の前ではもっと大きなポジション調整があるのではないでしょうか。
また1月から12月の成績で評価されるので、儲けている人は11月末ぐらいでポジションを閉じ利益を確定させますし、ファンドなども11月末で評価される場合が多いのでやはりポジションを閉じると思います。

こうして考えると、感謝祭に向けていろいろな思惑での動きになりやすく、方向感がないのかもしれません。
...教科書的にはQE2でドルが売られるのに、そうはなっていません


さて、昨日のブログではドル売りを予想した通り、ユーロドルは上昇しました。

前日はドル買いになり、1.34台まで下落していたので、このままドル買いユーロ売りとの見方もあるなか、私がドル上昇を予想した理由は15分チャートです。

まずはユーロドルの1時間チャートを見ます。
20101119eurusd1h.gif
1時間では下向きの虹が乱れ始めた段階でドル買いと書いたことになります。

しかし15分チャート(縮小版)を見ると
20101119eurusd15m.gif
ちょうど虹が揃ったころでした。
このまま15分の虹は成長し約100pips上昇しました。

その後12時頃には順調に虹が成長したいたので、ツイッターでもそのように書き込んでいます。

上の2つのチャートを見ると、15分を縮小させただけで、全く同じ動き(相似形)であることがよくわかります。
このようにして時間の違うチャートで虹を比較すると、チャートの動きが同じでも虹のラインが違うことがわかり、トレンドの発生が短い時間で始まることがよくわかります。


ついでに言うと、深夜12時ごろには15分チャートが乱れ下向きになってきたので、撤退。
ツイッターでもそのように書きましたが、これはフィラデルフィア連銀指数が大幅に良かったためのドル買いの動きだったようで、朝起きてみるとその後は上昇に戻っていました

このように方向感のないマーケットでは、普段1時間や4時間を見ている私ですが、15分のように短いチャートも見るようにしています。

いろいろなところに注意して、マーケットの動きを見つけたいと思っています。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ