噂で売ってたけど...

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


注目のFOMCを来週に控え、しかもそこでは米国中間選挙も実施され、明日は早めの月末...マーケットの動きが慌ただしくなりそうです。

このFOMCで、追加の金融緩和をするのではないか? 大規模な資産買い取りを行うのではないか? という思惑でドルは売られ続けてきました。

月曜日にはゴールドマン・サックスがFRBの追加緩和は4兆ドル規模とか、ひとまず2兆ドル程度とか、とんでもない数字が出てきて、ここでもドル売りされましたが、昨日はウォールストリート・ジャーナルが資産買い取りは小規模で数ヶ月で数千億ドルと報道しドルが買い戻されています。
...さすがにこんな大規模な話が出てくると、噂もそろそろ終わりかな?という気がします。
   しかも出元がゴールドマンですし


チャートはユーロドルの日足(zoom)です。
20101028eurusd1day.gif

昨日のブログでも注目していた10月20日の安値1.3697(ピンク罫線)を割り込むかが重要ポイントだと思っています。


主要通貨ペアの日足は、虹が乱れ始めました。
20101028day6.jpg
ここから再び虹を描くのか、ここまでの動きが変わっていくのかに注目です。


主要通貨ペアの1時間では、虹を描くペアはなく、乱れています
20101028hour6.jpg
1時間で見ると、ユーロドルや、ドル円ではドル買い戻しに動いており、これが月末などの一時的な動きなのか、大きな変化への動きなのかに注目だと思います。


どれくらいの時間軸で、どれくらいの利益を目指すかをイメージしたトレードが良さそうで、あまり大きく利を追うのは難しいかもしれません。

これまでの追加緩和期待でのドル売りの流れが、噂で売って事実で買う、になるかもしれません。
同様の理由で堅調だった株式市場の動きをみつつ、慎重に行きたいと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ