ポンド円は上昇?


FX
へようこそ


先ほどのエントリーで「ポンド円..下落?」と書きながら、今度は上昇?という方向感のなさ

ただ1時間チャートはキレイに上昇の虹となっていて、先ほどのように(5EMA)とオレンジ(10EMA)が接触しておらず、離れてきています。 (今回は少し拡大しました)
GBPJPY1H2

このまま(5EMA)が広がりながら上向けば、買いで入りたいところですが、152.95で2回抑えられています。



4時間チャートでは...

GBPJPY4h2

ラインは乱れていて、虹になっていません。 (このチャートも拡大版です)



このため、1時間は上昇の虹ですが、4時間は乱れて方向性がないことになります。

もちろん、変化は短い時間のチャートから起こりますから、ここからでも上昇が強ければ、プライスがガンガン上がり、1時間はさらにきれいな虹となり、4時間も7本が揃ってくるかもしれません。

しかし、今日は米国市場は休みですし、指標発表もありません。 今のところポンドにポジティブなニュースも出ていません。 
...となると、戻されるリスクもあるわけで、リスクを取ってもチャレンジしたい場合は買いですが、よりリスクを減らしたトレーディングをしたい場合は待ちだと思います。



今回はポンド円がちょうど説明しやすいチャートになっていましたし、土曜日のパーティでもエントリータイミングについてのご質問が多かったので書いてみました。


ちなみに私はチト早めに152.85で買いましたが、すんなり上がらず、建値で決済し損益ゼロです。  日足のローソク足はきれに3日続騰しており、上昇だとは思いますが、根性なしなので撤退しました。 



ではまた
追 記

先ほどForexRadio(502回)を聞いていて、パーティでお話しさせて頂きながら、ハンドルを忘却していた方を思い出しました

為替局長さん、いろいろお話できて楽しかったです。
修行者さん、「クオーク?」のお話、興味深かったです。もう出来ないんですよね。


せっかく多くの方とお話できたのですが、様々なハンドルやお名前を覚えきれず、ここでお礼を申し上げていないみなさん、ホントすみません

俺・私を忘れてるぞ...というかたは是非コメントに残して行って下さい。


では

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

私も今週からチャートを虹色にしてみましたv-7
気分も晴れやかになりますね。きれいに上ればいいんですが、今日はまだ様子見しています。

だいまんさんが歌ってみえました「虹色の湖」」は、中村晃子だそうです。
あんまり記憶にないのですが・・・
歳がばれますね。笑






Re: タイトルなし

yokkoさん、こんにちは

以前のコメントでyokkoさんより、7本線の出し方をお尋ね頂きながら、宿題を返すのが遅くなっていました。
ごめんなさい。

でも、ご自分で7本のラインを出せるようになったとのことで、良かったですi-87


やはりトレードするときは緊張するので、少しでも気分良くやりたいものです。
そんなとき、虹のチャートだったら、気分的にも行けそうな気がしますよね...(私だけ?)


虹のラインが、キレイに安定的に上昇または下降していれば、一目瞭然で安定したトレンドになっているので、その中で最終的に売り買いのタイミングを測ってトレードします。
ただ、チャートを他の時間足と比べて見ることを忘れないで下さい。

前回と今回の私の記事のように、1時間足が虹でも、4時間は乱れている、ということはよくあります。 他の時間足でもそうです。 このような場合の見極め、利幅をどれくらいにするか、ストップをどの程度にするか、が重要になります。

後々、これらもトレードに含めて書いていきます。

まずは虹色チャートに慣れて、もしトレードを試したいなら、まずはデモトレードでやってみて、自分にあったタイミングを探してみて下さい。


コメントへの宿題が遅れることがありますが、何かあれば、また気軽にコメントして下さいね。

あっ、中村晃子は、なんとなく覚えてます。 
長い髪の人で、確か大竹しのぶの最初のダンナを争った人だったと思います...違ったかな?
私も歳が...


ではまた i-88


カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ