スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スッキリしない

今週は日本の祝日が2日もあったり、中国も22日から24日までお休みだったり、国連総会が開かれてたり、原因不明でハッキリしない相場になっているように思います。
...個人的に休日や雑用で忙しくトレード気分が乗ってないのかもしれませんが

さてそのスッキリしないマーケットですが、今日はユーロドルに注目しています。
20100924eurusd4h.gif
チャートはユーロドルの4時間ですが、虹のチャートは押し目買いポイントになりそうなラインを描いています。
まだ十分に買える段階ではありませんが、もう少し上昇するなり、短いチャートが上昇を示すなりしたら、買いのタイミングかもしれません。

今週は気分が今ひとつ乗ってないので、こういう時は無理せず、十分に引きつけてから行くのが私流です。
...ちなみに気分がいいときは、相場が見えるんじゃないかと思うほど予想通りに動くので
   トレーディングにおいて心理状態はとても重要だと思っています


さて一方は、ジリジリ下げてきたドル円
先週の介入以降、急に入る介入は、911のような予期せぬ重大事件と同様の効果をマーケットに与えるので、私は円の取引は控えています。
...危うい可能性のある場面は避けるのが賢明だと思ってますので

チャートはドル円の4時間です。
20100924usdjpy4h.gif
84円20付近には日銀かもしれない買いが大量にあるとの噂もあり、ここから下がりません。
虹色チャートでも、下に行くか、上に戻るかわかりにくいチャートになっていて、介入のおかげで円の動きは読みにくくなっています。
また国連総会出席のため菅総理が訪米中ですが、ここで各国首脳との会談や、少なくとも官僚レベルでは今回の介入について各国への根回しや弁明をしていると思われ、これまで強い批判が出ていないことからも今後も介入は継続するかもしれません。

私には各国政府の動きは読めないので、まずは虹の動きに従って、安全なところでトレードしたいと思っています。


また今日は週末の金曜日であり、また半期末も近いことからポジション調整の玉があるかもしれず、特にドル円・ユーロ円はこの辺に注意したいところです。(私はしばらく円はトレードしませんが、でも豪ドル円はやるかも...)

明日の夜8時からのマネテクでは、YEN蔵さんが中央銀行について話してくれると思いますので、そちらもお楽しみに

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


では、素敵な週末をお過ごしください

コメントの投稿

非公開コメント

虹とフラッグ(抜け)

フラッグ抜けの形状(特に時間足)がわりと好きな延髄クリック系の私ですが、
虹の上(下)での下降(上昇)フラッグからの順方向への反転は、なかなかええんでねぇーの?などと思いました、です。
ひとつまえの記事の図を見ててそう思いました。

Re: 虹とフラッグ(抜け)

はたふり川さん、こんにちは!

金曜は良いポイントでEURUSD買ってますね~、上手いなぁ!

さて、ご指摘のフラッグ抜けはいいですよね
ちょうど前日のチャートが四角で囲んだので、まさにフラッグになってますねi-229
私もこの時間足での押し目や戻りは一番やりやすく、好きなパターンですi-179

e-491虹を見てると、このフラッグとか、様々なテクニックがe-491虹に含まれているようで面白いです

コメントありがとうございました。
今度またi-53飲みましょうi-185
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。