円高への動き

昨日ドル円は83円50のバリアを粉砕して下落しましたが、83円に届かず反転し84円まで戻りました。
私は昨日のブログで書いたように突っ込んで売ることせず、様子見していました。

さすがにこのレベルでは介入警戒感もあり、円高が一気に80円に向かうという動きにはなりにくいのかもしれません。
また83円50から下には50銭刻みでバリアがあるとの噂もあるようです。

さて今日ですが、ドル円は基本的には下方向の動きを意識しています。
チャートは1時間(拡大版)です。
20100909usdjpy1h.gif
昨日は戻す動きでしたが、それでも84円がやっとで、まだまだ下方向です。
が、次の目標は83円で簡単ではなさそうです。

4時間チャート(拡大版)を見ても
20100909usdjpy4h.gif
明らかに虹は下向き。
現在のところ5EMAと10EMAが接近していますが、ここから下離れするか、上に向かうか注目です。

これらの動きを見ると、ドル円よりクロス円の売りの方が利幅が取れそうです。

ただクロス円でも豪ドルは少し違うようです。
豪ドル/ドルの4時間チャートは
20100909audusd4h.gif
順調に上昇の虹となっています。
特に昨日同じ資源国でもあるカナダが政策金利を引き上げたので、こうした部分でもオーストラリアに期待が入りやすいと思います。

こうしたオージーの動きから、豪ドル/円も他のクロス円とは違い上昇傾向。
20100909audjpy4h.gif
こちらの4時間はまだ虹とは言えませんが、上方向の可能性も高くなっています。
ただ、ドル円が83円を割るようだと、このオージー円も一気に下げてしまうかも知れず、要注意です。

円は民主党の代表選もからみ、いろんな人がいろいろな意見や介入の噂などで振られています。
このような局面では素直にドルストレートの取引が良いのかも知れません。

こうした円高を始めとする直近のマーケットの動きは明日のYutaka Market TVで、YEN蔵さんが解説してくれるかもしれませんから、注目です
...YEN蔵さんとは土曜の金融基礎プログラムマネテクでご一緒していますが、
   ホントにマーケットや経済、そして歴史的背景をよくご存じです。(当たり前でしょうけど
   こうしたプロの知識、視点を理解する事は、私たちの相場にも有効だと思います。
   ちなみに今週は、マーケットの美人投票がテーマです


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた


追 記
12時50分 マネテクの次回テーマなどを加筆しました。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ