雇用統計で動けず

今週は月曜から火曜でマーケットの動きが終わってしまい、その後月末月初は決済などの特殊要因で上下し、今日の雇用統計が近づくと、動かなくなりました

こうした状況は今週半ば以降のブログで予測した通りで、危うい相場には手出し無用だと思っています。

為替だけでなく、株や債券のマーケットも今日の雇用統計の結果に注目しているようです。
雇用統計が楽観的数字または予想の範囲内で、落ち着いて通過するのか、ネガティブ・サプライズで急変してしまうか、いずれにせよ、私は手を出さない相場です。

また月曜日は米国の休日であり、ロング・ウィークエンドとなるため、米国勢のポジション調整も加わり、思わぬ動きになりかねず、注意が必要だと思っています。
...私は月末で資金と利益を1度締め、月初から再び定額資金をベースに取引しているので、
   月初のトレードで損を出すとその後が厳しくなるので、月初は特に慎重です

チャートはユーロドルの日足です。
20100903eurusd1day.gif
6月の1.18を底に反発しましたが、昨年12月からの下落相場の半値戻しもできず、このところの2番底懸念などで下落したところで落ち着いています。
虹色チャートの日足は、明らかに方向感がなく、9月21日発売の月刊 FX攻略.comに寄稿した「待つ相場」になっています。

日足では方向感がないのですが、短期ではあるかも知れないので、4時間チャートも見てみます。
20100903eurusd4h.gif
ここでも虹はありません。
下落から上昇に変わりつつありますが、まだ上昇トレンドとは言えず、下げる可能性も十分あります。
これではトレードできません。

さらに1時間チャートも見ますと
20100903eurusd1h.gif
9月に入って一気に上昇しましたが、直近は上値が重く伸び悩んでおり、虹は乱れてきていて反転して下げる可能性も出てきています。
まずは昨日の高値を抜けて上に行ってくれないと、短期的な上昇も見込めません。


このように相場は雇用統計を控えて、明らかに方向感がありません。
...ここで思いこみだけでポジションを取るのはトレードではなくギャンブルかもしれません

また今夜は雇用統計だけでなく、ISM非製造業景況指数も発表され、製造業の堅調に比べ非製造業の雇用がどの程度かにも注目されます。


このような状況なので、ドル円・クロス円も思わぬ円安や円高方向に振れる可能性があり、手出しできないと思っています。 しばらくは待って、誰が見ても「売るしかない」とか「買うしかない」という相場が来るのを待って、そこで確実に利益を取りたいと思います。

明日はマネテク(MoneyTECH)があるので、今日のマーケットは眺める程度で、進行表や資料を作成したいと思ってます

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ