明日の雇用統計待ち

昨日はブログを書いたあと、ほとんどマーケットを見ることもなく買い物をしたり、ドラマを見たりとゆっくり過ごしました。
Twitterに参加したのも夜の少しの時間でした。

マーケットでは、ドル円・クロス円は上に下に頻繁に動いて方向感がないようでしたが、ドルストレートは昨日のブログで書いたようにドル売りとなったようです。
このためドル円・クロス円は上下しつつも円高が進むこともなく、かといって円安にも進まず、膠着した1日だったようです。

私はこのような方向感のない日や大きく動いた翌日(方向感がなくなりやすい)はトレードしないようにしています。Twitterにも書きましたが、「わかる時だけトレードすればいい」というルールを守るようにしています。


さて今日ですが、明日の雇用統計を控えて大きく動くことなないと思っています。


チャートはユーロドルの4時間です。(月曜から日ごとに縦線を引いています)
20100902eurusd4h.gif
ユーロドルは昨日4時間の虹の上側に乗ってきました。
この100EMAでサポートされれば、ユーロドルはさらに上昇するものと思います。
またこの辺は昨日のブログで書いた、ファンダメンタルズから考えるドル売りとも合致します。
まずは、明日の雇用統計に注目です

次はドル円の4時間です。(月曜から日ごとに縦線を引いています)
20100902usdjpy4h.gif
ドル売りの流れになると思っているので、ドル円は下落が予想されますし、虹色チャートも乱れていますが、まだ下方向を向いています。
が、下値圏で上下の動きをして方向感がありません。

これはドル円主導で円高になっているのではなく、ユーロ円主導だからだと考えています。

ユーロドルが上昇すると、ユーロ円も上昇するため円買い圧力が弱まります。
このためドル円でも円買いが弱まり、下値を追いにくいのかもしれません。

チャートはユーロ円の4時間です。(月曜から日ごとに縦線を引いています)
20100902eurjpy4h.gif
ユーロ円は、まさにユーロドルとドル円の中間のような値動き。
虹色チャートでも、中間ぐらいまで戻してますが、ユーロドルのように虹を突き抜けてはいません。

またこの3つの通貨ペアで戻り高値を越えるかどうかを見ても、ユーロドルは8月27日の高値1.2778を既に越えましたが、ドル円の高値は30日(月)日銀の臨時会前の85円88で、ユーロ円も同じ時の109円53でまだまだ手が届きません。

このままユーロドルが上昇し、これでユーロ円が上昇、そしてドル円は膠着という動きになるか、すべては明日の米国雇用統計の発表が注目されます。

特に昨日の米国指標で、ADP全国雇用者数は予想より悪かったが、ISM製造業景況指数は雇用が良かったので、米国雇用市場の実態がどちらなのかに注目です

...ということで、今日は方向感なく、手出し無用と考えます


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ