ドル安か、リスク回避か

昨日はFOMCを控えて、これまでのドル売りポジションが調整されたのか、ドルが買われ、ユーロドル、ポンドドル、オージードルは下落、ドル円は上昇しました。

私は、基本的にはユーロドルはまだ上昇を考えていましたが、1.3165付近の戻りで売りました。
その後、1.31割れまで下落しましが、Twitterに書いたようにFOMCで噴け上がる可能性もあったので、ストップ1.3130付近にストップを置いて寝ました。

結果は、予想通りFOMCで噴き上げ、ストップにかかりましたが、その後再び下落したのは計算外。
30pipsちょっとで終わりました。
...ま、損はしていないので、コツコツ積み上げたいと思います。


チャートはユーロドルの1時間足です。
20100811eurusd1h.gif
FOMCで噴き上げ、その後再び下落しているのがわかります。

ユーロドルの4時間を見ると
20100811eurusd4h.gif
4時間の虹は乱れ、方向感がありません。

FOMCでは、金利据え置き、量的緩和の維持が決定されました。
リーマンショック後にMBS証券を買って住宅ローン市場を支えた資金を償還で回収すると、FRBが市場に供給した資金が戻るわけですから、実質的には金融引き締めになってしまいます。
そこで、償還されても再び米国債に投資するとこでFRBの資金を回収しないことで量的緩和を維持するようです。
...但し拡大したことにもなりません。チト玉虫色かな


しかしマーケットには、米国経済の回復ペースがさらに遅くなっている点から、さらに新たな量的緩和を行うのではないか、との思惑があるようです。
今回の量的緩和の維持は納得でドル売りだが...待てよ、これが拡大していかなければならないほど米国経済は悪いかも知れないという思惑でリスク回避のドル買いとなっているのかもしれません。
昨夜のチャートの動きはそんなマーケット心理の現れのように思います。


昨日安値の1.3073付近を下抜けると、7月からのドル売り相場は終わるのかも知れません。


米国金利などの面を考えると、ここでドル買いというのは、違和感がありますが、今後の経済の不安感からリスク回避の動きであれば納得する部分もあり、そうなると、ドル以上に円が買われ、円高は歴史的範囲に突っ込んで行くかもしれません。



いずれにせよ、市場参加者の考えはチャートを通じて現れると思っています。
アジア時間にマーケットの方向性に影響を与える力はありませんから、欧州時間での動きに注目です。
ドル安か、リスク回避のドル買いか、という分かれ目にあるように思います。


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
Twitterは気軽にフォローして下さいね。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

EUR/USDそろそろですかね~
踊り場のような気もしますし~
微妙な動きですね。

Re: NO TITLE

まさ~さん、こんにちはi-179

先日はちょっろっとおじゃましましたi-229

ユーロドルは、まだ上に行きそうな気もしてます。
ひとまず今朝は1.3114で買ってます。
これはe-491虹のトレードではありませんが、昨日のツイッターでも書いた1.31がサポートされるとの思惑です。

さぁ、どうなりますかねi-229

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ