ユーロの分岐点

昨夜はベージュブック(地区連銀経済報告)がありましたが、マーケットはあまり反応しませんでした。

米国の財政政策による経済の下支えがなくなり、米国景気は回復の勢いが衰えているようです。
このため株価は勢いがなくなり、米国債に資金が流入、米国10年債の利回りは3%を割り込んでいます。
...ドル売り要因と考えます。

欧州の金融不安から売り浴びせられたユーロは、文句や不安も出つつもストレステストで内容を開示したことで安心感が出ているようで、ユーロドルは上昇してきました。
これはユーロ売りが弱まったことと、ドル売りになりつつあることの両方の作用によるものと思っています。


チャートはユーロドルの4時間です。
20100729eurusd4h.gif
直近は1.3レベルで止められていて、虹も5EMAと10EMAが接近してきて乱れつつあります。
ここはおそらく分岐点で、ユーロドルが上昇すると考えるなら押し目買いポイントでしょうし、上昇はここまでと考えるなら下落への転換点かもしれません。

ここからの動きを注視して、上に向かうなら買いでついていき、下に向かうならどこまで下がるかを見極めたいと思っています。

というのも、私は7月16日のブログからユーロドルは上昇トレンドと考えており、この4時間の虹が大きく乱れない限りは上昇の余地があると思っています。
...ただ4時間チャートをベースに押し目買いするのはストップ幅が広くなるので好まず、
   上に向けて動き出したら乗りたいと考えています。

ちなみにユーロドルの日足チャートを見ると
20100729eurusd1day.gif
まだ虹にはほど遠いのですが、上昇方向であることは明らかです。


まずは現在分岐点にあるユーロドルがどちらに動くのかを見極めたいと思っています。

これは世界のマーケットがリスク指向なのか、リスク回避なのか、を判断することでもあり、本日インヴァスト証券で提供される、元citibankのYEN蔵さんのセミナーは必見だと思います。
20時~21時30分まで90分ビッチリ、直近のマーケットについて解説されるようなので、期待しています。
なお、定員制なので、早めに申込をされた方が良いかも知れません。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

ユーロは揉んでいますがどちらに抜けるのでしょう?
上方向に出たら面白いですね。

NO TITLE

書いてる間にどうやら上に出たようですね。

Re: NO TITLE

まさ~さん、こんばんはi-179

YEN蔵さんのセミナーを見ていて、返信が遅くなりましたi-229

ユーロドルは1.3付近から上方向に動きました。
今朝のブログで書いたあたりが、やはり押し目買いポイントになりましたねi-179
ただ、1.31は堅そうで、まずは1回跳ね返され、現在もう一度トライするようです。

1.3も何度か止められたので、1.31は、もう少し時間がかかるかもしれませんね。

これも抜けるようだと1.35ぐらいが見えてきますが、私はユーロドルは上昇トレンドと見ているので、e-491虹が大きく乱れなければ、買い継続、押し目買いだと思っています。

明日で7月も最後、レバ規制が始まりますね。
みなさん、ご注意下さい。

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ