スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果をどうみる?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


先週金曜日、世界が注目の欧州金融機関のストレステストの結果が発表されました。
欧州の金融機関91行中、7行が不合格となり、資本不足は35億ユーロ、との結果がでました。

ある意味、不合格が7行と少なく、安心した面と、ホントかよ~という疑心暗鬼が錯綜しているようです。

発表が日本時間の深夜1時で欧州は株式市場が終了した後、米国も週末を控えた午後でしたので、この結果に対する市場の反応を見るには、実質的に今日の欧州・米国時間の動きに注目だと思っています。

私のようなアマチュアがこうした重要発表の内容を判断することはできませんし、判断して思いこむのはとても危険だと思っています。
こういう重要な発表の後こそ、市場の動き、反応を見極めることが大事だと思います。
アマチュアが自分の憶測でどちらかに張るのは、丁半の博打になってしまうのではないでしょうか。

まずはマーケットの動きに注目です。

そこで、まずユーロの動きをユーロドルの4時間で見てみます。
20100726eurusd4h.gif
直近(部分)は虹のラインも接近して、若干下への動きを意識させますが、基本的には上昇トレンドなので、1.2950付近のレジスタンス(抵抗線)を上抜けてくれば、上昇が継続だと考えています。

おそらく、大きな動きが出てくるのは今夜ではないでしょうか。


次にドル円の4時間です。
20100726usdjpy4h.gif
すでに7月20日の直近高値(87.56)を上抜けており、88円かそれを抜けると89円後半まで上昇するかもしれません。

私はドル円は上昇トレンドとは思っていませんが、86円台、87円台というあたりからは少し円安に進むかもしれません。
こうなると、クロス円は大きく動くと思いますが、欧州時間には反転してしまう可能性もあり、注意したいところです。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。