スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンドの動き

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


昨日は欧州時間にドル売りとなり、アジア時間のマーケットはひっくり返りました。
月曜日にワールドカップがスペインの優勝で終了し、昨日からマーケットに参加者が戻ってきたのかも知れません。


ドル売りでユーロドルもポンドドルも上昇しましたが、注目はポンド。
昨日のブログでも書きましたが、ポンドは金曜日に1.5を割って下にトライしましたが、月曜日にはアッサリ戻されてしまい、私はコストで撤退。
昨日は1.52まで上昇しましたが、ここからさらに上に行くかどうかは怪しい気がします。
20100714gbpusd1week.gif
チャートはポンドドルの週足です。
虹は乱れていますし、週足では1.52付近で過去3週止められています。

というのも、フィボナッチを見ると、2009年1月23日の安値1.3502と、2009年8月5日の高値1.7041の50%が1.5253で、この手前1.5240付近で3回止められました。
...見にくいですが、チャートを見るとここ3本が同じ位置で止まってます。

また1時間チャートを見ると
20100714gbpusd1h.gif
上げてきているにもかかわらず、1時間チャートですらまだ美しいバランスの虹になっていません。
順調に上昇するなら、まず1時間が美しい虹となり、次に4時間が虹になっていくものです。
そうでないということは、昨日の上昇が急激で、その分下げる可能性もあると思っています。


個人的には虹のルールとは違いますが、ストップを1.52ミドル付近に置いて、1.52台では打診的にショートも良いと思います。
そして、本格的に下げたらシッカリ売ればいいと思います。
...逆に上昇していけば、1時間が美しい虹になると思うので、買いでしょう。



いずれにせよ、ポンドドルはこの辺は重要な分岐点だと思うので、この50%レベルを上抜けるか、止められるかが今後の動きを決めると思います。



ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。