ポンドに注目

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

昨日は往って来いの展開となり、急な下げで慌てて売った方はストップを取られたかもしれません。
しかし、4時間チャートで鮮明な虹が出ていたのはEURGBPだけだったので、これを売った方はしっかり儲かったと思います。

昨日の急変相場を演出したのが、ポンドではないでしょうか。
今日も引き続き、ポンドは上昇しています。

正確な情報はありませんが、昨夜のBOC(Bank Of Canada:カナダ中央銀行)利上げから、一部にBOE(Bank Of England:英国中央銀行)も利上げするかもしれない?という憶測が働いたのかも知れません。
...英プルデンシャルと米AIGの買収交渉にからむ思惑との情報もありますが、こうした情報はマーケットに詳しいYEN蔵さんや、西原宏一さんのブログを参考にされた方が良いでしょう。

カナダは一応、G7の加盟国で欧州の金融危機など世界的なことも考慮する立場と思いますが、それを言ったらG7にはイタリアも入っているわけですからねぇ...G7が世界のリーダー的存在ではなくなっているように思います

さて、そのポンドですが、チャートはポンドドル(ケーブルとも言います)の日足です。
20100602gbpusd1day.gif
ちょっと前まで1.5前後にあったイメージだったのですが、ユーロドルの下落に連れる形で急落し、1.42台まで下落しました。
その後、上昇に戻りつつあり、1.48レベルを超えてくると1.5が見えてきます。
当面はこの1.48手前に注目しています。

チャートは出しませんが、1時間は鮮明な虹になっていますし、4時間も上昇中。
1.48を越えて1.5に近づくと4時間も虹になってくるかも知れず、方向感が明確になってくると思われるので注目です。


ポンドを考えるとき、私がもう一つ見ているのが、ユーロポンド(EURGBP)です。
20100602eurgbp1day.gif
昨日のブログに頂いたコメントにも返信したように、ユーロポンドは4時間でも鮮明に虹を描いていて、ユーロ売り・ポンド買いになっています。

このポンド買いの勢いが、ポンドドルにも(ポンド円もですが)出ているように思います。
ただチャートにをしたように、少し売られ過ぎかもしれないので、注意しています。
ここで大きくユロポンが戻すとは思いませんが(流れは明確に下ですから)、GBPUSD・GBPJPYの高値買い、EURGBPの安値売りには気を付けたいと思ってます。

今朝は鳩山首相が辞任し、若干円安傾向かもしれませんが、しょせん日本の政治ですからマーケットに大きなインパクトはないと思っています。
...しっかし、民主党でも自民党でも、結局は腹をくくってリーダーシップを取れる政治家がいませんねぇ。
   自分の次の選挙や後継者などを考えず、国民の将来を自分より優先して考える人に政治を任せたいものです。


最後はちょこっとグチってしまいました

昨日のテレビ東京 モーニングサテライトで、ジム・ロジャースがインタビューに答えて、今後5年から10年で「日本は生活水準の低下を受け入れざるを得ない」と言っており、私もそう思います。
...政治の無策が残念ですが

そうした暗い未来に備えるためにも、いまから金融を知っておく必要があると思っています。
今日はFXに興味のある方が6名ほど集まっていて、話を聞きたいとのことで、これから外出です。
金融に興味を持つ人が増えるのは良いことだと思いますし、私でお役に立つなら協力したいと思っています。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ