ユーロへの信任

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


先週はよく動くマーケットでした。
特に木曜日は、深夜3時過ぎに目が覚めて(年寄りってことじゃありませんよ)マーケットを見ると、急落してました
マーケットのニュースでは、NYダウが300ドル安、400ドル安とどんどん下がり、合わせて為替も急落
売りたいところでしたが、5EMAから離れて急落していたので、虹色のルールに反するので入れず、キープしていたユーロドルのショートの利が伸びるのを見ているだけでした。

チャートはユーロドルの4時間足です。
20100510eurusd4h.gif
私が今月最初に売った5月3日から美しい虹が出始め、そのまま木曜まで下落しています。
その後、先ほどの急落後戻していて虹は乱れているので、トレードはしていません。

ユーロドルは順調に落ちて、儲けもしたのでそれは良いのですが、驚いたのはユーロ円をはじめとするクロス円でした。
チャートはユーロ円の4時間です。
20100510eurjpy4h.gif
ユーロ円は5月4日ぐらいから下落していて、3日以前は動きがないように見えます。
しかしこれは、木曜の下落が急激で大きかったため、3日までの動きが小さくなって見えるだけで、実際は普通に動いていた訳なので、今回の急落がいかに凄かったかを物語っています。
ちなみに縦線を引いた5月3日の位置をずらしたチャートでは...
20100510eurjpy4h2.gif
このようにユーロ円も普通に動いているわけで、木曜の下落がいかに凄かったかがわかります。


さて、このユーロの下落ですが、もはやギリシャの問題ではなくなっていると思います。
単一共通通貨・ユーロそのものに対する信任の問題ではないでしょうか?

2月12日のブログでも、「そうでなくてもバラバラの国がユーロという1つの通貨を使ってるだけでも大変なのに、他国の借金を誰が負担するか、そんな余裕があるのか、でもしないとユーロの信用が落ちていく、袋小路に入って行っているようにも思えます。」と書いていて、ユーロ安の根本は、この制度自体にあるのかもしれません。
...だったら、ずっと売り続けてろ! って声も聞こえそうですが、私にはできません。
   ビビリーなんで、絶対行ける!って時しか入れないんです

今日もユーロ圏諸国の緊急会合が開かれていて、今回のギリシャの様な事態に備える欧州安定基金の設置や、場合によってはECBによる国債買い取りなどが検討されているようです。

こうしたユーロ圏諸国の政策によっては、今後も大きく動くことが予想されますので、ユーロには注目ですし、YEN蔵さんやだいまんさん、西原宏一さんといった為替市場で長年活躍されたプロの方々のブログを参考にされるのが良いかも知れません。(私はいつもファンダメンタルズの勉強をさせてもらっています)


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ