少し長めの円の動き

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


昨日はブログ公開後に円安方向に進み、予定通りだったのですが、19時過ぎにギリシャ国債とドイツ国債のスプレッドがユーロ導入後最大の500bpに拡大、またギリシャが支援策を発動させるとのニュースもあり、一気に円高、リスク回避モードになってしまいました。
...Twitterでは、昨夜20時過ぎに円安方向は撤退と書きました。

アテネでのEU、IMF、ECBとギリシャ当局のミーティングは2週間ぐらい続くとの情報もありますが、昨夜のように不確定な噂レベルで一気に動くということは、マーケット参加者の多くがギリシャはいつ支援を要請してもおかしくない状態だと思っていることの表れだと思います。

こうした状態では、常にリスク回避の動きがはじまるリスクを認識して、早めに決済したり、ストップを建値にして損失を回避するようにした方が安全だと思います。

さて、このようなリスクがありつつも、ドル円は上向きで、クロス円も円安方向だと思っています。
チャートはドル円の日足ですが、いつもより少し細かくして長期間を表示しています。
20100422usdjpy1day.gif
ドル円は昨年の秋から88円から93円ぐらいのレンジの中にあり、92円30付近で何度か抑えられていましたが、3月下旬の上昇でここを上抜けした後、現在は下げています。
相場の教科書的には、これまでの抵抗線のレベル(92.30付近)が、抜けた後は支持線になる、わけで、今回もこの92円30付近のレベルでサポートされるかに注目しています。

私はギリシャ問題などで一時的に下抜けすることがもしあっても、長期でみれば基本的には円安だと思っています。
...ただ現在はまだレンジを抜けきってはいないかもしれませんが

同じドル円日足チャートを直近付近で拡大すると
20100422usdjpy1day2.gif
このようになり、日足の5EMA10EMAは重なっていますが、ここで上昇して5EMAが上に来ると、日足でも虹が完成し、上昇が予想されます。


ドル円が上昇して、上向きの流れができてくるのか?
再び戻されて、レンジになってしまうのか?

この辺に注目したいと思っています。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ