スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円の動き

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。
 4月10日(土)のオフ会の詳細は、こちらのページをご覧下さい
 現在、私のところには5名の参加のご連絡を頂いています。 じっくりお話ができると思うので、楽しみにしています


先週は日本の期末を控えて円高が予想されるなか、24日(水)からドル高円安となりました。

日足チャートで見ると、ドル円が大きくドル買いに動いたのは2回目で、昨年12月1日と、今回の3月24日です。
20100329usdjpy1day.gif
12月1日は、ドル円が84円台となり、日銀が臨時の金融政策決定会合を開催し、10兆円の新型オペによる量的緩和措置を発表した日です。
ドル円はこれをきっかけに84円台から93円台まで上昇しましたが、一方で12月8日にギリシャの格下げからユーロドルが下落し、ドル買いの流れが強まったことが影響しているかもしれません。

チャートをよく見ると、金融緩和の直後は急騰しますが、すぐに戻され、その後再びドル買いとなって93円に向かっています。
こうなると、金融緩和の効果は最初の数日で、あとはユーロの下落によるドル買いの影響が強かったのかもしれません。

そこで今回を考えると、日銀は3月17日の金融政策決定会合で新型オペを20兆円に拡大しました。
この量的緩和の拡大で円が売られたなら、18日か19日にもドル円は上昇していいはずですが、今回は24日に急上昇しました。

これを4時間チャートで見ると
20100329usdjpy4h.gif
3月17日は反応せず、24日に急上昇しています。
これを見ると、やはり日銀の量的緩和はマーケットに影響しておらず、24日のブログで、書いたように、不美人投票でドルを買っただけかもしれません。


そのように考えて、もう一度先ほどの日足チャートを見ると、
20100329usdjpy1day.gif
上は93円70付近、下は87円30付近のレンジなのではないかと思っています。

そう考えると、日足では虹になっておらず、特に100EMA75EMA50EMA35EMAが密集してずっとほぼ平らで方向感がないことからも説明がつきます。
...ただ、ブレークするときはこうしたフラットな密集状態から動くものなので、わかりませんけどね

今後のドル円は、まず93円70ぐらいを上にブレークして上昇し、95円、100円を目指すのか、ここをブレークできず再び下落して90円割れに向かうのか、だと思ってますが、私はやはり下方向の可能性が強いと思っています。
また日足チャートで突出感のある24日の陽線を見ると、ひとまず90円付近までは戻るように思えます。

1時間足で下落サインが出たら、売りで行こうかと思ってます。
虹色チャートの予想通りに行くのか、注目したいと思っています。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。