スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロか、ポンドか

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。

先週半ばから、これまでのユーロ安の展開が、ポンド安に変わってきているようです。
強いのは円、ドルで変わりませんが、こちらもユーロドルが戻ると、ドル買いからドル売りに変わり、円だけが強くなる可能性があります。

3月は日本の年度末でもあり、日本版HIAもあり、大きく円高に傾くかもしれません。

私は先週からポンド売りスタンスです。
ポンドは23日にBOE(英国中央銀行)のキング総裁が議会のインフレにカンする公聴会で「景気は脆弱」、「下振れリスクがある」などの発言から量的緩和の可能性が考えられ、売られています。
この辺でマーケットの狙いはユーロからポンドに変わったかもしれません。
...私は虹色チャートで判断していますが、背景にある指標や発言をチェックするもの大事ですね。

個人的には金曜に決済しそこねて、久々に週末持ち越ししてしまったポジションもありますが、利は増えているので、結果オーライでしょうか

チャートはポンドドルの日足です。
20100301gbpusd1day.gif
一目瞭然ですが、日足でも虹が出ていて、下落の流れになっています。
ただ注意点は、日足の赤ラインから離れていることです。
2月25日のブログでも同じ指摘をして戻りを予想しましたが、この日は下落が強く、昼前に追記で予想を訂正しました。
今日はどうなるかわかりませんが、戻っても日足ライン程度と見ています。


先々週まではユーロ売り一色だったのですが、先週からユーロネタにマーケットが反応しなくなり、一方で火曜のキング発言でポンド売りになってきました。
チャートはユーロポンドの日足です。
20100301eurgbp1day.gif
...私はユーロポンドではほとんどトレードしませんが、ユーロとポンドの関係を見るために常時チャートを表示しています。
ここでもユーロの一方的な下落は止まっていて、先週からユーロはポンドに対して上昇していることがわかります。

おそらくユーロの問題は3月16日の財政再建計画の提出期限か、3月9日のオバマ大統領とギリシャ首相との会談、または3月4日のECBトリシェ総裁の会見まで膠着すると思ってます。

今週は、今夜米国のISM製造業景況指数、明日はRBAの政策金利、水曜はベージュブック、木曜はBOEとECBが政策金利を発表、金曜に雇用統計と、イベント盛りだくさんです。 特に木曜のBOEは政策金利の変更より量的緩和に注目だと思うので、そこまではポンドは弱いかもしれません。

いずれにせよ、なるべく良いタイミングで入り、損を出さないようにしたいと思っています。


ではまた

...この頃、コメントや拍手が少なくなってきて、チト寂しいなぁ...みんな飽きてきたのかなぁ...




コメントの投稿

非公開コメント

5分&15分の虹足

田向さん(サイト管理人)、

いつも拝読させてもらっています!
先週より、ドル/円ロングのポジションと格闘しています。(混沌とした状態の時に、ポジションを持ってしまいました。)でも月も変わったので、心を新たにして取り組んでゆきます。)

ポンド/ドルはもう一段行けそうですね!注目しています。もうかなり下げているので、エントリーのタイミングも、慎重にゆきたいです。
エントリー時において、5分虹&15分虹の観察で、田向さんが気を付けている点はどのようなことですか?

佐々木より、

こんにちは

ポンドドルは、だいぶ利が乗っているようですね。

うらやましい。

僕は、ポンドドルが朝から戻って、また下向きになったのを見て売りました。
利が+30pipsになったあとに、ストップを建値に入れました。

あとはのんきに見ているだけなんですが、ちょっと建値にストップを入れるのが早すぎかなとも思っています。

この辺も、難しいですね。

まあ、ストップに届いたら、またやり直しと考えて次のチャンスを待つつもりです。

今月もよろしくお願いします。

NO TITLE

こんにちは。
先日コメント欄に書き込ませていただいた際にはお返事をいただき、ありがとうございました。

月初めは仕事が立て込んでいることもあり、チャートを見ながらエントリポイントを見極めるシミュレーションを行っています。

虹色様はユーロはしばらく膠着と見られているとのことですが・・・

ユーロドルのチャートを見ていると、日足は20EMAにタッチして(ちょっと超えたけど)下落、4時間足は100EMAにタッチして下落、1時間足は1.3690辺りで二度頭を押さえられています。

こういう場合、15分足がデットクロスしそうなので、これを確認し、DCの次の足がどちらに行くかを見て、もし続いて下落ならユーロのショートでエントリ、ということで考えています。ストップは資金に余裕があれば1.3690近辺の二度頭を押さえられたところ、としたいのですが、資金に余裕がなければ20pipsマイナスになったところで一度やめる、とするかも知れません。

こういうプランはいかがでしょうか。それともやはりユーロドルは1時間足が乱れているので、ここが虹になるまで手出し無用、でしょうか。

お時間のあるときにアドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いします。

Re: 5分&15分の虹足

佐々木さん、こんにちはi-88

今日のエントリーで飽きられた?なんて書いてしまったので、i-229
早速、コメント頂き、ありがとうございます。
...佐々木さん、優しいですねi-179


ドル円のロングをお持ちとのことで、気になります。
良いタイミングがあれば、建値で逃げた方が良いかもしれません。
ドル円は日足がe-491虹になりつつあり、89円50付近を上抜けないと戻りは厳しそうです。 また、3月年度末もあるので、ドル円の下落には気をつけた方が良いかもしれません。

私はドル円の下落を予想し、ポンドはポンド円を売りました。
...チャートはポンドドルでしたけどね。
ただ、ブログに書いたように戻りもあるかもしれませんので、ひとまず建値ストップにしています。

さて、ご質問の5分足と15分足ですが、エントリーではどちらもが同じ向きに虹になることを条件としています。 少し大きな玉が出ると、5分足はサッと動きますが、それは一時的なものかもしれません。 継続的な流れになれば、きれいなe-491虹になるはずなので、あわてず、そのタイミングを待つようにしています。
もちろん、より長い時間のチャートと方向が一致していることが条件です。

よって、たとえユーロドルが戻したり、ドル円が戻しても、買いはしません。
長期の流れがまだ下落だと思っているので、戻り売りが基本と考えています。

今週はイベント目白押しで要注意ですね。
お互いに、慎重に、でも取るときはしっかり取りに行きましょうi-185

コメントありがとうございましたi-197

Re: こんにちは

dannさん、こんにちはi-179

お気を使わせてしまいました。
コメントありがとうございます。

金曜からポンド円を売ってますが、一時は100pips以上利が乗りながらも、チト目を離したら戻されてしまい、週末持ち越してしまいました。
今日はブログにも書いたように戻しもありそうなので、建値で終わって儲けは出ないかもしれません。 ま、それでも損はないので、ヨシとしますi-229

dannさんもポンドドルを売ってらっしゃるのですね。
ポンドドルも日足でもe-491虹ですから、ストップは建値か、20EMAの上がいいと思います。 中途半端なストップだと、ストップだけ狩られ結局下落という事態にもなりかねないので、戻されて不安なときは日足のe-491虹を見ながら、ここで買いあがれるか?と自問するのが良いかもしれません。

もしストップにかかっても、建値ならまたやり直せばいいですからね。
あせらないアマチュアが、結局は儲かるアマチュアだと思ってます。

今月は年度末で動きそうです。
今月も宜しくお願い致します。

コメント頂き、ありがとうございます。
dannさんの心優しさに触れた気がしました。

ではまたi-88

Re: NO TITLE

chogcさん、こんにちはi-179

コメントはいつでも大歓迎ですので、気がついたことがあれば何でもお書き下さいねi-197

シュミレーションはとても大事だと思います。
特に本業が忙しいとき、片手間で安易にポジションを作るのはお勧めしません。
そうしたときはシュミレーションかデモトレードが良いと思います。
その意味で、chogcさんは堅実ですi-197

ユーロドルは、1.3450付近で下落が止められ、ひとまず膠着と見ています。
これは、ここまで強かったドルが弱くなってきているとも考えているからです。

ドルの公定歩合引き上げから早期の利上げ期待と、ユーロ不信でユーロドルは下落していましたが、米国経済指標は弱くなってきており、利上げ期待も遠のいていて長期金利も下落してきています。 またユーロ不信は動きがなく、ドルが弱くなった分、ユーロドルは少し戻して膠着と見ています。

ただ1時間足は5EMAと10EMAがデッドクロスしており、e-491虹色では買い方には撤退サインを出していますから、少し下落するかもしれません。
それでもどこまで落ちるか予測できないので、当面は1.3700から1.3450のレンジかもしれません。

e-491虹色の提唱者としては、ここはセオリー通り様子見と考えていますが、どちらかと言えば売りでしょう。 買いはちょっとできませんね。

ただ個人的にはe-491虹色のルールに反した場合、損失となる確率が急上昇するので、私は待つ方が良いと思いますし、もし売るなら20pipsのストップは中途半端なので、1.3700の前後に置いた方が良いと思います。

ご参考になれば、何よりです。


コメント頂き、ありがとうございました。
お心づかい感謝ですi-179

ではまたi-88

こんばんは

月刊 FX攻略.com に20EMAのストップが書いてありましたね。ユーロ円はもう少しだけ戻しそうな気がして、待ちで~す。先週はFXDDが何度も止まってしまって、乗れませんでした~。ドル円の日足はこれだと幅がないので虹とは判断しませんか?

明日は

Re: こんばんは

香織さん、こんにちは
コメント頂き、ありがとございます。

20EMAのストップは、単純で分かり易いストップとして、雑誌でもご紹介しました。
誰でも一目瞭然で、わかりやすいのがいいと思っています。

本当は、チャートからストップポイントを見つけるのが良いのですが、アマチュアは損を少なくしたい意識が働いて、狭いストップになりがちです。
そこでマーケットになれるまでは、20EMAが有効だと思ってます。

ドル円の日足は、下向きのe-491虹になりつつあると思いますが、今日は日足5EMAから離れているので、少し戻していますが、基本は下落と思っています。

このドル円は88円55がひとつの節目なので、このまま下落してこのラインを超えるようだと日足のe-491虹も美しくなると思います。

私個人としては4時間が下向きのe-491虹になっているので、ドル円はショートのスタンスで、1時間足やもっと短い足でタイミングをみてトレードしたいところです。

コメント頂き、ありがとうございます。
またお気軽にコメントして下さい。

ではまたi-88

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。