ドル買い・円買い

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。

昨日は私にはよくわからないマーケットでした。
私はブログでクロス円は戻る?と書いたように、もう少し強く戻ると思っていましたが、下落の流れは強く、それほど戻りませんでした。

では下がるのか、というと、そうでもなく...昨日は方向感が見えない1日で、1時間足などでも上や下にヒゲが多くでていることからも、上げっても抑えられ、下がっても戻されという状況だったようです。
...みんな迷いながらトレードしてたのかなぁ...

さて、そこで今日の動きですが、中期的なドル買い・円買いの流れは継続していて、方向は基本的に下だと思っています。
しかし、虹色チャートでは、昨日同様、若干の戻りを示しています。

チャートはポンド円の日足です。
20100225gbpjpy1day.gif
今回と前回(2月5日の下落後)は、大きく下落したあとローソク足が5EMAから離れていて空間ができています。
(※グリーンの部分)
前回はその後戻りの流れになり、そこから今回の下落に繋がっています。

火曜の下落は前回ほどではありませんが、昨日は予想に反して戻らなかった分、今日あたり戻る可能性もあると思っています。
...今日は火曜の下落のきっかけとなった、BOE(英国中央銀行)キング総裁が講演をするようです。

しかし、基本は下落に変わりありません。
この日足チャートでも、明確に下向きの虹が出ています。
戻る可能性を意識しつつ、基本は売り。 できれば戻ったところで売りたいと思っています。


昨年末からのユーロ主役の相場ですから、ユーロ円も見ておきます。
20100225eurjpy1day.gif
こちらも日足ですが、火曜日に下落しましたが、ポンド円ほどチャートに空きがありません。
ユーロ円も前回(2月5日)の下落後はチャートに空きができて、その後戻していますが、今回はどうでしょう?

ユーロドルの下落が強い分、ユーロ円のチャートも下落が強く、ポンド円ほど空きができていないのではないかと思っています。


ユーロドルについてはチャートは出しませんが、迷いなく下を向いています。


これらから、基本的には、ドル買い・円買いと思いますが、現在が当面の下値圏でもあることから、短い時間のチャートも見つつ、タイミングに気を付けたいと思っています。

ではまた


追 記
今朝からの円買いで、ドル円・クロス円は下落。
このため今日のブログで書いたポンド円・ユーロ円の日足5EMAとの乖離も正午現在では埋まってしまいした。

このようにローソク足が赤ラインに戻る場合と、より強い方向性からラインの方が追いかけてくる場合があります。
この辺の見極めは難しいのですが、こうしたときは5分や15分などの短期のチャートを併用すると良いと思っています。

12時13分に追記しました。

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

おはようございます。

今日も、なんだか手出しはできないような感じなんでしょうか。

チャートを見ると、ポンド円が、日足、4時間足、1時間足と虹が出ているようですが、日足の5EMAと離れているように見えます。

やはりこのような時は、虹のセオリーとしては、戻るまでじっと我慢なんでしょうね。
最近は、あまり前のめりにならずに、我慢する事が相場の世界において大事なんだとわかってきました。
前は、1時間足で虹が出ようものなら、あわててエントリーしてました。儲け損なうなんて思って。はは。

最後にちょっとお聞きしていのですが。
田向さんは、具体的には、どの程度5IMAとローソクが離れた場合に、離れすぎと判断されるんでしょうか?

もし差し支えなければ、教えていただきたいのですが。


Re: NO TITLE

dannさん、こんにちはi-179

昨日はよく動きましたね。

さて、ご質問ですが、日足でもe-491虹となっているペアが多くなってきました。
ユーロドル、ポンドドル、ユーロ円、ポンド円は下向きの日足のe-491虹が出ています。

ブログにあるように、ドルと円が買われ、ユーロとポンドが売られる展開で、このためドル円はどちらも買われていて動きが遅いので日足ではe-491虹にならず、ユーロポンドもどちらも売られていて動きが遅く日足ではe-491虹になっていません。

こうなると、ドルか円を買い、ユーロかポンドを売る展開です。

さて、ご質問の5EMAとの乖離ですが、数値では計れないと思ってます。
この日のブログのように、離れていると思っていても、レートが落ちていけば近づいてきてしまいます。
これはEMAが終値で算出されるからで、日足なら1日が終わった時点で日足5EMAの位置が確定します。(1時間足ならその1時間が終わった値で確定します)
...この辺はForexRadioで話したと思います。

このため5EMAが、離れていると思っていても、本日追記したようにそれ以上に値が動くと5EMAの方が近づいてくる、ということが起こります。

つまり、e-491虹を上手に使うには、1つの時間足のチャートだけでなく、いろいろな時間帯のチャートを見て、使った方が、マーケットを捕らえやすくなります。


ただ、それにはマーケットの動きの理解や経験も必要になるので、分かり易いタイミングとして4時間と1時間のe-491虹を確認の上、1時間の5EMAでのエントリーをお奨めしています。

dannさんが焦らず、待てるようになった、というのはとても良い方向への進化です。
多くのアマチュアは焦って入って損を出します。
e-491虹色は慌てず、みんなが動いてから入りますから、まずは慌てない心ができるのが大事ですi-179

そのうち、コメントを頂く方など、連絡先のわかる方で、こうした疑問や生の声にお答えできるように、内輪の勉強会を開こうかと思っています。
...やはり文字だけで伝えるのは難しい部分もありますので、いろいろ試してみようと思います。


ではまたi-88

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ