日本GDPはプラスでしたが...


FX
へようこそ

アマチュアの私には、経済指標や要人発言の影響もなかなか判断できません。 またプロのように実需の動きを知ることもできません。


ですから、あくまでチャートだけからトレードタイミングを判断する材料として、7本の移動平均線の動きに注目しています。


森羅万象を反映する値動きの結果から、誰もが買う場面で買い、誰もが売る場面では売る、そのタイミングが虹のかかるタイミングだと思ってます。



さて、昨日発表された日本のGDP(4-6月期)は、年率3.7%という大幅なプラスで、楽観ムードとなるかと思いきや、日経平均は328円安、NYダウも186ドル安と大幅に下落。


期待で買って、事実で売る、ってのはこういうことでしょうかねぇ



さて先週はお盆休みでしたし、海外のディーラーも休暇を取るシーズンで市場の流動性は低く、思わぬ動きを警戒していましたが、そんなでもありませんでした。


金曜日にはクロス円が下落しましたが、私は警戒感から乗りそこね、昨日月曜になって後追いしました。


チャートは、ポンド円の1時間足です。
gbpjpy

8月14日(金)の15時(チャートでは9時)には、7本のラインがきれいに並んで下落しており、この157.80付近からは、十分に売って良い流れになっています。


...しかしながら、わたしはお休みしてたので、乗れず...


週明けの昨日17日も引き続き、きれいに虹がかかって下落しており、私は156円台半ばから参戦して、1円ちょっとを抜きました。


その後結局本日午前3時(チャートは21時)に一番下のラインが次のラインに接近したあたり(154円10付近)までが、安心して乗れるタイミングだったと思います。


金曜から参戦していれば、ゆったり3円50銭ぐらい抜けたので、出遅れが響きました。
しかし、慌ててエントリーして損するよりも、流れが出来たのを見極めてから入り、終わりそうならサッサと出るのが、アマチュアが損をしないコツだと思ってるので、これでいいかな




この後、再び下向きにラインが整列してきれいに7本が並ぶようなら、売りで参戦しようと思いますが、日足チャートを見ると、152円台付近には抵抗線もあるようで、下値は限定的と思ってます。


いずれにせよ、再び7本が並ぶチャンスが来たら、参戦したいと思います。





コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ