スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギー充填

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


昨夜は、予想通り動かず静かな1日でした。私もゆっくり寝ることができました。
私が普段チェックしているブログも昨日はあまり更新されず、みんなお休み?という感じでしたね。


さて、その間にもギリシャ問題で揺れるユーロ圏では財務省会合などが開かれています。
昨日、今日の予定でEU諸国やユーロ圏諸国の財務大臣が集まり、ギリシャ問題を協議しており、マーケットはこの問題に注目しています。
今夜あたり、ギリシャ支援の具体策が出れば、一気に反転ユーロ買いとなるでしょうが、特に具体策が出ないと、ユーロ売りが加速するかもしれません。

チャートは順にユーロドル、ポンドドル、ドル円の1時間足で、ドルストレートの動きから為替市場の状態を見てみたいと思います。


まずはユーロドルの1時間チャート。
20100216eurusd1h.gif
ユーロドルは下落の虹が出ていましたが、しばらく動かないため、下にある短いEMAが重なってきています。 ここから下に放たれるか、反転して上に行くかに注目です。


次はポンドドルの1時間。
20100216gbpusd1h.gif
ポンドドルは、7本のEMAが全て重なり、全く方向感がありません。
このように、方向感のない状態が続くと、相場はどちらかへ動き出すときに大きく動きます。
こうした膠着状態は、相場のエネルギーが貯め込まれている状態で、このような場面の後は要注意です。
...NR7(Narrow Range of 7bars または7day)とも言われる状態です。


そして、ドル円の1時間足。
20100216usdjpy1h.gif
ドル円もユーロドルと似ていますが、こちらは緩やかに上昇。
つまり、ユーロドルで緩やかにドル買い、ドル円でも緩やかにドル買いとなっています。


これら3つのチャートから、いずれも虹が明確になっておらず、方向感がなく、相場のエネルギーが蓄積されている状態であることがわかります。
今週は、何らかのきっかけで大きく動き出す可能性が高いので、動きだしで慌てて飛び乗らず、流れを確認してから落ち着いてトレンドについていきたいと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

田向さん、

こんにちは!
当方は豪ドル/ドルのロングを仕込んでいますが、上に行く勢いもあまり強くはなく、このポジションは気長に待ちます。
ドル/円も今しがた少し落ちてきましたが、本当に下に行きたいのか良く分かりません。
(89.90あたりにショートカバーもあるようですし…)
他の組み合わせについても虹を忍耐強く待ちます。

佐々木より

Re: NO TITLE

佐々木さん、こんにちはi-179

ドルの動きがポイントですね。

豪ドルは今朝のRBA議事録で、また利上げ期待が出て買われていますが、
一方でドルもFRBの出口政策が始まりそうで買われそうです。
さらにリスク問題が出ると円買いになりやすく、当面方向性がないようです。

豪ドルは0.8920を越えてから考えます。
ドル円は下が89.56、上が90.40ぐらいでしょうか。この辺を抜けないと動けません。

このようにどの通貨も方向感が出ないで、バランスしているときは、
この均衡が崩れると一気にいきそうです。

ユーロか? ドルか? 豪ドルか?
何がきっかけでマーケットが反応するかは予想できないので、
動き出したら私は、動き出したら乗りたいと思いますi-229


ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。