スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロス円の下落期待

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。

朝方、一気に円高になりましたが、今は戻しています。
虹色チャートでは、赤ラインから大きく離れた動きだったので、戻りを待っています。 十分に戻って、落ち始めたら売りたいと思います。

さて先週から注目のクロス円ですが、今週も下落傾向だと思われます。
ユーロドル、ポンドドル、オージードルなどのドルストレードはドル買いで下落。
ユーロ円、ポンド円、オージー円などのクロス円も下落ですが、ドル円の方向が定まらないため、一時的には急激に戻されるかもしれません。 エントリーのタイミングやストップの設定に注意したいと思います。

チャートはユーロ円の日足です。
EURJPY1day
一目瞭然
きれいな虹が出ていて、赤ラインに沿って、下落中です。

このような、誰もが売っている相場では、荒っぽく言うと、どこで売っても利が乗るはずです。 よほどの事が起きないと、急激にV字に反転上昇することはないでしょう。

お奨めはここでも、赤ライン付近で待っていて売るのが良いと思います。
持ち越すのがキライな人は50pips~100pipsで利益を確定させても良いでしょう。


ただ、先ほど書いたようにドル円の動きには注意しておく必要があると思います。
チャートはドル円の日足です。
USDJPY1day
こちらも一目瞭然で、虹は出ていません。
7色のラインが糸のようにからんでいて、方向性がありません。

当然ながら、虹色FXでは、このようなチャートの通貨ペアでトレードは禁止です。
方向性がわからないのにトレードするのは、ただの博打だと思うからです。

ドル円に関しては、ますは昨日の高値安値のどちらに抜けるかを見極めるのが重要だと思っています。
...個人的には今日のピボット90.25を付けてからの動きに注目しています。


今週は月初で金曜には、米国雇用統計の発表があります。
ここで失業率やNFPの改善が見られると、FRBの低金利緩和の観測が強くなり、さらにドル買いになりそうですね。

今月も損失リスクを抑え、誰もが売れば、売り誰もが買えば、買うというスタンスで、虹のサインの通りにトレードしたいと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

こんばんは。

今日は、ちょっと質問がありコメントさせていただきました。

赤ラインのことです。

田向さんが、赤ラインから離れているから
赤ラインまで、戻ってからとお話をする場合の赤ラインとは、日足で見る赤ラインでしょうか?

それとも、1時間足、4時間足。
もしくは、その全部なんでしょううか。

もしさしつかえがなければ、教えていただきたいのですが。
ずうずうしくてすみません。

僕は、今日は、午前にユーロドルを戻りを売って
損切り。
厳しい月初めです。

今は、豪ドル円の売りですl。
厳しいです。はは。

Re: NO TITLE

dannさん、こんばんはi-179

ご質問の件ですが、赤ラインはe-491虹のある時間をみんな見ます。
例えば、1時間足でe-491虹で売ろうと思う。
そこで4時間足を確認して、赤を付けていなければ、
この4時間の間にそこへ上昇する可能性が高いということになります。
よって売りを待つか、売っても建値でチャラパーできるように準備しておきます。

もし日足の赤からも大きく離れていれば、同様にそこへ戻る可能性がある、ということです。

私は今日、ユーロ円を126円ぐらいで売りたいと思ってました。
これは日足の赤を考えてのこと。
実際はそこまで上がりませんでしたが、下がりもしてません。
マーケットの1日はあと9時間あるので、この9時間の間に日足の赤をつける可能性があります。

ひとまず指標発表もあるので、それらを含めて様子見してます。
マーケットはなかなか簡単ではありませんね。
先のことは誰もわかりませんからi-229

ではまたi-179

NO TITLE

お返事ていねいにありがとうございました。

僕がユーロドルを売ったポイントは日足では、だいぶ赤ラインから離れていました。
いけないポイントでしたね。

Re: NO TITLE

dannさん、おはようございます。

> いけないポイントでしたね。
1時間か、4時間の赤ライン付近なら、いけないポイントではないのですが、日足の動きも意識しておいた方がよかった、ということだと思います。
下落が強ければ、日足の赤を付けずに50pipsぐらい下落することはあります。

ただ、ユーロドルは近ごろ下落して勢いが付いていたので、戻された、というところではないでしょうか。
日足チャートの1月21日から23日の動きと昨日が似ていることがわかると思います。

相場で勝つには、待つことが大事だと思います。
あらゆる要素を考え、それでも行ける!というシナリオを描いておく。
そしてそのタイミングを待つ。
そのシナリオの道具がe-491虹のラインと思うと、もっと儲けやすくなると思います。

頑張って下さい!
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。