スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想をするな!

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左のカテゴリをご参照頂ければと思います。

先週金曜日は、焦点の米国雇用統計がケタ違いに良く、ドル円は急騰
レジスタンス・ラインも超えて90円76付近まで上昇しました。

下落を予想していた私は、当然売れず、かといってドテンして買いもできず、見守るだけでした。
ま、急変場面でも損をしないのが大切なので、これでヨシとします

チャートはドル円の週足です。
USDJPY1week
先週の足は、先々週のドバイショックで下落した分を全部埋めて、それ以上に上昇しています。
...突出していると言ってもいいくらいの上昇です。

こうなると、先週と先々週の2本を合成すると、長~い下ヒゲをつけた陽線となり、週足では上昇サインとなります。

続いてのチャートはドル円の4時間足です。
USDJPY4h
4時間足でこれだけ上昇していますから、かなりの急騰だったと思います。

過去はさておき、問題はここから先です。
ご覧のように4時間チャートはまだ虹になっていません。
今回の上昇が一時的な動きなのか、ドル高円安の流れに変わるのかは、この4時間チャートの虹の有無で判断したいと思っています。

もし、このままドル円が上昇し、4時間チャートで虹が出るようなら、円高の流れが変わるかもしれませんし、それには先週の日銀の資金供給による短期金利の逆転が効いているのかもしれません。
...もし本格的にそうした流れになるなら、白川さん、さすがです!と拍手ですね

いずれにせよ、もうクリスマス休暇を取っている人も増え、マーケットはお休みモードになりつつあります。
このような薄いマーケットでは、より安心できるデータで取り引きする方が安心なので、私は4時間と1時間のサインを見つつ、慎重にトレードしたいと思います。

最後のチャートはドル円の1時間です。
USDJPY1h
12月4日(金)の1時間チャートは、5-10-20のEMAが接近・重複し、上値を抑えられて状態でした。
私は、ここから下落して、1時間チャートが下向きの虹になることを期待していましたが、雇用統計であっさり裏切られ、急騰。

「相場の天底は相場が決める」という言葉を思い出しました。
自分で勝手にそろそろ天井などと予想してはダメですね・・・予想はするな! ですね

誰もが買ったら買い誰もが売ったら売る、これに徹する方が良いように思いました。
もっとも、予想でポジションを取ることはなかったので、今回は損をせず(利も出せず)で良かったと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。