FC2ブログ

ドルスイスとチャートの読み取り

4月18日(水)

本日の西原メルマガにも寄稿していますが、スイスフランが売られています。
  西原宏一メルマガ シンプルFXトレード
  西原宏一メルマガ FXトレード戦略指令

私の最新書籍でご案内している、Dinapoli(ディナポリ)チャートと、ダウ理論は、毎日配信の上記メルマガで解説していますが、今回は、その一部、ドルスイスについて、こちらでも掲載してみます。

チャートはドルスイスの日足で、Dinapoliチャートです。
usdchf d
色の帯で示しているのが、それぞれのレンジで、青と赤の矢印はレンジブレイクです。
USDCHFは1月から2月を底に下落の動きが反転して上昇してきています。
そして上昇の動きも一気に上がるのではなく、日々形成されるレンジと、その上抜け(レンジブレイク)を積み重ねて、上昇トレンドになっていることがわかります。
・・・メルマガではこうしたチャート解説を毎日配信していますし、質問にもお答えしています。

こうした相場の値動きの基本がわかると、取引のタイミングとしてレンジブレイクで買っていくことはもちろん、レンジの下限に近付いたところで買いを入れれば、損切り幅を小さくできます。
またディナポリ日足と組み合わせることで、トレンドが2月ぐらいに下落から上昇に転換していることも、複数のテクニカルで確認することができ、相場の変化を早い段階で確率高く見つけることができます。

ただ、それには基本となる考え方を熟知して、何度も相場を見ることが必要です。
私はテニスをしていますが、錦織圭選手と同じラケットを使ったからと言って、同じようなプレーができるわけではありません。
もし、そう思う人がいるなら、現実を知らないか、夢想家でしょう。
・・・ちなみに私はロジャー・フェデラーのモデル(同じではない)を使っています

あちこちで書いたり発言しているように、「FX=技術」と考えているので、誰でも適切な方法を取ればある程度の利益を得ることはできると思っています。
しかしそれは、錦織圭のラケットを買って、日々練習をすれば、ある程度打てるようになる、試合ができるようになる、ということと同じで、買ったその日から急激に上手くなるわけではありません。・・・当然ですが

ですから、最初の書籍 臆病な人でも勝てるFX入門で書いたように、練習してデータを取ることが大切です。

そうしたデータを取る元となる知識として、拙著やメルマガを参考にして頂ければ幸いです。

また、前回のブログ エントリーで触れた、トレイダーズ証券さんで開催したセミナーの動画がYoutubeにあります。
こちらは、自身初のWEBセミナーで多少緊張しつつ、不慣れな解説と同時進行するチャット欄で混乱しつつだったので、あまりお勧めではありませんが、虹色チャートと、相場への考え方をお話ししているので、ご興味のある方は、温かい目ご覧ください

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ