初心者のオリジナリティ

3月7日(火)

マーケットは先週金曜日(3/3)のイエレンFRB議長の発言で、3/14-15のFOMC(連邦公開市場委員会)での利上げが見込まれるものの、金曜日は発言後にドルは売られ、膠着しています。

週末に会ったFX初心者の方からは、「金曜日って、その週の動きが少し戻ったりするので、ここを狙うのはどうでしょうか?」という質問を受けました。

私は、それで儲かったことがあまりないので、特にお勧めはしませんが、そうしたデータがあるならやってもいいと思います。
ただ、こうしたトレードは、短期的な逆張りを狙うわけで、基本的にはお勧めしません。
だったら、そうした動きで下げたところで、流れに乗ってを買う方がいいと思うからです。

この方は、私の本もお読み頂いているのですが、なぜか、自分のオリジナルの儲け方を探してします。

FXには、様々な利益の取り方がありますし、やり方は無限大だと思います。
ただ、それは基本を知った上で考えるべき、というのが私の考え方です。

例えば、テニスにも基本的な打ち方(フォアハンドとか、バックハンドとか)があります。
ラケットを握って、自己流で打つのは、普段テニスをしない人がたまたま訪れた旅行先などで時間つぶしに、ワー!キャー!とやる場合ぐらいで、上達しようと思う人は、基本のレッスンを受けますし、コーチをつける人もいます。
その基本を知った上で、自分の体力や骨格・筋肉の付き方などから、より自分のパワーを活かせる方法を身に付けます。

これは他のスポーツでも同じでしょう。
テニス上級者の友人は、「アマチュアが自己流でやって上達することはない
それは「結果を問わない、ただの自己満足に過ぎない」と言っていて、
確かにそうだなぁ、プロと同じラケットを使ったりするけど、いいこと言うなぁ、と思ったりしました。

しかし、FXでは、多くの人が、これをやるわけです。 つまり自己流を。

ベテランが基本を知った上でアレンジすることと、初心者が自己流でやることは、似ているようで全く違います。
当然ですが、テニスやスポーツを思い浮かべればすぐにわかるように、結果が出ません。
・・・但し、本人は、儲かるかも、という妄想が楽しいかもしれません

FXで結果が出ない、ということは損をしている、お金がなくなっていく、ということです。

私も50代になり、人生のいろいろなことを相場が教えてくれているな、と感じていますが、やはり基本をしっかりやることが大事なんだな、これを小学生の頃に理解していればな、と思う事がしきりです。

映画フォレスト・ガンプのように、教えられたことを迷わず続けると、どんなことでも自然と結果がついてくるのだと思います。

FXで十分に利益が出ないとお悩みの方は、自分に都合の良いオリジナリティを考えるのではなく、自分を相場に合せて基本通りのことをまず続けることが大事だと思います。

今回は、ちょっとマジメな話でした。
ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ