タイミングが大事

1月11日(水)

新年おめでとうございます。
今年もFXを楽しみましょう

さて、楽しみましょう、と言いながら新年から負けた人の話です。
先週末テニスクラブで友人に会うと、新年から張り切って取引して、やられまくっている、と泣いていました。

彼はテニスはかなりの上級者なのですが、テニスで出来るメンタルが、FXではできません。
つまり、チャンスを待ってタイミングをはかることができないのです。

彼に言わせれば、待ってないでバンバン取引しないと真剣にやれない、とか、緊張感がない、と言いますが、、それでは利益は残りません。
FXを趣味と割りきって、テニスラケットやクラブの会費を払うように、FXは楽しいから毎年楽しんだ分支出してもいい、と言っているようなものです。

なぜタイミングが重要かと言えば、FXはお金がかかっているのです。
失敗すれば損をしますし、好き勝手をして儲かるほど甘い世界ではありません。

FXは、相場の方向性があっていても、タイミングが悪ければ利益は残らない世界です。
だからテクニカル・ツールを使うわけです。

なんとなく感覚で取引して上手く行くのは、かなりのベテランであって、経験が数年の人や利益が安定しない人は、自分の判断指標に従う必要があります。
つまり、基本通りのことができない人が、最初から応用や自己流で上手くいくはずがないのです。

チャートはドル円の1時間足です。
20170111 USDJPY Lesson
表示している移動平均線は拙著でご案内のもので、使い方もそのままです。
これを見ると、買いのチャンスは青色の部分、売りのチャンスは赤色の部分で、それ以外の場面はすべてタイミングが遅く、利益が少なくなることになります。
そして最悪は黄色い部分
まさにスッ高値を買ったりや、ド底を売ってしまいます。

そして注目は、こうしたポイントは移動平均線から大きく外れている、ということです。
平均から外れるということは、相場は行き過ぎているのかもしれません。
移動平均の位置はそうして意味で、重要だと思っています。

つまり、相場がある程度動けば、当然、戻す動きがあります。
それを知るにもテクニカルが必要なわけで、テクニカルがないと、自分の勝手な思い込みでまだ上がる、まだ下がると妄想してポジションを作ってしまいます。

FX取引は、タイミングさえよけれ、トレンドの逆に動く部分も儲けられますし、もちろんトレンドも取ることができます。
でも、このタイミングを自分の天性の勘に任せるのは、かなりの楽天家か無謀なことなので、まずはテクニカルを何か1つでも自分のものにすることをお勧めします。

そんな趣旨で本を書いていますので、ご興味のある方は、いかがでしょうか。
あ、本には、こんなに辛辣には書いてませんよ。
今回のブログはある意味、友人へのメッセージなので、フランクに書かせて頂きました。

錦織選手と同じラケットを使ってる上級者のキミ
君が同じ道具を使っても、錦織選手と同じレベルにいないのと同じで、FXでも道具が同じだから同じように上手く行く、ということはないのだよ。
道具を自分なりに使い込んで、自分の手足として使えるようにすることが重要だし、そのためにはテクニカルの基礎がためが重要だよ~
...そろそろ、僕の本も買って読んでね

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ