ドル買い

7月22日(金)

今週のマーケットは、ヘリコプター・マネーが話題となりドル円が上昇しましたが、昨日(7/21)に黒田総裁が、「ヘリマネは全く考えていない」と発言したとの報道で、2円急落しました。

しかし、今週前半から私のツイッターで書いている通り、ドルが動き出す可能性に注目しています。

日足の虹色チャートで、ドル円、ユーロドル、ポンドドル、ドルスイスの主要通貨のドルストレートを見ると、徐々にドル買いで虹ができそうになっています。
20160722 dollar4 rainbow
ドル円は、円買いも残っていて、まだハッキリしませんが、他の通貨ペアは虹が広がりそうですし、私は今週EURUSDを売っています。
来週はFOMCがあり、ここで利上げはない!というのがコンセンサスですが、利上げがなくもと何らかのコメントがあるとか、もしかしたら利上げするかもしれない、というのが私のチャートから考える方向です。
チャートはファンダメンタルズ的な理由は教えてくれませんが、少なくとも、ドル買い方向にマーケットが動いていることは示しており、ならばFOMCでの利上げを見込む動きかもしれない、と推測するわけです。
または、FOMCまでの動きなのかもしれませんから、前日の火曜日の時点で利益が乗っていればSTOPを建値にして損失を回避するとか、値動きを慎重に見る必要があるかもしれません。

こうした動きは、虹色チャートでなくてもわかります。
カバー帯つき
先月発売された、私の書籍臆病な人でも勝てるFX入門で、初心者の方にお勧めした簡単なトレード方法でも同じサインが出ています。

20160722 dollar4 chikin
こちらは1時間足で21SMAを使った単純な取引方法ですが、本で書いた通りの形になっています。
ドル円は昨日のヘリマネ否定報道で急落しているので、こちらでも、まだ買いのタイミングではありませんが、それ以外ではドル売りがハッキリしています。

書籍で書いた通り、どんな場面でも儲けられることが重要なのではなく、誰でも儲けられる場面を見極めることが重要だと思っています。
無駄な損失を抑え、取りやすい相場をしっかり取りつつ、FXの経験を積んでいくのがアマチュア投資家には重要なステップではないでしょうか。

来週のFOMCそして日銀に向けて、ドルがどのように動くかに注目して頂ければと思います。

ではまた

重要イベント

7月26日(火)

今週は、今日明日で開催されているFOMC、そして木曜金曜の日銀金融政策決定会合が、夏休み前の重要イベントです。

FOMCと日銀が終わって8月となると、欧米勢を中心に市場参加者は夏季休暇を取る人も多く、このインベントが最後の勝負所という参加者も多いはずです。

このためか、先ほど配信された西原さんのメルマガによれば、ドル円のボラティリティが異常なレベルまで急騰しているようです。

ちなみに、西原さんのメルマガは有料ですが、ここでしか知れない情報も多く、私も執筆のお手伝いをしつつも、いつも参考にしています。
2社からほぼ同じものが出ており、いずれも10日間のお試しができます。
エフピーネット社からは、シンプルFX
ダイヤモンド社からは、FXトレード戦略指令!

このボラティリティの急騰は、BREXIT前にポンド円のボラティリティが急騰したのと同じような動きで、少し警戒する必要がありそうです。 上手く乗れば大きく利益が出ますが、逆だった場合は、あっという間に損になる可能性がある、ということです。
また動き出した後で飛び乗ると、スプレッドが大きく広がっていたり、ストップ幅が数円レベルになっているかもしれません。
リスクを抑えた方がいい状況になってきている可能性があります。

こうした危険を回避するための警告をしてくれる点でも、信頼できる人の情報を得るのは重要だと思います。


そもそも、イベント前にはポジションを取らないのが虹色FXですし、私の流儀なので、これは拙著でも書いています。

今週のここから先は慎重にした方がいいのかもしれませんね。


ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ