スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利上げがテーマ?

8月2日(日)

暑いですね。
通常なら日曜日はテニスなのですが、こんな体温より暑い東京ではテニスどころではありません。
コート上は50度を超えるでしょうし、しばらくテニスはお休みですね。
...もっと暑い地域の方はよりご注意くださいね

東京が酷暑だからではありませんが、マーケットも夏枯れ的で動きがハッキリしません。
要は米国利上げが9月か、12月か、というところで、利上げしやすい発言や指標があればドル買いとなり、弱気発言や弱い経済指標が出ると一気にドルが売られて、少し動きが極端かな、と思います。
こうした動きからは、市場参加者が減っていることと、ポジションの解消が起こっているのかな?と推測しています。

わかりにくいマーケットに手を出すと、わかりやすいマーケットで稼いだ利益を減らしてしまうので、時期的にも夏休みなので積極的にポジションを取らないようにしようと思っています。

それでも少し長い時間軸で見れば、8月に入ってきたので、9月17日のFOMCに向けて、米国利上げの思惑が強まると思っています。 また米国の利上げは、同様に利上げの可能性がある英国ポンドにも連想で買いが入りやすいと思います。

チャートは、ポンドドル、ポンド円、ポンドスイス、ユーロポンドの日足(左上から反時計回り)
20150802 gbp4 daily
いずれもポンドが買われていることを示していますが、
週足にすると、ポンドドル(左上)と、ポンドスイス(右下)は動きがハッキリせず、ポンド円とユーロポンドでポンド買いが明確です。
20150802 gbp4 weekly
これは当然と言えば、当然の動きで、利上げに向かいそうなポンドが買われ、QEを実施しているユーロと、円が売られているので、このような動きになっています。

これはドルでも明確で週足を見ると、ドル買いがハッキリしています。
チャートは左上から反時計回りに、ドル円、カナダドル、豪ドルドル、ユーロドルの週足で、先ほどのポンドドルと比べるとよくわかります。
20150802 usd4 weekly

よって、ここからのトレードでは、ドルかポンドを買い、円、ユーロ、豪ドル、キウイ、カナダなどを売る、ということが基本戦略と考えています。

9月のFOMCを前に8月から動き出すのか、8月は夏休みもアリ膠着して9月の声を聞くころから動き出すのか、この辺に注目していくのがいいのではないかと思っています。

とにかく暑さが厳しいので、みなさんご自愛ください。
私はカラダを動かしたいので、プールでも行こうかな

ではまた
スポンサーサイト
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。