週に数回の取引

3月4日(水)

ほぼ月1回更新になってしまっています
これまでもご案内の通り、日々のマーケットについては、このブログの左側にある
●田向宏行ツイッター
をクリックしてください。

またより細かな相場分析は、西原宏一さんのライブメルマガで書かせて頂いております。


さて、この頃の私ですが、トレードは週に数回になっています。
多くても週に10回ぐらいですが、1回の取引では100pips以上を狙う取引です。
明らかにデイトレではなく、スイングのポジションですね。
このところの取引ではユーロ売りが多く、ユーロドルのショート、ユーロポンドのショート、など。
ポジションを持てば、損をする可能性も発生するので、できるだけ確率高い取引をするのが、ずっと前からの私のスタイルです。

こちらはユーロドルの日足
20150304 eurusd daily
そして、ユーロポンドの日足
20150304 eurgbp daily
ポンド円のロングも持ったりしましたが、あまり伸びなくなったので降りています。

ポンド円は、ポンドが買われると考えていたので、ユーロポンドのショートに加えて買いました。
その時はドル円がもっと上伸すると思っていたのですが、逆にドル円は、上値が伸びにくく、チャートの形からショートはあり得ませんが、ロングもしにくいというところで、ポンド円も薄利で閉じました。

ドル円は上側にある短い時間の移動平均線が広がっていかないと上に行きにくくなっています。
20150304 usdjpy daily



これらに共通するのは、日足が明確にトレンドになっているものです。
虹のチャートもそうですし、ディナポリや、ボリンジャーなど、他のチャートでも同じで、明らかにトレンドが出ているものだけを取引しています。

あと、このところは相場が活況というほどではありませんし、昨年の追加緩和の後のように円さえ売ればいい、というタイミングでもないので、基本的に月曜日は取引せずに様子見しています。
火曜か水曜にポジションを作って、木曜か金曜に決済する、というリズムでもトレンドがある通貨を選択していれば100pipsぐらいは取ることができます。

ただトレンドが出ていても、先月2日のRBAのように、利下げしたと思ったら、一気に買いまくられることもあるので、ポジション管理は要注意です。
私はチャートに従い豪ドル円を売りましたが、ちょうどRBAの時間は移動時間になってしまうため、1円下でTakeProfitしました。
その後ミーティングしている間もさらに下げて、2円幅を目標にしていればよかったのですが、その後は急騰したので、ここで終わっておいてよかったと思っています。

ここ数年のマーケットは、トレンド方向に動きやすく、元GSの方のお話によれば、ヘッジファンドも大きなリスクと取らず、トレンドに乗って確実に利益を得るような動きになっているとのことなので、やはりトレンドに乗るのが一番安全で確率が高い方法だと思っています。

どんなスタイルでトレードするかは、人それぞれなので、自分のスタイルを見つけるのが一番です。
そして週末にプレーしているテニスと同じように、上手く行くパターンがあれば、それが通用しなくなるまで徹底してそれをやるのが勝利の王道だと思っています。

自分のスタイルを探している過程の方には、友人でもあるFX奈那子さんの本「FXで勝ち残る7つの法則」がとっても役立つと思います。
私も少しお手伝いしていますが、いい内容なので、ご興味があれば、是非
nanako.png


今月は、前回のブログでご案内した、3月14日(土)開催の投資戦略フェアに行っています。
午前10時から、西原さんが、Goldの第一人者である池水さんとコラボでセミナーをされるので、朝早いですがここから参加します。
夕方にはFX友の会のセミナーもあるので、ランチは一度会場から出て、近くでしようと思っていますが、ほぼ1日水道橋周辺にいることになりそうです

ご興味のある方は、お気軽にお声掛けしてください。
私もいろいろな投資家の方とお話ができればと思っています。

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ