黒田バズーカ2

11月3日(月)

先週金曜日(10/31)の日銀の追加緩和は、マーケットの大きなサプライズで、発表前に109円前半だったドル円は、今114円前半まで5円も上昇しています

中央銀行に逆らうな、はマーケットの鉄則ですが、まさにその通りで、国策や中央銀行の金融政策がマーケットに大きく作用することを痛感させられました。

チャートはドル円日足の虹色チャート
20141103 usdjpy daily
虹は描いているものの、急騰して美しいとは言えなくなっており、急落にも警戒したくなります。

これだけ大きく動いてしまうと、8月のジャクソンホールまでのレンジ相場はほとんど7本線が重なってしまっています。

私が参加している西原さんのメルマガでは、ずっと西原さんがドル円の買いポジションを維持していたので、多くの読者もドル円をロング。
結果、今年最大の収益になったという人も多いようですし、収益が好転した人もいっぱいいます。
週末テニスで会った11歳のトレーダーの父親もホクホクで、マーケットが楽しくてしかたないようでした。

日銀の追加緩和は、なんとしてもインフレにする、どこまでもやる、という黒田総裁の強い意志の表れのようで、金融政策決定会合で5対4というギリギリで決定したことからも、こうした意思を感じることができます。

こうなると、円は基本的に売るしかない通貨になり、円買いはご法度。
よって、下がれば買う、となり、2005年から2007年のサブプライムショックの前までの円キャリーで円売りが続いた相場のようになっていくのかもしれません。

ただ、当時と違うのは、日本だけでなく、他の国も通貨安を望んでおり、ドルだけが出口に向かっているということ。
よって、ドル買い、円売りというのが今後の基本になりそうです。

黒田バズーカ2の威力を確かめつつ、大きな方向性は中央銀行に従いつつ、チャートでタイミング確かめる、というトレードが続きそうです。

これからFXを始める人にはいいタイミングなのかもしれませんね。

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ