投資の参考書

7月11日(金)

FXに限らず投資の王道は自分のスタイル構築と、資金管理です。

成功している投資家は、FXに限らず、株でも不動産でも、自分の得意なスタイルを持っています。
例えば不動産なら、格安物件に手を入れて利回り高く運用する人もいれば、新築のみを扱って一定の年数で売却益も得て行く人もいます。
株でも低位株が得意な人もいれば、特定の銘柄だけを取引している人もいます。

FXでは、どれくらいの時間軸で取引するのかと、どのようなインジケーターを使うか、さらには自分の性格にもよってスタイルを考えることになると思います。
また資金管理では、前回(もうひと月も前のブログですが)のようにレバレッジ1倍ぐらいがいいと思いますが、それもそれぞれのスタイルに応じて合理的なものにすることになると思います。

そうしたことがまとまっているのが、もうすぐFX奈那子さんが出版される本です。
...7月18日の発売と聞いていますが、詳しくは奈那子さんのブログで
nanako.jpg
私も構成などで少しお手伝いしていますが、さすがにFX友の会を主催し、大勢の投資家に会ってきただけのことがあって、これからFXを始める人や、FXに再トライする人に向けた本になっています。
...7/26(土)に出版記念パーティがあるそうです。 詳しくはこちら!

早期予約の方には、キャンペーンもあるようなので、膠着相場が動き出す頃にはトレーダーとして1歩成長したいと思っている方にはお勧めだと思います。

ではまた

FXの成功と失敗

7月13日(日)

昨日、古い友人から久しぶりに連絡があり、このブログを読んで自分もFXを始めたいということでした。
ご存知のようにFXは思いつきで儲かりはしませんし、マーケットのことを何も知らず簡単には儲からないから1年か2年は勉強するつもりでやった方がいいとアドバイスしました。

FXを始めた個人投資家は多くいますが、生き残る人はすごく少ない世界です。
私の古くからの友人も何人かがFXを始めましたが、いまもトレードしている人はいません。

トレーダーにもっとも多く会っていると思えるのが、前回のブログでもご紹介したFX奈那子さんでしょう。
とにかく、彼女は人見知りとか、臆するという言葉を知らないようで、どこにでも出没しますし、いろんな人を巻き込んでいきます。(彼女を知っている人は、みんな共感すると思います
それだけアクティブに動き回っても、それによって彼女が金銭的利益を得ることはなく、逆に持ち出しなのですが、多くの人とつながったり、人の役に立ちたいというスタンスなので、この点は本当に敬服します。
そんな彼女だからこそ酒匂さんや、西原さんなど、FX界の大物の方たちも手弁当でFX友の会をお手伝いしてくれるのだと思います。

そんな奈那子さんはこれまでに少なくとも2000人ぐらいの個人トレーダーに会っています。
ただその中で現在もFXを続けている成功組は、たぶん100人か多くても200人はいないと思います。
つまり、残りの1800人~1900人のトレーダーは、相場で負けていたり、FX市場から撤退しています。
これがFXをする個人投資家のリアルな姿です
FXを始めた人で生き残るのは10%~5%しかいないわけです。
ならば、勝ち残っている人に共通することをやり、負けた人に共通することをしなければ、誰でもFXで生き残る確率がグンと高くなるはずです。
そうした趣旨で企画されたのが、前回のブログでご紹介した本です。

企画・構成でお手伝いした私のところには、サンプル本が一足早く送られてきましたが、正直に言って内容は面白くないかもしれません
というのは、こうすれば儲かる的なサインや、テクニカルを紹介する本ではなく、どうしたらFXで利益を残せるか、どうすれば長くFXを続けて資産を増やしていけるのか、について集中して書かれている本だからです。
そうした意味では、本当に良い本で、まじめにFXで収益を得たい、専業トレーダーを目指したい人には必ず読んでもらいたい本だと思います。
FXで生き残る10%になるためには、絶対必要な事が書かれているので、トレードをするなら、何度でも読み返すために身近に置いておいた方がいいと思います。

奈那子さんが自分で会った多くの個人投資家のリアルな姿から、生き残って居る人が共通してやっていることが執拗に書かれており、もちろん私もそれを理解しているので、それがいかに重要かが伝わってきますが、初心者の方や、相場の値動きを当てようと思っている人には面白くないかもしれません。


さて、話はFXを始めたいと連絡してきた友人に戻ります。
彼にも本を勧めましたが、まずは私のブログや他の人のブログでトレード方法を勉強してみる、とのことでした。
なぜなら、無料だから
...こうした情報の取り方については本の中で奈那子さんも言及しています。

電話を切った感触から私は、たぶん彼はこの本は買わないだろう、そしてFXを始めれば彼の資産は失われるだろうと思いました。
自分が未知の分野に足を踏み入れるなら、先輩のアドバイスをきっちり聞く謙虚な人と、それでも自己流を追求する人では結果がどうなるかは、明らかだからです。
...たまにメディアでは自己流で成功した各分野の人を紹介しますが、
   それは彼らが異例だから紹介するのであって、希少な例にすぎません。
   それを真に受けて自分もそうしようと思うなら、その時点でかなりアホで楽天家です

私たちは小学校1年生からいろいろなことを勉強しますが、これが自己流だったらどうなるでしょう?
どんな分野も基礎知識があったうえで、自分流のアレンジをするもので、基礎知識がないのにそれを補わず自分流で上手く行くはずがありません。
...少なくとも私は天才ではないので、確率高く成功しやすい道を選ぶタイプです。


お金がないから、FXでちょこっと儲けるかというような尊大な姿勢ではマーケットに嫌われますし、人の意見も聞かないでしょう。

FXで成功する人と、失敗する人の大きな違いは、謙虚に真摯にFXに取り組めるかどうか、なのかもしれません。
...を読んで真剣に考えてくれるよう、友人へのメッセージを込めて

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ