新年度スタート

4月2日(火)


昨日から日本は新年度ですが、世界では4/1はイースターマンデーでキリスト教圏の国々は休日。
このため、4月は実質本日からスタート...と先週から思っていたら、アラアラ昨日からドル円は下げて行きました。

それでも今週は、明日3日火曜日にISM非製造業景況指数、4日は世界が注目する日銀の金融政策決定会合だけでなく、BOE(英国中銀)も金融政策を発表し、さらにECB(欧州中銀)も金融政策を発表する中銀weekですし、5日(金)には雇用統計もあり、相場は大きく荒れるかもしれません。


ドル円は、すでにtwitterなどでも書いているように94円台にあった日足の25*5DMAを3/28には下抜けたので、ここからは明確に下方向の可能性が高まっており、本日は92円ミドルまで下げています。

下値目標値は、フィボナッチ・リトレースメントやエクスパンションで数通り計算されますが、だいたい90円台から88円ぐらいの間が下値のメドとなりそうです。

ただ昨日から動き出しているので、本日から4月相場に参入する欧州勢の動きが気になるところです。

チャートはドル円の日足でdinapoliチャートです。
20130402usdjpy1day dinapoli
ピンク色の移動平均線が25SMAを5日先行させた線=25*5DMAです。
これを下抜けたのでドル円は長期的に下方向の可能性が高まっています。
このラインを終値で下抜けたのは3/28で、3/29には高値も越えられませんでした。

これを虹色チャートでみると
20130402usdjpy1day rainbow
緑色の50EMA付近にあり、ここを下抜けると、本格的に下げる動きとなりそうですし、すでに、下方向の可能性は、あまり更新されていないこのブログでも前回の3/26の時点で指摘しています。

この3/26の時点では添付していない4時間の虹色チャートが下向きになるかに注目していると書きましたので、今回は4時間足を見てみます。
20130402usdjpy4h rainbow
こちらも今週初からの動きで下向きの虹になっていて、4時間が下を向いてきているので、ドル円は下落に転換した可能性が高くなっています。

私はこうしたチャート分析からマーケットの方向を考えますが、長年マーケットで儲けている人は、相場の動きから肌で感じるようで、西原宏一さんは、3月のはじめぐらいからドル円の上値が伸びないのをみて、下方向の可能性を指摘しており、実際、ドル円のショートで儲かっているようです。

この西原さんの有料メルマガには、私もテクニカル分析などを少し書かせて頂いているので、宣伝になってしまいますが、こうした本当の儲けているプロの方の目線を知ると、自分の相場観や通貨選択に大きく役立ちます。

例えば、西原さんが取引している通貨ペアが、そのとき動く、旬な通貨ですし、メルマガが頻繁に(1日に5本とか多いと10本近く)更新される日は、相場が激しく動いていて、トレード益を出しやすい時です。 逆に、メルマガに出ていない通貨ペアにこだわってしまうと、儲かるときもありますが、ポジションを持っても全然動かなかったり、更新が頻繁でないときはマーケットが閑散として、ポジションを持ちにくい時、だったりします。


個人投資家は、テクニカルに頼りがちですが、適切な情報を得たうえで、チャートを見ると、より効率的なトレードができると思います。

トレーディングは、収益が目的ですから、損切りがコストであるように、優良な情報もコストではないでしょうか。
投資の世界では、儲かっている人ほどコストをかけられるので、そうした人がより儲かり、損切りを小さくしたり、損を絶対しないようにしようと思ったり、要するにコストをかけずに儲けようとすると、実際は儲からなかったりします。

本日から実質新年度になりましたので、年度を通じてFXの予算を考えて、1年後のトレーディング技術の上達やトレーダーとしての成長と、収益アップを目指して計画を立てる良い機会かもしれません。


ではまた

異次元の緩和の行方

4月8日(月)

先週木曜日の黒田バズーカ砲は強力で、ドル円は木曜日の92円台から今朝は98円台まで上昇し、3日で6円も上昇しています

では、そこで6円儲けたかというと、そうではなく、私は3円ぐらいしか儲かっていません
まぁ、相場とはそういうものです...(と、下手な自分を言い訳

特に、週末を挟んだので自分のルールに従いポジションはないので、今朝の急騰にはついていったいませんが、私は全然気になりません。 そもそも相場の全部をとれるわけがないので、確実に儲けられれば十分です


さてそのドル円では、黒田新総裁の異次元の緩和が世界のマーケットで好感されているようです。
私も参加している西原さんの有料メルマガには、ロンドンFXのブログでも有名なロンドン在住の元インターバンク・ディーラー松崎美子さんが逐次欧州の状況を日本語で伝えてきてくれます。
そこには異次元緩和後の英語圏のニュースでも KURODA の文字が多くあるようで、世界中のマーケットがこの日銀の動きを評価している様子が伝わってきます。
...ちなみにメルマガの欧州からのニュースは1日に10本以上来る日もあり、
   またメールなので、自分でニュースサイトを探しにいかなくても、
   何かあると、iphoneにポップアップされるので、とっても便利です


ドル円は今朝の早朝のオセアニア時間には98円後半にまで入ってきました

さすがにスピードが速すぎるようですが、ドル円は日銀の明確な方向性もあり大きなトレンドが変わるかもしれません。

すでにドル円は上昇トレンドですが、ここでいう大きなトレンドとは、3ケタ台での動きです。

チャートはドル円の一目均衡表の月足です。
20130408usdjpy1m ichimoku
月足なので、かなり長い話で、高値をつけた2007年6月の124.13のとき、私はまだFXを始めていません
...私はずっと円高のなかでFXをやってたわけですねぇ。

このチャートを見ると2007年の124円から2011年の75円まで、ドル円は4年間49円も円高になったわけで、そりゃぁ、日本の製造業も外に出ざるを得なくなるでしょうね。
こう考えると、この4年間はすごいことが起きていたわけで、その中にはリーマンショックや欧州財務危機などいいろいろなことが起こりました。

さて昔話はこれくらいで、今のマーケットを見ると、ドル円の100円がやはり意識されます。
まず124円から75円の半値戻り=50%は99.845でほぼ100円
そして、月足の一目均衡表は現在雲の中に入っていますが、今月の雲の上限は120.18、そして来月になると100.27が雲の上限となり、ここを上抜けると、2008年に雲の下側に入った動きから変わって、雲の上側に出ることになります。

これは大きな変化ですし、ドル円月足のこの厚い雲を上抜けるとなると、ドル円の動きはかなり強いと考えられます。

ただ、逆から考えると(マーケットでは、この反対から見る視点はとても重要だと思っています)、これだけ厚い雲なので、このまま今月一気に102円を突破するのではなく、来月以降の100円に下げたところかもしれない、100円は50%戻しともほぼ一致し、こっちの方がありそうかな?とか、または雲の上限では止められるかもしれない、ということも考えられます。

ちなみに、虹色チャートの月足はこんな感じ。
20130408usdjpy1m rainbow
ずっと続いた下向きの虹が乱れて上向きに変わりつつありますが、まだ上向きに虹は出ていません。



以前このブログでご案内した3月の投資戦略フェアではバカラ村さんがとてもいいセミナーをしていて、そこでは、「今日が特別の日とは思ってはいけない」というようなことを話されていました。
マーケットが急騰したり、急落して大きく動くと、ツイついていきたくなりますが、マーケットはずっと上がり続けることもありませんし、下げ続けることもありません。
だから、そんな一方的に動き続ける特別な日はめったにないので、トレードするときは、常にそう思って、高値買いや安値売りにならないように、今日が特別だと思わず、慎重になることが大事、ということを話されていました。

この冷静さ、自分やマーケットを客観的に見る目が大事だと思います。
...バカラ村さん、さすが


いつも書きますが、マーケットがなくなることはないですが、自分の資金は簡単になくなります

世間は日銀の異次元緩和で盛り上がっていますが、こうしたときこそ冷静になり、チャートをよくみて自分なりのいくつかのシナリオを用意しておくことが大事だと思います。


最後に本日の直近の動きを見ると、twitter(@maru3rd)で書いたように96円台まで下げる可能性があると考えています。
その理由はこの日足チャート。
20130408usdjpy1day rainbow
今朝は週初でもあり、窓を開けて上昇していますが、日足の5EMAはオレンジの罫線を引いた96.60付近にあります。
週初オープンで買われ過ぎているので、97円台または96円台まで下げるか確かめてから考える方がいいと思ってういます。


ではまた

G20と通貨安政策

4月18日(木)


今日からワシントンでG20が開催されます。
日本の急激な円安は、他国にとっては対円での急激な通貨高で、これに文句を言いたい国はいっぱいあるはずです。

G7諸国については、通貨安政策ではなくデフレ対策での金融緩和、という説明でひとまず納得してもらい、欧州も米国もあまり良くない中、日本の復活のためにある程度は妥協している、というところでしょう。

しかしG20に拡大すると、ここには発展途上国もあり、これら国々にとっては日本への輸出がしにくくなるので(日本では円安で輸入価格が上昇)、当然、文句も出てくると思われます。

こうしたG20を控え、また1ドル100円の大台を前に、ドル円は4/11の高値99.937で止められました。
この100円手前でのうごきには、大台前のバリアもあるでしょうが、100円を上抜けできなかったことで、今週のG20で日本の通貨安への非難が大きくなれば、円売りから円買いになりやすい、という思惑もあったと思います。

こうした背景から、今週のドル円は95円台まで下げる動きも出ましたが、すぐに戻されていて、マーケット全体がまだ円安方向に向かっていることが確かめられてもいます。

ちなみに火曜日の早朝の下落(下ヒゲ)は誰がが仕掛けたのではなく、その前に下げた動きで個人投資家などが買っていたドル円のストップロスや強制決済が発動して、それを6時の時点でFX会社が決済した動きと思われます。
...新規参入した個人投資家のポジションが一気にやれらた結果だと思います。


さて、そのG20ですが、おそらく特に問題はなく、黒田総裁のプレゼンがそれなりに評価されて、拍手喝采ではないものの、ひとまず日本の異次元緩和はある程度理解され、円安継続になる可能性が高いと思っています。
...たぶん、この予想の結果は、今夜か明日にでもでるでしょう

私がなぜそう考えるか、というと、チャートです

チャートは虹色チャートのドル円日足。
直近の部分を拡大したチャートです。
20130418usdjpy daily
右端の直近の値動きを見て頂くと、ドル円は急落した日もありますが、虹は乱れていません。
上から順番に移動平均線が並んでいて、上昇トレンドが継続しています。

このため、この後も上昇が続くと考えています。

特に今日のG20で動くと考えていますが、その理由は西原さんの有料メルマガに書いている通りで、簡単に言うと、日足が下向きになっていない点と、3DMAをクロスしそうな点です。

チャートは虹色チャートにDiNapoliが使っている3*3DMAを加えたものです。
20130418usdjpy daily 3dma
黒い太線が3DMAで、3日移動平均を3日先行させて表示させたものです。

虹と3DMAを使うと、虹で方向が分かっているうえに、3DMAでタイミングがわかり、トレードの精度がアップします。

これで見ると、日足は本日この3DMAを上抜ける可能性があり、そうなると100円アタックとなりますし、G20の結果によっては100円越えもあると思っています。

ただこのG20前にはtwitterでも書いているように、要人発言などヘッドラインで動かされやすいので、まだFXに慣れていない方は注意が必要です。
...ただ、動いてくれれば、今週のようにそれはそれでトレードチャンスなので、
   ボラティリティの高いマーケットは嫌いではありません

今夜からのG20で、財務官僚時代に財務官としてサポート役をしていた黒田総裁が、日銀のトップとして表立ってどれだけのプレゼンテーションができるかが注目されます。

前回の4/4の決定会合後の会見では、これまでの総裁とは違う、プレゼンをした黒田さんなので、今回もこうしたプレゼンをして各国を納得させられれば、ドル円はさらに上に向かう動きとなりそうで注目です

円の動きは、このG20で通貨安が目的ではない、とい大義名分を十分に伝えられるかにかかっていそうです。


オマケですが、今年も6月1日(土)に FX友の会in東京 が開催されます。
詳細は、世話役のFX奈那子さんのブログに出ています。
私も申し込み済みで、必ず参加しますので、多くの方とお会いできればと思っています。


ではまた 

G20のお墨付き!

4月22日(月)

先週末のG20では懸念されていた日銀の異次元緩和が「ゴラァ! こりゃ、日本の通貨安政策だろっ!」という批判も表向きはなく、G20は日本の財政を気にしつつも、日本経済が立ち直るのを期待する、というスタンス。

本日はドル円が100円にアタックをしていますが、防戦があるようで、なかなか上がりません。
どの辺に防戦があるか、という情報は有料のメルマガで配信されてきますが、有料の情報なのでさすがにここで詳細をご紹介するわけにはいきませんよね

情報から厚い売りがありそうですが、それでも下がりもしないので、ドル円の100円突破は時間の問題と思われ、私はドル円をロング中。
...ちなみに、twitterで書いたようにEURUSDが下がりそうなのでショートしてます。

私のtwitterをフォローして頂いている方にはわかりやすいと思いますが、私だけでなく、ディーラーズ・バトルなどでの他の方のコメントでも、ドル円の話題が多く、マーケットが注目していて、動きやすい通貨ペアがドル円だとわかります。

そのドル円ですが、1時間足が金曜日から上向きの虹になっていて、金曜は98.50付近で買い、一旦は99円ちょっと上で利確。
週末を控えて少し下げるかと思いましたが、下がらなかったので、金曜の夜で通常なら手を出さないのですが、G20のサポートもあるので、99.20でまた買って現在もキープしています。

チャートで見ると、買ったポイントはこんな感じ。
20130422usdjpy1h.png
チャート右側の虹が出てきたところで、グリーンの丸で囲んだあたりで2回買っています。

このドル円1時間チャートでは縦破線が日付区切り線なので、先週の動きを見通すことができますが、先週は14日の夜に虹が下向きになってきたのでショート。
火曜の朝にはFX会社のストップロスや強制決済と思われる動きで急落して95円台まで突っ込んでいたので、ホントは大儲けのはずでしたが、火曜の朝、起きたのが遅くで、火曜の急落が戻ってきたところで決済したので利益は150pipsぐらい
まぁ、仕方ありませんね。

このチャートで重要なのは、こうした儲かった場面ではなく、15日火曜の後半から木曜までの動き。
ここは下げた後の戻しと、かといって上がりもせずに、1時間足は小さなレンジになっています。
虹が乱れていて方向感がないので、ここで手を出すと、儲からないばかりか、ヘタすると損をしてしまうので、こうした自分が得意でない場面で手を出さないことが大事だと思っています。

FXのみならず、投資家という生活は、サラリーマンではありません。
会社で言えば、経営者なので、どこで勝負するか、どこで投資するか、という準備とタイミングを図るのが仕事だと思います。

毎日マーケットからチャリンチャリン入ってくるのは理想的ですが、私はスキャルをしませんし、できるだけ無駄なリスクは負いたくないので、ここぞというときだけトレードするようにしていますし、その方が合っているようです。

マーケットはG20のお墨付きをもらって、これからも円は売られやすい動きとなりそう。
先週はこのG20での日本の金融政策への意見がどうなるか、に世界中が注目していてドル円は動けなくなっていました。
しかし、ここがクリアになったので、当面は円売り継続と考えていますし、それは先週動きを止めた世界中の参加者がそうなるのではないかと思っています。


ただ、ドル円が上がるとしても、どこでもやみくもに買えばいいというものではなく、タイミングを図らないと、方向は合っているのに損切りさせられた、という悲惨なことになります。
もし買って放置するなら、ドル円が80円になっても強制決済されないくらいのポジションにした方が安心ですし、それではレバレッジが低くマーケットが2~3円上がっても儲けが少ない、と考える欲張りな人は、エントリーを精査する必要があります
...この2つでは私は欲張りなので、タイミングを重視し、そのためにチャートがあります。

WSJ(The Wall Street Journal)では、日本の機関投資家である「大手生命保険」の総資産322兆円のわずか1%が外債市場に入るだけでも大きなインパクトだし、為替も動くというような記事を出しています。

今年は円売りがメインの年となりそうですね。

ではまた

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ