QE2の続きは...

5月2日(月)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24の口座開設キャンペーンです。 ここから口座開設された方には、取引後に¥2,000がキャッシュ・バックされるので、興味のあるかたは是非(このバナーは7月末までの限定掲示です)
 ...私にも少しお小遣いが入ってきます   (こういうの初めてだけど...)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

先週のFOMCでQE2(量的緩和第2弾)は予定通り6月で終了することが決定されましたが、そのFOMC声明やバーナンキFRB議長の会見から、マーケットではQE2(ダッシュ)とか、QE2.5という言葉が出るようになりました。

つまり新たな市場への資金供給は終了するものの、他の形で量的緩和を継続するということで、QE3ではないけれども、QE2に続く措置ということで、2’(2ダッシュ)とか、2.5と言われるようになっています。

こうなると、当然ドル売りは継続で、ドル安の流れは変わらないものと思います。

ここでチャートを見てみます。
ドル・円・ユーロ・ポンドの4通貨の6ペア。今回は4時間足です。(縦破線は週区切り線)
20110502 6pair4h
EURUSD、GBPUSD、EURGBP
USDJPY、GBPJPY、EURJPY という配置です。
4時間チャートで見ると、
EURUSDとGBPUSDは鮮明に上向きの
USDJPYは下向きの虹になっています。
クロス円は、先週からブログやディーラーズ・バトルで書いてきたように、ドル円の下落で下げてきて、方向感がありません。

やはりQE2からQE2.5とドル安がマーケットのメインテーマなので、ドルストレートの取引がいいということでしょう。

ただ、ユーロドルもポンドドルも、先週木曜からほとんど動いておらず、私はユーロドルの下落の可能性を指摘してきました。 
しかし、QE2.5でドル売りが強く、なかなか下がりません。
この今日までのEURUSD、GBPUSDの動きを見ると、上値は赤罫線で抑えられつつ、下値も青罫線でサポートされ、下げていきません。
いずれも青罫線を下抜けてしまうと、少し調整されると思いますので、ここを維持できるかどうかに注目ですが、虹は上向きなので、上方向の可能性が高いと思っています。


またドル円も流れは下向き(円高)で、日本の連休中に何かのリスク要因で円高が加速する局面があると、クロス円は一気に下げる可能性があります。
ただ、80円を割り込むようだと介入の可能性も考慮しなくてはならず、やはり円は手を出しにくいと思っています。

まずは今日の欧州時間を見たいところですが、本日は英国が休日(ロイヤル・ウエディングからの連休中)ですし、香港も休日。 流動性には注意したいところです。

日本は明日から休日で大型連休中ですが、これは日本の事情
グローバルな為替市場では関係ないので、普段通りのスタンスでいたいと思います。


最後に昨日の虹色勉強会に参加頂いた皆様、ありがとうございました。
慣れない講師でしたが、楽しい時間を過ごすことができました。

またなにか機会を作って、お会いできればと思います。
...私は人に会うのも大好きです


ではまた

米国経済

5月6日(金)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本の連休中は、マーケットが急激に動くようです
昨年はNYダウのシステムトラブルによる1000ドル下落などもありましたね。

虹色はこうしたマーケットの急変・反転を避けるので、昨夜のユーロドルの下落には乗れませんでしたが、一方で損も出しません。
ストラテジー通りなので、問題ナシです
...ドル円の下落は虹の通りなので、こっちは乗っててokです


さて、やはりマーケットを動かすのは米国経済動向なようで、昨夜の新規失業保険申請件数の大幅悪化で、リスク回避の動きになったようです。
こうした動きは、為替市場だけでなく、原油も100ドル割れ、金も1500ドルを割り込み、楽観ムードで急上昇していた相場に冷や水が注がれました。
...sell in May となるのでしょうか 米国経済動向に注目です
   この辺の話は4月25日のFOREX RADIO MondayFX


昨日の動きは、まず虹のとおり円買いが進み、21時半の新規失業保険申請件数の発表でドル買い、そしてECBトリシェ総裁が物価動向について「強い警戒」という文言を使わなかったことで当面の利上げはないと判断してのユーロ売り、という動きだったようです。
このため、ユーロドル、ユーロ円が大きく動いています。

私はこれまでずっとドル売りをしていましたが、先週ぐらいで実質終了。
今週も何度か早めのサインでユーロドルを買いましたが伸びずに薄利で撤退しています。

この辺の判断は、連休中の勉強会でも詳細をご説明しましたが、ここでもチャートで見てみます。
チャートはユーロドルの4時間です。(縦破線は週区切り線)
20110506eurusd4h.gif
先週末か今週に入るぐらいから、虹のチャートは乱れてきています。(ピンク■部分)
このため新たなトレードはできない場面になります。


ここを1時間チャート(縮小版)で見ても同様で、虹のルールに従うと、ここはトレードできません。
20110506eurusd1h.gif
...この辺の虹の判断の仕方などを勉強会でしました。


虹はトレンドフォローで、ゆったりトレードするので、今回のユーロドルのような反転急落には反応できず、ここでいかに損をしないか、という戦略になっています。


さて、ここからですが、私はまだドル売り継続のスタンスです。
ドル売りの勢いが弱まったから、イコール、ドル買いとは思いません。

まずは上の4時間チャートにあるように、ユーロドルが先週の安値1.4490付近(赤罫線)を下抜けてしまうか、キープするかに注目していて、ここをキープすると、まだドル売りが続くのではないかと考えています。
...逆に、ここを下抜けるようだと、ドル売り相場は一旦終了かもしれません。

また本日は昨夜売られ過ぎているので、1.46前半から1.46ミドル程度までの戻りはあるのではないかと思っていて、ここに戻る動きとなれば、当然1.4490はキープされ、ドル売り継続の可能性が高まると思っています。

今夜の雇用統計に注目が集まるので日中はあまり動かないと思いますが、この辺のポイントに注目したいと思っています。


最後に、連休中に急遽開催した勉強会に多くの方がご参加いただき、ありがとうございました。
広島(福山)や滋賀からも遠路ご参加頂き、ありがたい限りです。
私もいろいろな方と為替のお話ができて、とても有意義な時間でした。

機会があれば、また企画したいと思いますので、時期やタイミングなどのご意見などお気軽にコメントしていただければと思います。


また本日から、インヴァスト証券のリアルトレード24グランプリが7月末まで開催されますので、こちらもご注目頂ければと思います。


では、まだ連休中の方も、そうでない方も、よい週末をお過ごし下さい

ユーロに注目

5月8日(月)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

先週金曜日は雇用統計でしたが、雇用統計より、その後伝わったドイツ・シュピーゲル誌のギリシャがユーロ脱退の可能性とのニュースでユーロが大きく売り込まれました。
ユーロはずっと買われてきていたので、利確の材料に使われた感じがします。

欧州の首脳やECB幹部の発言ならまだしも、マスコミの憶測記事ですから、実際にそうなる可能性はあまりなく、材料として使われただけだと思います。
実際にユーロから離脱したら、ギリシャは市場で資金調達できず、例えば元の通貨ドラクマに戻したら、マーケットはドラクマ売りを仕掛けるはずで、この話は現実的ではないと思っています。

しかし、現実がどうであろうと、マーケットが動いてしまえば、それに合わせてチャートをみて考えざるを得ません。

まずは月曜の東京時間なので、ドル・円・ユーロ・ポンドの日足の組合せ6ペアを見て、これまでの動きを整理してみます。
20110508 6pair1day
EURUSD、GBPUSD、EURGBP
USDJPY、GBPJPY、EURJPY という配置です。
日足なので、縦破線は月区切り線です。

ユーロドルは木曜、金曜と急落していて、5EMAから大きく離れています。
これだけ下方向の動きなので、下へ行きそうですが、戻すならこの5EMAのあるピンク罫線の1.45付近が目安だと思っています。

ちなみにユーロの下落については、先週のブログで虹の乱れから買いはお休みであることを書いています。 この急落場面で売りで儲けられなかったと思うか、ずっと上昇していたユーロドルの買いを止めて損を回避したと考えるか、ここが虹色FXを使う上で重要な考え方の違いが現れる場面だと思います。
...当然、私は損をしなくてよかった、と考えます


また、注目はドル円が下向きの虹になっていることです。
木曜日に79円50付近まで下落し、下方向ですが、金曜は木曜の高値を上抜いていますし、本日も金曜の高値を上抜けるようだと、ドル円の下落は少し足踏みだと思います。
4時間チャートでは既に虹は乱れていますし、まずは金曜の高値に注目します。


ユーロドルが大きく下げるトレンドに転換したなら、1.4から1.3か1.2へ下げる動きになるでしょう。
ここでは1000pipsとか2000pipsの動きが期待できるわけで、それを考えると、いま慌てて売り参入しなくてもいいように思います。
ユーロドルの4時間ま乱れていますし、焦らず動きを見極めてから、安全な取引をするのが虹色FXですから、待つときはじっくり待ちたいと思います。

まずは大きく荒れた後の東京時間ですから、じっくり見極める必要があると思っています。


この辺の動きは、今夜のフォレックス・ラジオYEN蔵さんの話を聞きたいと思います。
18時30分からはラジオ収録と同時にU-streamで動画配信されますし、U-streamの画面からtwitterなどで質問や意見を書き込めるので、ライブで質問できるのも良いですね。


大きく動いた後は、それが流れになるのか、一時的で戻されるのかの見極めが重要だと思っています。
では、今週もマーケットを楽しみましょう

ユーロドル

5月10日(火)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨夜はS&Pがギリシャを2段階格下げし、ギリシャのデフォルトを危惧する状況になってきていますが、ECBとIMFがサポートしているわけですから、簡単にデフォルトするとは思えません。

近ごろディーラーズ・バトルtwitterで、ユーロドルについて書くことが多いですが、私は、ユーロドルでユーロの動きと、ドル売りの動きを見ています。

チャートはユーロドルの1時間です。
20110510eurusd1h.gif
ユーロドルは木曜日に急落し、金曜日の欧州時間ぐらいに虹が出てきました。

昨日は、少し戻してきて、上昇に戻るか注目していましたが、1.4440(ピンク罫線)付近で上げ止まり、S&Pの格下げもあり、さらに下落しました。
この1.4440付近は5EMAと10EMAが接近して、戻り売りポイントでした。
...ただ4時間はまだ虹でないので、焦らず、待っていても良いと思います

その後、1.42ミドルぐらいまで下げてから現在は少し戻していますが、虹は下方向に出ているので、当面は下げる可能性の方が高いと思います。

ただ注目して頂きたいのは、昨日の戻り場面(●部分)と現在の戻り(●部分)では、少し違います。
昨日は5EMAと10EMAが接触するぐらいでしたが、今日は20EMAを巻き込んでおり、戻りよりも方向感の乱れが大きく、少し上方向へ戻す可能性が強まっています。

またこう考える理由の1つは4時間チャートです。
20110510eurusd4h.gif
ご覧のように4時間は虹が乱れ方向感なく、誰もが売っているとは言えない状況です。


このため、今日は昨日高値の1.4440(ピンク罫線)に注目しています。
もちろん、昨日の安値1.42ミドルを下へ抜けるようなら、売りが増えるわけで下方向への流れになる可能性が強まります。
今日は昨日の高値安値に注目しています。


ではまた

マーケットの方向感

5月11日(水)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ユーロドルは月曜日から注目していた1.44レベルに戻ってきて、ここから上か下かが注目されます。
ドル円も先週は79円台に下げましたが、今日は81円台をつけています。

マーケットには一定の方向感がなく、動きが定まりません。
このようなときは、小さな値幅で確実に取るか、大きな動きを待つか、だと思っています。

私はモニターの前に張り付いて、ジッとチャートを見続けるのは疲れてしまうので、大きな動きを狙うタイプです。

虹のチャートを使って大きな流れを見つける、という方法から考えると、現在は方向感が定まらず、手を出しにくい状況です。

この辺の状況を4時間チャートの比較で見てみます。
20110511 6pair4H
ドル・円・ユーロ・ポンドの主要4通貨の組合せを見ると、どれも4時間で虹になっているものはなく、マーケット全体で方向感が定まっていないことがわかります。

大きな流れになるであろうマーケットのテーマとしては、これまでのドル売りと、先週から出てきたギリシャの債務再編によるユーロ危機、の2つだと思っていて、マーケットがどちらに注目するかで、流れが決まりそうです。

またコモディティの動きも、通貨と同じように方向感がなくなってきていて、QE2終了の6月を前に、これまでのドル売りの動きが大きく変わる可能性を、商品、債券、通貨、株などあらゆるマーケットの参加者が意識しているようです。


大きな流れの変化も小さな動きから始まります。
何が本流なのかを見極めたいと思います。

ではまた

ドルに注目

5月12日(木)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨夜はNY株が下落、商品も下落、ドル買いとなり、リスク回避的な動きでしょうか。
マーケットは方向感がつかみにくくなっていましたが、そろそろユーロ売り、ドル買いになりつつあります。
やはりマーケットでは、ドルの動きが重要に思えます。


チャートはユーロドルの4時間です。
20110512eurusd4h.gif
ピンクで囲んだ()部分は、4月末から5月の連休付近で、ユーロドルは上値が重くなり、上伸しにくくなっていた局面で、虹も乱れてきています。
私はずっとユーロドルを買っていましたが、この辺でお休み。 1度5月頭にも買ってみましたが上に伸びず建値で決済されたので、そこから手を出していません。

ユーロドルはその後5月6日の雇用統計の日にドイツ・シュピーゲル誌のギリシャ離脱報道で急落。
この場面でショート(売り)して儲けた人も多いようですが、虹が出てないので私は売りません。
それより、買いポジションを虹の乱れから閉じた方が虹のセオリー通りで、この急落場面で損を出さずに良かったと思っています。

さて、5月はずっと虹が乱れていたので取り引きせず、昨夜が今月最初の取引で、ユーロドルを売りました。
...このトレードはインヴァスト証券 24グランプリの一環です。

4時間の虹はもう少し(たぶん今日完成)なので若干早めです。(部分)
ただ昨夜下げすぎて、5EMAから離れているので、1.4250付近(ピンク罫線)までの戻りはあると思っていて、ちょうどここは月曜の安値付近(部分)でもあり、ここを上抜けしなければ、下落継続と考えています。


ユーロドルのこの下落は、ユーロ売りもあると思いますが、これまでのドル売りの反動でドル買いが起こっているのかもしれません。
もし、そうなると、大きく流れが変わり始めるので、ここは重要な変化だと思っています。


ではまた

ドル買いへの動き

5月13日(金)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マーケットはこれまでのドル売りから、ドル買いに傾いてきているようです。
私も参戦しているインヴァスト証券 リアル24グランプリでは、私の損益がわかりますし、ポジションやトレードについても書き込んでいるので、参考になるかもしれません。
...ちなみに今回は資金10万円で個人口座で参戦。
   このためレバレッジも50倍で、基本的には1万通貨での取引。
   一般の個人投資家と同じ条件でリスク管理しながらトレードしています。

リアル・トレードが参考になった方は、私のブログのバナーから口座開設してくれると、私にも少し恩恵がきます

さて、話がズレましたが、ドル買いです。
私はドルの動きを見るときはユーロドルで見ていて、さらに確かめるためにポンドドル、ドルスイスなども見ます。

まずはユーロドルの4時間チャート。(縦破線は週区切り線)
20110513eurusd4h.gif
ピンク罫線は、ディーラーズ・バトルtwitterでコメントしていた1.4440付近と1.4270付近です。
売られ過ぎたので少し上方向に戻しましたが、これも昨日書いた予想の範囲内で収まり、再び下落しており、ドル買いの動きになっています。
当面は昨日止められた1.4150付近が重要ポイントと考えます。


次はポンドドルの4時間チャート。(縦破線は週区切り線)
20110513gbpusd4h.gif
ポンドドルも4時間は下向きの虹になってきて、ドル買いになってきています。

さらにはドルスイスの4時間チャート。(縦破線は週区切り線)
20110513usdchf4h.gif
こちらは上方向への動きなので、下へ一気に下るユーロドル、ポンドドルより動きが遅くなって、上向きの虹にはなっていませんが、ドル買いの動きであることはわかります。

このように主要なドルストレートがドル買いに動き始めており、これが本格的になると、ここまでずっとドル売りであった反動で大きくドル買いへの流れになりそうです。

今日は週末の金曜日ですし、ここでどういう動きになるのか注目です。



田向宏行からのアナウンスメント
このところ、secretコメントで、虹の使い方についてのご質問を何人かの方から頂いています。
ありがとうございます

私たちのモニターの向こう側には世界中のプロがいるのが為替マーケットです。
だから私は損失回避を第一に考えています

このため虹色FXでは最低3ヶ月はデモトレードで練習することをお薦めしています。
...練習で虹の見方を身につけてほしいからです。

たまに勉強会も開催しますが、3時間ぐらいかかります。
なので、このような内容をブログで簡単に説明することは、できず
申し訳ありませんが、まずは、過去の記事をお読みいただき、
コメント欄にご質問を頂ければと思います。

なお、過去記事を読むのは大変だから、簡潔にという方にお薦めするのは、
虹色の基本が体系的にある程度まとまっている、月刊 FX攻略.comでの連載コラムをご参照下さい。
2010年1月号から、虹色FXの概要や、エントリー・ポイント、損切りポイント、など、
テーマ毎になっているので、(多少古い話しもありますが)バックナンバーは編集部へお問い合わせ下さい。

以下は、月刊 FX攻略.comでの連載コラムのタイトルをまとめましたので、ご参考になれば...
2010年
 1月号:虹色FXとは何か
 2月号:虹色FXへようこそ
 3月号:エントリー方法
 4月号:虹のストップ・ライン
 5月号:利確のサイン
 6月号:時間軸の視点
 7月号:敗因の研究
 8月号:虹色の弱点
 9月号:戻りの予測
10月号:順張りと逆張り
11月号:「休む」「待つこと」が儲けの近道
12月号:背中を押すもの
2011年
 1月号:高値買いと安値売り
 2月号:マネーの技術
 3月号:コツコツ、ドカーンからの脱出
 4月号:テクニカルの迷路
 5月号:トレンドの転換期
 6月号:資金管理が何よりも大事

なお月刊 FX攻略.comは、毎月21日発売
5月21日発売の7月号は、「チャートの比較から見えるもの」というテーマで書いています。
6月21日発売の8月号は、「FXで経済的自由」というテーマの予定です。
全国書店で発売していますが、お近くの書店でご予約されると確実だと思います。


さて、週末です。
週末特有の動きに気を付けたいと思います。


追 記
5月15日 FX攻略.comでの連載コラムのタイトルを追加しました。


ではまた

クロス円は注意?

5月16日(月)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

先週からドルの動きに注目し、金曜日のブログで「ドル買いへの動き」と書いたように、マーケットはドル買い方向に動いています。
ユーロドル下落、ポンドドル下落、オージードル下落、ドルスイスは上昇...
しかし、ドル円は・・・・・下落しつつもスッキリしません

ドル円でドル買いになれば、当然ドルが買われるので上昇しなければならないのですが、流れは下方向
これは、マーケット全体の大きなの流れと矛盾する動きです

チャートは月曜日によく出している、ドル・円・ユーロ・ポンドの4通貨の組合せ6ペアの4時間です。
20110516 6pair4h
上段はEURUSD、GBPUSD、EURGBP
下段はUSDJPY、GBPJPY、EURJPY です。

EURUSD、GBPUSDは明確に下向きの虹が出て下落方向。
ユーロ売りが強いようで、EURGBPも揉み合いつつも下方向。

ドルストレートのEURUSD、GBPUSDでドルが買われ、ユーロやポンドが売られているので、クロス円でも、ユーロやポンドが売られているため、GBPJPY、EURJPYは下向きの
しかし、ドル円は下に向かいつつも、直近はドル買いが強くなり上に進む展開(黄色●部分)。

ここでマーケット全体のドル買いが強くなると、ドル円が上昇し、クロス円も反騰する可能性があると思います。
このためクロス円の売りは要注意でトレードすべきで、ドル円の動きを見ながらのトレードが重要だと思っています。

特にUSDJPYのピンク罫線(81円35)付近を上抜けていくと、ドル円は上方向に進む(円安)可能性が強くなり、ある程度円安方向に動けば、クロス円もそちらに動いてしまうと思われます。


虹が出ていても、通貨ペアの選択は重要だと思います。


リアルトレード24グランプリに参戦して痛感しているのは、資金管理の重要性。

ここでは10万円の資金で、個人口座のレバレッジ50倍で取引していますが、この資金では1万通貨の取引しかできません。
現在はポンドドルを売っていますが、本当はユーロドルも売りたいところ...
しかし、10万円ではユーロドルを追加して1万通貨売った途端に強制決済にかかってしまうはずです
この部分はコメント欄でご指摘頂いたように私が間違えて書いていましたので、削除します。
本当はあと2枚ぐらい売れたようで、チト残念ですが、それで損をするわけではないので、いいかなぐらいに思ってます。

こうした通貨の選択は難しく、またベストと思う選択をしてもその後のニュースや経済指標で変わってしまうので、やはり資金に余裕をもって、あとから追加出来る方が良いように思います。

まぁ、これもポンドドルのポジションがすでに損失を回避できているから言える、贅沢な悩みともいえ、欲張らずまずは損失回避を重視するのが一番だという考えに変わりはありません。


さぁ、月曜日です。
今週も虹色FXで、私と同じ個人投資家が少しでも多くマーケットを楽しめるお手伝いができれば、幸せだと思っています。
世界最大の為替マーケットを楽しみましょう
そして18時30分からはフォレックス・ラジオのU-stream版でライブを楽しみたいと思います。

ではまた


追 記
17時15分 コメント欄でご指摘頂いた箇所に加筆。

ドルの動き

5月17日(火)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨夜は米国時間にそれまで買われてきたドルが、売られる展開となりました。
ドル買いの流れが一時的に止まった動きでした。

しかし、ユーロドル、ポンドドル、オージードルは昨夜のディーラーズ・バトルで注目した、金曜日の高値を越えることはなく、またドルスイスも金曜日の安値を割り込みませんでした。

チャートはドルストレートの4ペアの1時間です。
縦破線が日付区切り線なので、それぞれの日の高値や安値が見やすくなります。
20110517 usd4pair1h
EURUSD、AUDUSD
GBPUSD、USDCHF という配置です。

赤罫線は、昨夜注目された金曜日の高値(EURUSD、GBPUSD、AUDUSD)安値(USDCHF)で、ここを越えることはありませんでした。
ここを越えるようだとドル買いの動きは一旦中断して見なおさなければならなと思ってましたが、そうはならず、基本的にはドル買い継続と考えています。

ただ積極的にドル買いに動くかどうかはまだ微妙で、虹も大きく乱れて方向感がなくなっているので新たなポジションは作れません

まずは、昨日の高値安値をどちらに抜けるかに注目ですが、ユーロドル、ポンドドル、オージードルは昨日の戻り高値であるピンク罫線を上抜けてしまうかに注目しています。
...ドルスイスは金曜の安値(赤罫線)に注目。


マーケットは4時間の虹の方向から、ドル買い方向に傾いて来ていると思いますが、直近の1時間が方向感を失っているので、まずはこの1時間の虹がどのように現れるかを待ちたいと思います。

迷うときには取引せず、より安全に、よりリスクを少なく、私のようなアマチュア投資家がトレードしても儲かりそうな場面だけ取引するのが虹色FXです

まずは損失を回避し、チャンスがあるときだけ利益を追求するスタンスを守りたいと思います。

ではまた

円だけが...

5月18日(水)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今週は円だけが動いている印象です。
マーケット全体は方向感が薄れてきて、わかりにくい動きになってきていますが、円だけは売られる展開。
日本企業による海外企業買収案件での円売りという思惑か、実需があるのかもしれません。

チャートはドル・円・ユーロ・ポンドの組合せ6ペアの4時間チャートで、マーケット全体の動きを見なおしてみます。
...私は、ドル買いスタンスですが、このところの動きはそうでなくなっています
20110518 6pair4h
EURUSD、GBPUSD、EURGBP
USDJPY、GBPJPY、EURJPY という配置。
いずれのペアも虹は乱れて、方向感がありません(ピンク●部分)
ただ、昨日のブログで書いたように、上段のドルストレート(ユーロドル・ポンドドル)は金曜の高値(ピンク罫線)を越えることができず、まだドル買い(下方向)の動きが継続していると考えています。

一方下段のドル円とクロス円は、昨日急上昇して、金曜の高値を越えていて、虹も大きく乱れています。
特にドル円は4時間の虹は大きく乱れながらも、1時間はもう少し上昇すると上向きの虹が出る状態であり、81円30付近がサポートされて、81円60付近を上抜けるか、81円76付近の昨日高値を上抜けると、1時間がきれいな虹になりそうです。

マーケットは連休あけぐらいからのドル買いの動きが止まりつつあり、今夜のFOMC議事録に注目しているのではないでしょうか。

マーケットはドル売り・円売りという状況になっていますが、ここからドル買いに戻るのか、円売りの動きが一時的なのか本格的な動きになるのか、注目したいと思います。


チャートは同じ6ペアの1時間チャートです。
20110518 6pair1h
どの通貨ペアも1時間ですら虹になっておらず、私は手を出せません。
ただ、下段のドル円・クロス円だけは上向きの虹になりつつあり、ドル円が上昇していくと、1時間チャートではもっとも虹になりやすい状況にあると思います。

それでも、まだマーケット参加者が迷っている状況ですから、アマチュアの私が下手に手を出すと思わぬ損失になるかもしれません。 
虹色のルール通り、「誰もが買っている」とか、「誰もが売っている」と思えない状況では、必要以上のリスクと取ってトレードするのが良いとは思えず、まずは様子見が一番だと思っています


ではまた

ドル円はレンジ?

5月19日(木)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マーケットは方向感なく、手を出しにくい展開です。
虹色FXは、「誰もが買う」または「誰もが売る」トレンドを見つけてゆったり乗っかるので、現在のような方向感のないレンジ相場は手を出しません。
慌てずに待って、損を出さないことも重要なトレードだと思っています

昨日はドル円が81円を割り込み、このまま下かと思いきや、反騰して82円をうかがう展開でしたが、今日はまた下げてきています。
そこでドル円チャートを日足でよく見てみることにしました。

チャートはドル円の日足で、歴史的最安値とその後の戻り高値でフィボナッチを引いてみました。
20110519usdjpy1day.gif
そうすると、ちょうど50%が81円付近で、ドル円の現在のレベルは、再び上に行くのか、下へ行くのか、大きな流れの中でも分岐点にあることがわかります。

また近ごろの値動きは、50%の前後にある61.8%と、38.2%の範囲(ブルー■部分)にあることがわかり、しばらくはこの範囲でレンジ相場かもしれません。
上は82円、下は80円ぐらいの幅が注目だと思っています。


ただ...私が方向感がないと書くと動き出すというアノマリーがあり、もしかするとそろそろ動き出すかもしれません。

まずドル円については、この狭いレンジをどちらに越えていくかに注目だと思いますが、虹の配列を見ると、下方向の可能性が高いように思えます.....が、それは動き出してから確かめたいと思います。
...アマチュアの私が下手な相場観や想像するより、マーケットの動きに寄り添う方が安心です
   虹のサイン従って、マーケットから利益をもらえたら感謝です
   

ではまた

円売り・ドル売りの兆し

5月20日(金)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マーケットはずっと方向感がなく、虹が乱れ、手を出しにくい展開が続いています。
このような場面では、サインがないので私はお休みします。

思えばこの状態は5月6日のシュピーゲル誌の記事から始まったように思います。
4月末まではひたすらドル売りでユーロドルが上昇。ドルを売ってればいいマーケットでした
そして5月に入るころから上値が重くなり、5月6日のユーロ・ネガティブな記事で一気に下げていきました。

しかし、そのままドル買いにはならず、ユーロ売りも続かず、方向感のない展開に

このような方向感のないマーケットですが、このところ少し動きが出てきたように思います。
それは、ドル売り、と、円売り

チャートはユーロドルの4時間チャートです。(縦破線は週区切り線)
20110520eurusd4h.gif
先々週の後半(5月6日)に急落して、先週末から今週初が現在の底になっています。
今週はこの底から上に戻す動きですが、まずは先週金曜日の高値1.4340付近を上抜け出来るからに注目
...今朝1度トライしてますが、抜けませんでした。
そして、ここを上抜けできれば、先週月曜日の高値1.4440が意識され、ここも上抜けするようだと、ユーロドルは上方向に戻ると思っています。
虹は1時間チャートで上向きに出つつあり、このまま上昇していくと、1時間はきれいな虹になると思いますし、1.4440を上抜けると4時間も虹になるくらいかもしれません。


次にドル円も見てみます。
チャートはドル円の日足です。(縦破線は月区切り線)
20110520usdjpy1day.gif
昨日のブログで書いたように、レンジであれば、82円付近で上値を抑えられ、昨日も82.20付近で抑えられました。

ここで注目のラインは5月2日の高値81.70付近で、昨夜もここを上抜けてから上昇が加速し、その後82.20付近で抑えられて下落しても、81.70付近がサポートされています。
その上は、4月27日の高値82.78付近が注目で、ここも上抜けると、ドル円は85円に向けて上昇だと思います。

この数日は1時間チャートでは上昇に虹が現れたり、乱れたりしながら上昇していて、上方向の動きになってきています。

ドル円の4時間チャートでもう少し詳細に見ます。
20110520usdjpy4h.gif
現在の81.70付近がサポートされるのか、逆に割り込んで下へ行ってしまうのかに注目しています。


このようなドル売り、円売りのシナリオ通りに動くと、注目はユーロ円
ユーロ円は、117.60付近を上抜けていくと、120円に向かう動きになりそうです。

今日は金曜日ですし、特に重要指標もありません。
この何もない中で、どのように動くか注目しつつ、深追いはしないようにしようと思います。


では、よい週末をお過ごし下さい





またもギリシャ!

5月23日(月)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

先週金曜日(20日)は、またギリシャでユーロは大幅に下げました。
5月に入ってから最初の金曜(6日)にドイツ・シュピーゲル誌の報道でユーロは急落。
そして次の金曜日(13日)も高値から急落。
先週は16日月曜日から緩やかにユーロが買い戻されていましたが、今度はフィッチのギリシャ格下げなどでまたもや急落。

欧州の小国ギリシャが巨大な為替マーケットを動かしているようです

ユーロが上げるには、ギリシャネタで毎週金曜日に作られたいくつかのハードル(ピンク罫線)を越えなければならず、また4時間の虹は下向きなりつつあり、流れは下方向になりそうです。


チャートはユーロドルの4時間(縦破線は週区切り線)です。
20110523eurusd4h.gif
先々週の金曜日に大き下げ、月曜日に1.4045付近(ピンク罫線)まで下げたユーロドルは、先週徐々に上昇して来て4時間の虹は乱れてきました。
先週金曜日の時点では、前週金曜日の下落前の高値1.4340付近(ピンク罫線)を上抜けていくと、少し上方向に向かうかと思ってましたが、ここから急落しました。
...ちなみに本格的に上昇するには1.4440(ピンク罫線)を越えなければならないと考えます。

マーケットの方向感がハッキリしないため、ユーロドルの緩やかな上昇と共に上方向の意識を持っていたのが私の失敗で、ここを越えられなければ急落を考えておくべきでした。
思いこみを捨て、常に虹が描く可能性を考慮していなければなりませんね。
ただ、虹色FXでは先走ったポジションは取らないので、今回は利益も取れませんでしたが、損も出ませんでした


現在は4時間の虹のラインが揃い、下方向なので、直近の安値1.4045付近(ピンク罫線)を割り込むようなら売り参戦だと考えています。
ただ、黄色●の部分は少し5EMAから離れているので、戻しを考慮した方がよさそうです。


まだ月曜のアジア時間なので、大きな動きにはならないと思いますが、方向感のないマーケットが続いているので、今週あたりから動き出すかも知れません。

流れが出来たら、慌てずゆっくり乗りたいと思います。


ではまた

ドル買い

5月24日(火)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

欧州の信用不安が再びクローズアップされ、株価も下げるリスク回避的な動きのなかで、ドルが買われています。
こうしたリスク回避の動きでは 円 が買われることも多いのですが、今回は円はそれほどでもなく、ドル買いになっています。

チャートはドルストレートの4ペアの4時間チャート(縦破線は週区切り線)です。
20110524 usd4pair4h
EURUSD、AUDUSD
GBPUSD、USDCHF という配置。

ドルスイスだけは方向感がハッキリしませんが、ユーロドル、ポンドドル、オージードルでは、虹が出て下方向に向かっており、ドル買いの動きです。
ただ、直近は売られ過ぎていて、日足の5EMAピンク罫線付近)から大きく離れているので、このレベルまでは戻る可能性があります。
ただ、欧州不安が加速するようだと、5EMAを付けずに下げが加速すると思いますが、昨日後半からはドル買いも弱まっており、まずはピンク罫線付近が注目です。

ただ、それでも大きな流れはドル買い方向と考えており、戻りが終わって下げ始めたら売りたいと思っています。


一方、円の動きは、金曜日に大きく下げたこともありそれほどでもありません。
チャートはクロス円の4ペアの4時間(チャート(縦破線は週区切り線)です。
20110524jpy4pair4h.jpg
EURJPY、AUDJPY
GBPJPY、CHFJPY という配置で、上のドルストレートと同じような配置ですから、比較しやすいと思います。
こちらも日足の5EMA付近にピンク罫線を引いていますが、ドルストレートと違うのは、クロス円の日足は虹になっておらず、方向感がありません。
この4時間が緩やかに円買いに向かっているのですが、ドル円はドル買いが強く、このためクロス円は方向感がない展開です。

クロス円は、欧州通貨や資源国通貨の動きにより大きく振れるのが魅力でもあり、危険でもあり...

私は当面方向がハッキリしている、ドルストレートがトレードしやすいと思っています。


ではまた


ドルの動き

5月25日(水)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨日のユーロドルの上昇は、ちょっと予想外でした。

チャートは昨日も出した、ドル円を除くドルストレート4ペアの4時間です。
20110525 usd4pair4h
EURUSD、AUDUSD
GBPUSD、USDCHF、の配置も前回と同じです。

EURUSD、GBPUSD、AUDUSDはほぼ同じ値動きをしていて、先週金曜日と月曜日で大きく下げ、昨日火曜日は少し戻しましたが、4時間の5EMA10EMAが接触するぐらいで再び下方向となっています。
このまま下落すると、再び4時間できれいな虹が描かれそうで、ドル買いの動きになると考えています。
...その前に1時間がきれいな虹になるはずですが

但し、右下のドルスイスはご覧のように虹がないので、手を出せません。

ドルストレートはここから直近の安値を更新できるか、再び上に戻されるかというところに注目していますが、4時間の大きな虹が下向きであるので、急激に上方向に大きく転じるということはないと思っています。

またこの4時間チャートで見ると、大きな波の頂点と底の部分も、前の頂点より低く、底はさらに下げていて、虹が乱れている場面でも、さらに大きな波は下向きだと考えられます。
そしてこの波が続くには、まずは月曜日の直近の安値を下回る必要があり、ここを下抜けると、ドル買いが強くなると考えています。

このドルの動きをドルインデックスでも見てみます。
20110525 usdindex1day
ドルインデックスは、ユーロドルの上昇(ドルの下落)と共に、ずっと下げていましたが、ここにきて反転上昇していきています。
ドルインデックスの日足に引いた5EMA50EMAをクロスして上昇(ここでは7本出せないので簡易版として3本引きました)しており、5EMAが先頭で上昇していることから、ドル買いが強まると考えられます。

最もドルインデックスはユーロドルのしめる割合が多いので、こうなるのも当然なのですが、全般に5月までのドル売りから、ドル買いに変わってきているのかもしれません。

まだアジア時間なので、大きくは動いていませんが、ドル買いの動きが強まっていくのかが今後の注目だと思います。


ではまた

リスクテイク?

5月26日(木)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今朝は中国人民銀行当局者が「欧州への直接投資を拡大すべき」と発言したと伝わり、ユーロが急騰。
昨日はポンドも上昇し、ドル買いの動きが少し違ってきています。
マーケットはリスク・テイクに傾いてきているのかもしれません。

一昨日のブログでも「ドル買い」と書いたのですが、当面は中断かもしれません

チャートはドルストレートの4ペアの4時間です。(縦破線は週区切り線)
20110526 usd4pair4h
EURUSD、AUDUSD、
GBPUSD、USDCHF、といういつもの配置。

方向感のなかったドルスイス(USDCHF)がスイスフラン買い・ドル売りに傾き、ポンドドル(GBPUSD)も上昇、下げ止まっていたユーロドル(EURUSD)は今朝から上昇、オージードル(AUDUSD)も少し上への動き...ということで、全般にドル売りの動きになっています。

私は中長期的にはドル買いと考えていますが、この動きは少し警戒。
このままドル売りの流れに戻るのか注目しています。

クロス円よりやりやすいと思っていたドルストレートが乱れる原因は、やはりさらに大きな動きが定まっていないことでしょう。

チャートは同じ4ペアの日足です。
20110526 usd4pair1day
EURUSD、AUDUSD、
GBPUSD、USDCHF、という配置も同じ。
この日足で見ると、ドルスイスだけは順調な虹に戻りつつありますが、その他には虹は現れず、方向感のない展開になっています。

これまではユーロドルを中心に今年前半ずっとドル売りの動きだったので、これが反転するのか、大きな調整で再びドル売りに戻るのか、分岐点・転換点になっているようです。

こうしたときに重要なのは、自分がどの時間足で判断しているか、だと思います。
15分などの小さな虹を捕まえて30pipsから50pipsぐらいを狙うか、日足で300pipsとか500pipsを狙う大勝負をするか、どちらかの方がいいかもしれません。

来週月曜日30日は、英国も米国もお休みなので、それを控えた週末の明日、そして今日は思わぬ調整や仕掛けがあるかもしれず、注意したいと思います。


ではまた

ドルの長期トレンド

5月27日(金)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今週からドル買いの流れが少し変わってきているようです。
と、言うよりも、5月6日からの動きは、ドル買いというよりユーロ売り
久しぶりに出てきたギリシャのネガティブニュースに反応して、ユーロ売りになったため、結果としてマーケットはドル買い方向になりましたが、週足などのずっと大きな流れはドル売りと思われます。

ユーロドルは月曜日に1.40を割りこみ、ひとまずユーロ売り・ドル買いは一服しています。
昨日も、ギリシャについてネガティブな発言が出ると一気に下げますが、それが続くほどではなく、ギリシャ問題へのマーケットの反応も徐々に薄くなってきていて、ユーロ売りの勢いは弱まっているようです。


チャートは近ごろ出しているドルストレート4ペアの週足です。(縦破線は年区切り線)
20110527 usd4pair1w
EURUSD、AUDUSD
GBPUSD、USDCHF という配置。

週足にすると、一目瞭然なのは、右側のAUDUSDとUSDCHFの
オージードルの上昇とドルスイスの下落という、明確なドル売りの流れ。
そして左側のユーロドル、ポンドドルは虹にならず乱れてますが、トレンドライン(ピンク線)を引くとこれも上昇で、流れは、ドル売り

週足でこの1年以上を大雑把に見ると、マーケットはドル売りなのです

ということは、今回の5月6日からユーロドルの下落も、大きなドル売りのなかでの調整という側面が強いかもしれません。

私はここを見誤って、ユーロ崩壊、1.30に向かうか、と思ってましたが、ずっと大きな年単位の動きがこれだと、簡単ではなさそうです。
...ギリシャのデフォルトとか、他国への波及とかが起きないとね


私はこれまでのドル買いスタンスは考え直し、ドル売りに転換しなくてはならないと考えています。


ユーロドルで代表的な動きをこの1週間で見てみます。
チャートはユーロドルの1時間で、インヴァスト証券FX24のリッチクライアント版のチャート。
そう 虹が出せるのです
...私はまだ使いこなせてないのですが、日本のFX会社で虹が出せるのはありがたい
   しかもチャートと注文を別会社にすることなくできるので、とても便利ですし即応性も高いと思います。
20110527 invast eurusd1h
まだ背景色など、細かな使い方を理解していませんが、虎ノ門のインヴァスト証券さんに行くと、デモブースで教えてもらえるようです。(そのうち行かなくちゃ
...ちなみに口座開設する方は、左上にある私のFX24のバナーから

ユーロドルは月曜日に金曜の流れを引き継いで1.40を割り込みましたが、そこからは戻しています。
私は1.40割れでショートしましたが、昨日前日高値を越えて撤退。
...インヴァストの口座では損失計上になってしまいました。

この理由は撤退の遅れで、エントリーが悪く、第1次の撤退ラインで建値で逃げそこない、損切りしなくてはならなくなりました。 これは明らかに虹のルール違反で、甘えがでるとヤラレます
やはり損失回避が一番重要なのだと再認識しました


さて、ここからですが、毎週金曜日恒例になってきたユーロ・ネガティブなニュースがなければ、ユーロドルは上昇方向だと思われます。
...現時点では私が損切りしたポイントより50pips以上上昇しています。

注目は急騰した昨日の高値で、これを超えてしまうと、次は1.4440付近の上抜けが注目になると思います。


今日は週末の金曜日ですし、欧米ではロングウィークエンドの国もあります。
ポジション調整などの動きに注意したいと思います。

では素敵な週末をお過ごし下さい

ドル買い?ドル売り?

5月30日(月)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

明日で5月も終わりですが、今月はこれまでのドル売りの動きが転換しようとするタイミングだったようです。
ただ、直近では再びドル売りへの流れに戻りつつあり、この動きが強まると、今月のドル買いの動きは大きな調整に終わってしまい、今後の大きなドル売りの可能性も出てきそうです。

チャートはユーロドルの4時間(縮小版)です。(縦破線は週区切り線)
私は主にユーロドルで、ドルの動きを見ています。
20110530eurusd4h s
5月の連休をピークに5月5日から下げ始め、6日のドイツ誌の報道をきっかけに一気に急落しました。
その後、上への戻りを試しつつも、週末金曜日のたびに下落し、先週の月曜(23日)には1.40を割り込みましたが、ここから先週は急激に反転上昇しています。
...私のインヴァスト口座では1.4割れで売り参入しましたが、戻されて損切りました
   やはり大台付近で入るのは危険でした
   今回は私が虹のルール違反をしていて、ルール通りなら、建値で逃げることが何度も可能でした


この1.40割れは大きな節目だったようで、ここからマーケットは反転、1.43まで戻しています。


注目はピンク線の5月20日の高値1.4344付近(ピンク●部分)で、今朝はこの手前で一度止められましたが、ここを上抜けると、5月のドル買いの流れは終了し、再びドル売りに戻ると考えています。
特に、このピンク線のレベルは5月20日(ピンク●部分)だけでなく、5月13日(ピンク●部分)の高値1.4338付近でもあり、ここの上抜けは重要だと思います。
...その上には1.4440のレジスタンスもありますが


ユーロドルだけでなく、ドルインデックスでもドルの動きを見てみます。
20110530usdindex1day.png
こちらはユーロドルとは逆に、ずっと売られて下がっていたドルインデックスですが、5月の連休後に急上昇して、5月は上昇の動きになっていましたが、本日は直近の安値を下へ割り込んでいて、ドルインデックスから見ても、ドルは再び売られる動きになりそうです。
...ドルインデックスではダブルトップから下げる動きになりそうです。

私は金曜日から、ドルスイスとポンドスイスを売っています。
ユーロドルももう少し上昇してくれば、買いたいところですが、今日は少し下げるかもしれません。
押し目を見つけて買いというスタンスです。

ただし、今日は英国がスプリングバンクホリデーで休日、また米国もメモリアルデーで休日となり、市場参加者が少なく、流動性が低くなりそうです。
さらに明日は月末ですから、月末特有の決済の動きなど実需の動きで思わぬ動きになるかもしれず、注意したいところです。
...この辺はYEN蔵さんが今夜のフォレックス・ラジオで話してくれるかもしれません。
   18時30分からのU-stream生放送では、twitterで放送中にダイレクトに質問できます。

今週金曜日には雇用統計もあり、月末月初ですので注意して行きたいと思います。


※土曜日の勉強会には女性のFXお友達同士の方に参加して頂きました。
 虹の基本的な考え方やタイミングを検討しましたので、まずはデモで練習してみて下さい
 コメントやご質問もお気軽にして下さいね


今週もマーケットを楽しみましょう
ではまた

ドル売り

5月31日(火)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨日は英国・米国が休日で動きはほとんどなかったが、本日は朝から大きく動いています。
ウォール・ストリート・ジャーナル誌がギリシャ救済についての記事を出したようで、これが好感されてユーロ上昇、ドル売りという動きのようですが、アジア時間の朝からの動きなので、このままずっと欧州まで上げ続けるとは思いにくいなぁ...


ただ、マーケットは先週からドル売りに転換しており、ユーロドルは1.5を再び目指す展開かもしれません。


ドルストレートの虹を確かめます。
チャートはドル円を除く、ドルストレートの4ペアの4時間足チャート。(縦破線は週区切り線)
20110531usd4pair4h.jpg
EURUSD、AUDUSD
GBPUSD、USDCHF という配置です。

右下のドルスイス以外は、先週半ばで流れが転換してことがわかります。
まだ4時間は上向きの虹になっていませんが、徐々に虹を描きつつあり、上昇しています。
ドルスイスだけは、それまで方向感がなかったのですが、先週から下向きの虹となり、下落。
ドルが売られていることがわかります。

一部には、QE3、という声もでているようですが、さすがにそれは無理でしょう。
もしこのQE3期待でドルが売られている要素があれば、ドル売りが一気に冷める危険性もあるので、注意したいところです。

チャートはクリックすると別ページで拡大するので、見ていただくと、直近の4時間足は5EMAから離れており、虹のセオリーからすれば、ここに少し戻す動きか、現在のレベルで足踏みする動きになる可能性が高くなっています。
もしこれだけ5EMAと離れているのに上昇の勢いが止まらなければ、相当強い勢いですが、その反動も出ると思います。

ドル売りの流れの中で、より効率的なポイントを探したいと思います。


ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ