スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスク回避か月末要因か

12月1日(水)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

欧州の信用不安が収まりません
月曜日のwebラジオMondayFXYEN蔵さんが話していたように、マーケットはユーロを狙い撃ちしているようです。

既にPIIGSの<>アイルランドはEUとIMFに支援要請していますが、これでは収まらず、昨日はPIIGSのもう一つの<>イタリアも狙われ、イタリア国債が大幅に売られました。
...ご存じの通り<>ギリシャも既に支援下にありますね。

こうなると残るのは、<>ポルトガル、<>イタリア、<>スペインの3ヶ国で、これらの国の国債が売られて、金利は上昇しています。

為替市場ではユーロが全面的に売られている展開で、実はこの展開で儲けている個人投資家も多いと思います
また欧州金融への不安からリスク回避の動きにもなってきているようで、昨日は円が買われ、ドルが買われ、ユーロが売られる展開でした。

チャートは主要4通貨6ペアの日足で比較しています。
20101201 6pair

ドル円はまだ83円台ですが、84円台を割って下げてくる局面で、クロス円も急落しました
チャート下段のドル円とクロス円の動き(部分の動き)を見るとよくわかります。

一方、ドル買いというよりは、ユーロ売りで、これは上段の動きで見てみます。
左のユーロドルと、右のユーロポンドは大きく下げていますが、真ん中のポンドドルはそれほどでもありません。
これはドルが買われたというより、ユーロが売られたということだと思います。

チャートを比較すると、私のようなアマチュアでもマーケットが分かり易くなります

さて、では今日の動きですが、まずは昨日の安値を下回ってさらに下げていくかに注目しています。
チャートはユーロドルの日足です。
20101201eurusd1day.gif
日足の虹は大きく乱れています。
まずは昨日の安値1.2968付近を下回って下げていくのかに注目です。


この動きはドル円でも同じです。
20101201usdjpy1day.gif
昨日の安値83.42付近を下回るかどうかに注目しており、ここを下抜けするようだと、クロス円はさらに下げるかもしれません。


ただ、今日から12月
昨日の動きは11月最後の月末要因だったかもしれません。
また12月に入るか、雇用統計が終わったあたりから休暇を取る市場参加者も多いので、注意したいところです。
...個人的には昨日のブログで書いたように、そろそろ終焉とも考えますが、
   相場の天底は相場が決めるので、私はついていくようにしたいと思ってます


このブログをお読みいただいている何人かの方から、コメントや管理者宛で順調に儲かっているとのご連絡を頂き、うれしい限りです この場を借りて感謝します
虹色をご理解頂ける方が増えて、みんなが儲かるといいですね

ではまた
スポンサーサイト

明日の雇用統計

12月2日(木)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

昨日は、一昨日からブログで書いているように、ユーロドルは下げ止まり反転、ドル円も上昇に戻りました。
11月30日の下落は、休暇前のポジション調整だったかもしれませんし、11月末の月末要因もあったかもしれません。
ただ戻したと言っても、まだ弱く、この戻し自体が下落基調の中での調整かもしれません
...マーケットは難しいですね

チャートはユーロドルの4時間です。
20101202eurusd4h.gif
ご覧の通り、虹の流れは下向きでしたが、昨日の戻しで乱れています。
まずは昨日の高値1.3181付近を上抜けて来るかに注目しています。
ここを上抜けて1.33ぐらいまで戻すのか、再び下げてしまうのか、欧州のニュースにもよりますが注目点だと思いますし、ここの流れがハッキリしないと上にも下にもポジションは取りにくいと思います。


ドル円は堅調です。
20101202usdjpy1day.gif
11月30日に下げて84円を割って83円台に入り、再びリスク回避で円高、とも思われましたが、結局昨日は一昨日の下落分を取り戻しています。
当面は11月29日の高値84円40を上抜けるか、だと思いますが、ここを抜けると85円~86円が見えてきます。

ドル円の日足は虹になっていませんが、4時間は虹に戻り、上昇トレンド継続と考えています。

昨日のFRBの地区連銀経済報告(ベージュブック)での回復傾向の報告や、ADP全国雇用者数が大幅に良かったことを考えると、明日の雇用統計も好結果かもしれず、毎度の事ながら雇用統計から流れが変わるかも知れません。

今日はこの雇用統計を控えて動きにくい展開だと思いますし、昨日のコメントにもあるように、焦らず、慌てず、虹をつかんで行けば、大きく利益を取れるので、じっくり構えて行きたいと思います。

まずはアジア時間は動かないし、私は手を出さないので、買い物や読書などして、夕方から参入を考えたいと思います。
夕方からはマーケット状況に応じてツイッターかな


ではまた

転換中?

12月3日(金)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


11月のユーロ売り相場が一旦は止まり、ここから転換するのか、再びドル買い・ユーロ売りになるのか、マーケットは迷っているようです。

チャートはドル・円・ユーロ・ポンドの4通貨6ペアの4時間チャートです。
20101203 6pair4h
この6ペアでは、どれも虹は出ていません。
4時間では方向感が乱れていて、トレードはお休みです。


同じ6ペアの1時間も見てみます。
20101203 6pair1h
昨日のツイッターに書いたように、振られています。
...が、EURUSD、AUDUSDは予想通り下ブレしつつも上昇しました。
   私はトレンド転換中だと考えています。

まずは1時間が明確に虹を描くのを待ってからトレードする方が安心だと思います。

今夜は米国の雇用統計が発表されますから、本格的に流れが転換するなら、この後だと思っています。
よって実際に安心してトレードできるのは月曜日かもしれません。

ツイッターを見ていると虹色の読者の方の中には、数日前に虹が乱れ始めた時点で、もうトレードは止めて様子見を始めた方もいるように思います。(賢明ですよね)
安全確実に儲かるところだけトレードするのが、虹色FXで、その安全確実な場所を見つけるのが虹のラインです。

今日は金曜日ですし、雇用統計を控えてアジア時間は動かないと思います。
まずは雇用統計を見極めたいと思います。



私は今週末(日曜)が忘年会なので、飲み過ぎ注意ですね
土曜日には、マネテク(MoneyTECH)で、リスクとリターンについてYEN蔵さんの話を聞きます。
マネテクでは大学生の就活支援もしているので、興味のある大学生は番組のご意見フォームからご連絡下さい。


では、みなさんも良い週末をお過ごし下さい

ドル売り再燃か?

12月6日(月)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

先週金曜日はブログで転換中?と書いたように、ドル買いの流れが転換して行きました。
雇用統計の悪い数字もドル売りの流れを加速させましたが、すでに水曜か木曜から転換しつつあったと思います。
虹のチャートを見慣れてくると、こうした転換ポイントもつかみやすいと思っています。

しかし週末をはさんで今日ですが、このまま順調にドル売りの流れになっていくのかに注目します。
先月のFOMCでのQE2から、ドル売りの下地はできていると思いますが、これまでのマーケットは予想と違う展開でドル買いになっていました。
...欧州信用不安や米金利上昇など様々な理由が考えられますが、
   FRBにもわからないことが、私にわかるはずがありません
   やはり虹をみて流れについていくだけです。


チャートは主要4通貨の6ペアです。(11時のチャート)
20101206 6pair

EURUSD  GBPUSD  EURGBP
USDJPY  GBPJPY  EURJPY
という順番で表示されていますが、
EURUSD、GBPUSDが虹を崩して大きく上昇していることがわかります。
またUSDJPYも4時間の虹を崩して下降しています。
ここから判るのはドル売りの流れです。
...このためGBPJPY、EURJPYのクロス円は大きく振られています。


今日もこのままドル売りの流れになっていくのか、これが一時的な動きだったのかが今後を決めそうです。


欧米のマーケット参加者は雇用統計も終わり、今週ぐらいから次々にクリスマス休暇を取る時期です。
参加者が減れば流動性が薄くなり、少し大きな玉が出ると大きく振られてしまう可能性があります
それでも、これまでも書いたように、こうした大玉による動きは一時的ですから、やはり虹の流れに乗って行きたいと思います。
ただ、その際ストップを狭め、すぐに建値で逃げるように備えておくのか、大きな流れに沿うことをメインとしてストップを広めにしておくのかは考え方が分かれるところでしょう。

虹色FXの戦略は損失回避ですから、これからは特に利が乗ればストップを建値に移して損失回避をした方が安全かもしれません。

まずは本日の欧州時間からどのような動きになるのかに注目したいと思います。


ではまた

ユーロと円

12月7日(火)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

昨日はユーロ圏の財務相会議が開かれ、信用不安問題などが話し合われたようです。
まだまだユーロ不安は解消されておらず、昨日はユーロ売りとなり、ドル売り再燃とはなりませんでした。


昨日も動き出したのは欧州時間に入ってからで、最初は方向感が少しなかったあたりは、私のようにドル売りと考えていたマーケット関係者も多かったのかも知れません。
...が結局1.33を割ってユーロドルは下落し、ユーロ売りの方が強かったようですが、
   それでも1.32ミドルまでだったので、方向感が定まっていないようです。


さて今日ですが、引き続きユーロ不安からユーロ売りになるのか、少し戻されるのかだと思っていて、その中でユーロ売りが加速するようなら、ユーロ円が注目かもしれません。

チャートは主要4通貨6ペアの日足(zoom)です。
20101207 6pair
EURUSD  GBPUSD  EURGBP
USDJPY  GBPJPY  EURJPY
という配置になっていますが、上段のEURUSD、GBPUSDは方向が定まっていません(部分)
この週末の雇用統計から、上方向(ドル売り)か、下方向(ドル買い)かで、迷っているようです。

一方、はUSDJPYが84円40で抑えられて下落しており、GBPJPY、EURJPYも下方向。
特にEURJPYは日足が虹になって下げています。
...但しドル円が虹ではないので、クロス円は注意が必要だと思います。

ここで注目はEURGBP
EURGBPの部分が下げて金曜日の安値0.8445付近を下抜けて下げるようだと、EURUSDも下落し、USDJPYの下落と合いまってEURJPYが大きく下げるかもしれません。
ここに注目しています。
...但し今日は英国の鉱工業生産が18時半に発表されますから、それまでは注意したいです。


ただ、マーケットはやはりドルの動き中心であることに変わりなく、ドルとユーロの綱引き状態。
ここがハッキリしないと、クロス円が大きく動かされる状況ではないでしょうか。
上手く乗ると儲かると思いますが、動きが長く続かない時期なので、早めのエントリーが必要だと思いますし、短めのチャートで虹を使うのがいいかもしれません。

もう実質年末相場ですし、みなさんも忘年会シーズンに入ったと思います。
忘年会の宴席が始まるとマーケットも参加者が減ってきて動きにくかったり、瞬発的な動きが出る時期なので、無理せず小幅な利益で早めに利確した方がいいかもしれません。
私も30pipsとか50pipsで早めに決済しています。


忘年会シーズンと言えば、フォレックス・ラジオの忘年会が、12月23日(木・祝)に横浜・石川町で開催されます。
詳細は昨日のMondayFXの放送をお聴きになるか、FOREX RADIOのツイッターでご覧下さい。
私も参加の予定ですので、お会いできたら楽しいと思います


ではまた

欲張らず

12月8日(水)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

昨日はブログで書いたようには動かず、マーケットはドル売り、円売りになりましたが、オバマ大統領がブッシュ減税を延長することで共和党(野党)と合意したとの発表でドル買いに
上へ下へと方向感なくニュースで動いて、アマチュアには危ないマーケットになってきました

おそらくクリスマス休暇でマーケット参加者が減る一方で、不安定な米国や欧州のニュースが出ると振られやすい展開になっているのかもしれません。

チャートは主要4通貨(ドル・円・ユーロ・ポンド)の組合せ6種の4時間チャートです。
20101208 6pair
この6ペアに虹はありません
しかも上へ、下へと動いていて、ヘタをすると2円ぐらい持って行かれてしまいます。

ただ、これを15分チャートにしてみると...
20101208 6pair15m
虹が現れる部分もあります。
私は昨日EURUSDを1.3340付近で買い、1.34手前で決済しましたが、これも15分チャートに虹が出たくらいのタイミングです。(詳しくはツイッターを...)

方向感がなく、振られやすくなってきているので、短い時間のチャートを使い、欲張らず利幅も狭くするか、危ないと感じたら早めに手仕舞いしてしまう方が良いと思います。
...昨日のコメント頂いた方も、虹のルール通り損失回避を第一にされています

年末年始に向けて、ここから大きな波や、どちらかに傾く動きにはなりにくいと思っています。
プロの人たちのカモにならないように慎重に欲張らずに、虹を使って、マーケットの動きに小さくついて行くのが良い時期かもしれません。


ではまた

虹とピボット

12月9日(木)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


ここ数日のブログに書いているように、マーケットからは虹が消え(乱れ)方向感がなくなっています。
また市場参加者の減少から大きく振られたり、上へ下へと動く展開です。

虹が乱れているということは、移動平均が一定方向でない、ということです。
こうなると何かをトレードの基準にしたい人は、相場を休むか、別の基準を求めます。
私は昨日のブログにも書いているように、欲張らずに休むか、小さくトレードする方がいいと思っていますが、もう1つの基準はピボットです。

昨日主要通貨ペアでピボットをつけたのはGBPUSDだけで、ドル円クロス円は上昇、ドルストレート、EUGBPは下落しました。
チャートで見てみます。 いつもの6ペアの4時間です。
20101209 6pair4h
チャートに虹はなく、方向感が一定していません。
こうなると上下に方向感なく動くのですが、そこで1つの指標になるのがピボットです。

ピンク破線---)は昨日のピボットです。
GBPUSDを除き、どれもピボットを付けていません。

そして青破線---)が今日のピボットです。
EURUSDは昨日付けなかったピボットを今朝付けに行きました。

方向感がないときは、当日や前日のピボットが1つの基準になるかもしれません。
まずは今日のピボットへ向けて動き、さらには昨日のピボットを意識した動きになるかもしれません。

虹が乱れているときは、虹ほどの精度はないものの、動きを予測するものの1つとしてピボットを使うのもいいかもしれません。
...ただ損失回避が第一虹色FXでは、まず虹が無ければ休むのが原則です。
   虹が乱れているのにピボットを用いるのは、その分リスクが高くなることはご理解の上、利用して下さい。


今日はBOE(英国中央銀行)が金融政策を決定します。
昨日のポンドの動き(ポンド買い)は、このBOEの発表に向けた動きかも知れません。
噂で買って、事実で売る、ともなりかねないので今日のポンドは注意が必要だと思います。


ではまた

追 記
14時15分 ピボットについて質問がありましたので、書いておきます。


ピボットは前日の高値・安値・終値から算出する数値で、だいたい7割ぐらいはこの数値を付けるとされています。

詳しくは、このページを見ていただくとして、私は本来のピボットを使ったトレードではなく、この値が誰もが算出できることから、多くの市場参加者に意識されていると思っていますし、特にレンジ相場では、このピボットを通過する確率が高いと思っています。

このため、方向感のない相場では、目標になるかもしれないと思っていますが、本文に書いたように虹に勝る安全で安定したトレード指標はないと思っているので、ピボットだけに頼ると痛い目を見るかも知れませんから、この点は理解した上で利用して下さい。

そろそろ、お休み

12月10日(金)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


ここ数日のマーケットは動きが小さくなっています。
今日から来週にかけてが最後の期間で、20日(月)からの週はほとんどマーケットはお休みでしょう。
私も、そろそろお休みモードです。

マーケットが小動きなのは、株式市場も同様でNYダウも今週はあまり動いていません。20101210 nydow
NYダウは上昇トレンドですが、ここ数日は頭が抑えられていますし、動きも小さいことがわかります。

チャートはいつもの4通貨の6ペア、4時間チャートです。
20101210 6pair
どのペアも方向感なく、虹もありません。
強いて言えば、ユーロが弱く、昨夜もイタリアが格下げとの噂も出て売られる場面がありました。
ドル金利とユーロ圏のニュースで綱引きですが、ユーロドルは緩やかに下落。
私はユーロポンドの動きが下向きなうちは、ユーロ売りが続くと思っています。

もう一つ、昨日のブログで書いたピボットですが、昨日はすべての通貨ペアがピボットへ動きました。
ここで利を取れた方もいるかもしれません。

ピボットは前日の値動きから算出しますが、
水曜日がピンク---)、
昨日・木曜日が---)、
そして今日のピボットが---)です。
ピンクは少し外れていますが、は近いところにあります。
つまりここ2日ほど、ほとんど動きに方向感がないことがここからもわかります。

黒・青のピボットとピンクのピボットぐらいが動く範囲の目安かもしれません。

ただ、注意は中国
中国の中央銀行、中国人民銀行が利上げをする噂が出ていて、これまでは金曜日の19時に突然発表していました。
本日の19時は注意かも知れませんし、もし利上げされると豪ドルなどは大きく下げるかも知れません。



さて、来週が実質最後の取引週だと思いますが、その次の週にはフォレックス・ラジオ忘年会があります。
18時頃から横浜で開かれますので、私も参加予定です。
おそらくラジオ出演者みなさんが参加すると思うので、参加される方は直接いろいろ聞くことができるのではないでしょうか。
詳しくフォレックス・ラジオのページをご覧下さい。
...もちろん、私に会って質問したい、という方も是非ご参加下さいね


また明日もマネテク(MoneyTECH)があります。
今回はクリスマス相場に合わせて、流動性についてYEN蔵さんのお話を聞きます。

そのYEN蔵さんは、本日19時からYutakaMarketTVで今後の相場について解説されますので、年末特有の知っておいた方がいい情報などを確認されるのもいいと思います。
この番組は視聴者からコメントで質問できるので、ダイレクトに聞けていいと思います。


では、素敵な週末をお過ごし下さい


追 記
13時 YEN蔵さんのYMTVについて加筆しました

最後の動きか?

12月13日(月)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。


先週でマーケットはそろそろ終わりかなぁ...と思っていたのですが、最後の動きをしそうになってきました。
こうなるとトレーダーの血が騒ぎます

チャートはいつもの6ペアの4時間です。
20101213 6pair
EURUSD  GBPUSD  EURGBP
USDJPY  GBPJPY  EURJPY
という配置になっています。

ここでユーロドル(EURUSD)とユーロポンド(EURGBP)は下向きの虹になっていて、ユーロ売りポンド買いドル買い の流れです。
ドル円(USDJPY)は上向きの虹の配列になり、ドル買い円売りの動き。

このためポンドドル(GBPUSD)は、ポンド買いと、ドル買いで方向感が弱いですが、少しポンドが強い
ポンド円(GBPJPY)は、ポンド買いと、円売りですから、上向きの虹になってきています。
ユーロ円(EURJPY)は、ユーロ売りと、円売りで方向感がはっきりしません。

ここは引き続き、ユーロ売りが良いように思われ、ユーロドルの売り、というところでしょうか。
ただ明日に本年最後のFOMCを控えており、FRBはQE2でドル安を狙っていたのかも知れないので、現状のドル買い(ドル金利上昇)は予想外かもしれません。
このため、明日のFOMCで何か出るかも知れませんし、ユーロドルの1.30は節目なのでここを下抜けするのは簡単ではないかも知れません。


こうした要因を反映してか、ユーロドルの虹は下向きに7本が揃っていますが、虹そのもののラインが示すバランスはまだ美しくなく、5~35EMAが示す短期の動きが大きく下げ始めないと、4時間の虹は美しいバランスにならない点が注意だと思います。

日足を見るとこの点がハッキリします。
20101213 6pair1day
日足はどのペアもラインが乱れていて方向感がありません。
クリスマス休暇ということもあり、日足で明確な強いトレンドは現れていません。
当面はこの直近の高安値の間で動いているようです。


トレードにあたっては、4時間より短いチャートで動きを確認しつつ、年末の流動性が薄いなかで思わぬ損をしないように気を付けていきたいと思っています。


今週が実質最終取引の週だと思います。
ここまで積み上げた利益を減らさないように、慎重に行きたいと思っています。


ではまた

時間帯の意識

12月14日(火)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。


昨日は欧州時間からドル売りとなり、ここまでの流れがひっくり返りました。
私は外出していてトレードしていなかったのですが、23時過ぎに帰宅すると、アララという感じ。
慌ててニュースを見ると、ムーディーズが米国債格付けを2年以内に引き下げる可能性、が影響しているのかなか...とも思いますが、やはりFOMCを控えたポジション調整か、クリスマスシーズン特有の動きではないかと思っています。


チャートはいつもの6ペアの1時間です。
20101214 6pair 1H
縦の破線が日付区切り線ですが、一気にひっくり返ったことがわかります。
午前中に入った人は影響を受けたかもしれません。

ユーロドル、ポンドドル、ユーロポンドで見ると、●の部分のローソク足がトレンドでなくなっている点が注目です
クリスマス相場で参加者が少ない中で、こうした動きは要注意です。

一方、下段の円の動きは少し違います。
こちらは事前の動きはなく、欧州時間でひっくり返りました。

ここから知るべきことは、トレードの時間帯ではないでしょうか
アジア勢、欧州勢、米国勢と一般に言われますが、それぞれで扱う資金量が違うことが影響すると思います。
当然ながら1位は欧州、2位は米国、アジアは全体でも3位ですし、東京は香港かシンガポールより少ないはずです。
...このため私はアジア時間はトレードしません。

チャートのの波と、取引量のボリュームの波の両方が合わせっているときに、相場に乗るのが一番だと思っています。


さてもう一つのチャートは同じ6ペアの日足です。
20101214 6pair 1day
ご覧の通り、一目瞭然で方向感がありません。
もし動く後すれば、今日のFOMCが年内は最後の機会かもしれませんが、このままレンジ相場になる可能性もあると思っています。
...この辺は昨夜のフォレックス・ラジオYEN蔵のMondayFXでも話題になりました。

チャートの縦破線は1ヶ月の区切り線です。
11月は明確な方向性がありますが、12月に入ってから方向感なくレンジになりそうな動きです。

12月のこの時期から大きく動き出すとは考えにくく、そろそろマーケットはお休みモードかもしれません。
無理に手を出さずに、しっかりチャンスを待つか、小さく素早く利食う方がいいと思います。


ではまた

ドル買いへ?

12月15日(水)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。


昨夜のFOMCは、特にサプライズもなく通過。
このためドル金利は上昇し、再びドル買いの動きに戻っています。

ただこのドル買いが、新規のドル買いなのか、売っていたドルの決済なのか、迷うところです。
ユーロ圏が少し静なので、ユーロ・ネガティブなニュースが出ると、ドル買いが加速するのかもしれません。
ユーロは、ユーロクロス(ユーロスイス、ユーロオージーなど)も大幅に下げており、ユーロ売りの流れが続いています。
...この辺はYEN蔵さんの12月11日のブログが参考になります。


チャートはドル・円・ユーロ・ポンドの組合せ6ペアの日足(zoom)です。
20101215 6pair1day
12月に入って(縦破線)から方向感なく上下しています。
日足レベルで上下してしまうと、1時間などの短いチャートのサインで入ると失敗しそうです。
使うなら15分など、もっと短い時間が良いかもしれませんが、こちらは流動性が低下しているため、たまに大きな玉でると、一気にひっくり返されてしまいます。
...私のようなアマチュアには安心してトレードできる感じではなく、手を出さない方が賢明かもしれません


マーケット自体もこのままレンジで今年は終わってしまうかもしれません。

ただ、今年の終わりは31日ではなく、27日の可能性もあります。
12月27日までは日本の祝日やクリスマスなど各国の休みが続きますが、28日から通常のマーケットに戻ると思われ、1月1日、2日はお休みですが、遅くとも3日には通常に戻るはずです。
日本がお正月休みの間に動き出すかもしれませんね。

基本的にはドル買いスタンスで、このイメージにチャートの虹が合致するように現れてくれば、言うことナシだと思っています。


今日から日銀がETFやJ-REITの買い取りを開始する予定です。
この動きが株式市場や、ドル円市場にどのように影響するかも注目です。

まぁ、もう年末ですから、ゆったり本を読んだり、チャートを見なおしたり、来年に備えた方がいいかもしれません。
私も忘年会や外出が多く、ツイッターもあまり書いていませんが、何が起こるかわからないのがマーケット
なにか気になる動きがあれば、つぶやきたいと思っています。


ではまた

ドル買いはどこまで

12月16日(木)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。


マーケットは迷いながらも、ドル金利上昇でドル買い継続。
昨日は特にポンドドルが大きく動きました。
12月相場で方向感が定まらないのですが、少し動くと1時間には虹が現れてきます。
ただ、この虹にどこまで乗っていっていいのかが、怪しいところ。
やはり年末に大きくどちらかにポジションが傾くとは考えにくいので、ある程度の幅でレンジになっていると思います。
このため、虹が出始めたら早めに乗り、無理せず早めに降りるのが良いように思います。
それでも50pipsぐらいは取れると思うので、損を回避して、利が出ればヨシとするのがこの時期の相場ではないでしょうか。

チャートはいつもの6ペアの1時間です。
20101216 6pair 1H
ドル買いとなったため、ドルストレート(EURUSD、GBPUSD、USDJPY)は虹になりそうです。
...GBPUSDは虹です。

しかし、これがずっと続くと思うわけにはいかないので、先行きを見てみます。

チャートはユーロドルの4時間です。
20101216eurusd4h.gif
4時間チャートでは虹はなく、乱れて方向感がないことがよくわかります。
当面はドル買いで下方向かもしれませんが、まずは12月9日の1.3160付近、そしてここを下抜けしたとしても、11月30日の1.2970付近までだと思っています。

次はポンドドルの4時間。
20101216gbpusd4h.gif
こちらはユーロドルよりは虹に近くなっていて、さらに下げる可能性があります。
まずは12月2日の1.5510付近が目標ですが、これは近いので、その先は11月30日の1.5480付近でしょうか。
このポンドドルも1.54ミドルまで下げるかは少し疑問ですが、ユーロ同様に欧州の金融問題や、英国の来年の財政問題から下げる余地はあるかもしれません。

注意点としては、ユーロドルもポンドドルも昨夜大きく下げたので4時間の5EMAから離れていることです。
チャートのピンク●部分がそれで、ここが空いている分は少し戻ると思っています。
問題はそこから再び下がるのか、さらに上に戻ってしまうのか、悩ましい...


今日は同じ欧州圏のスイスが政策金利を発表します。
スイスフランは昨日も動いていましたので、この金融政策発表に向けての動きかも知れません。

またEUは今日・明日で首脳会議を開催し、その前に緊急の財務相会合を開催します。
昨夜のムーディーズによるスペイン国債格下げの検討やECBの増資など、欧州圏は話題に事欠かないので、ここで動きが変わるかも知れないので、慎重な方が良いでしょう。

通常のマーケットのように虹で大きな流れができて、ドル買いしておけばいい、というようにはならないので、注意したいところです。

今の時期は、利益を取りに行くより、思わぬ損失を被らない方を重視する方が合理的だと思っています。

ではまた

FX税制が改正

12月17日(金)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。


マーケットの話より、昨日のツイッターにも書いた、
平成23年税制改正大綱でFX税制についても改正」の方が、個人投資家には注目です

詳細は平成23年税制改正大綱PDFの47ページと48ページをご覧頂くこととして、大まかには次のよう改正されるようです。
①店頭取引も取引所取引(クリック365など)と同様に、一律20%の申告分離課税(現在は総合課税)とする。
②店頭取引と取引所取引で損益通算できるようにし、損失を3年繰り越すことができる。
③これらの改正は平成24年1月1日の取引から適用される。

...もし私が読み間違えていれば、ご指摘下さいね

さすがに来月(平成23年1月1日)からの取引には適用されませんが、FX投資家には良い方向への改正だと思います。
...マット今井さんのブログ(元ディーラーで、民主党衆院議員)にも書かれています。
ただ、改正されたときはレバレッジが最大25倍に規制されてますが、それでもFXは他の金融商品より投資効率が高いと思います。(トレード方向を間違えなければね


さぁ、税金下がるし、これからもっとFXが楽しくなります


さて、マーケットです。
昨日はもう少しドル買いになるかと思ってましたが、行きませんでした
24時のフィラデルフィア連銀景況指数が予想より大幅に良かったため、ドル買いになり、私も、「ここからドル買い」とツイッターにも書いたのですが、結局不発

やはり年末相場で傾きにくいということでしょうか...

チャートは6ペアの日足です。
20101217 6pair1day
日足に虹はなく、方向感なく狭いレンジになっています。
特に12月に入ってから(縦破線で区切り表示)はその傾向が顕著なようです。
...こうなると暴れん坊のポンドが魅力の人もいるかも


それでもマーケットは、ドル金利上昇、ユーロ不安が続いており、これがいつ引き金を引くのかが気になるところです。
...それでも、ドル買い・ユーロ売り、ポンド売りのイメージを持っています。


ドル金利上昇の先行きについては、12月14日のYutakaMarketTVでだいまんさんがチャートから分析していて、上昇しても3.5%ぐらいと予測。
現在3.43%ぐらいなので、ドル金利上昇が止まるか、反転するようだと、為替市場にも大きく影響すると思われます。
...この「だいまんのウラ読み、表読み」はオンデマンドで誰でも見ることができます。

そのだいまんさんのフォレックス・ラジオでは、12月23日午後6時から横浜・石川町で忘年会オフがあります。
私も参加しますが、興味のある方は、12月6日のマンデーFXのページをご覧下さい。
既にこのブログをお読みの方から「参加」とのご連絡を頂いており、お会いできるのを楽しみにしています

マーケットは今日動かなければ、もう年内は終わりでしょう。
来週の20日からの週は、欧米勢はほぼ休みでしょうし、日本の休日もあり、アジアもあまり動くとは思えません。

その上、今日は週末金曜日
思わぬポジション調整の動きにやられないようにしたいところです。


寒いですが素敵な週末をお過ごし下さい
ではまた

今年はおわり

12月20日(月)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。

今週は日本の休日(23日)とクリスマス(金・土)があり、マーケットはもうお休みになります。
午前の東京株式市場もほとんど動いておらず、これまで東京株式の上昇を支えた海外勢がお休みで動かなくなりました。

チャートはドル・円・ユーロ・ポンドのペア6種の日足です。
20101220 6pair1day
縦の破線は12月の区切り線です。
日足で虹はなく、方向感がありません。
12月に入る前後からレンジ相場になっています。

ただ、方向としてはドル買い。
ドル円、ユーロドル、ポンドドルの虹は、ドル買い方向へ向かいつつあり、ドル円は上昇方向、ユーロドルとポンドドルは下方向への動きが強くなってきています。
ただまだ虹にはほど遠く、年末の参加者不足もあって虹が現れるのは微妙だと思っています。

私ももうお休みモードですが、22日ぐらいまではマーケットを見ていようと思っています。
ただ、動いたと思って慌てて乗ると、流動性が低いのでダマシに合うかもしれず、注意したいところです。
この時期は、ゆったり構えて、少しマーケットから離れて見るのが良いかも知れません。


私も今週はゆっくり本を読んだり、資料を見たりしたいと思っています。


本...と言えば、明日月刊 FX攻略.comが発売されます。
相変わらず虹色FXのコラムを書いていますので、よろしくお願いします

今日はフォレックス・ラジオが年内最後の放送です。
ゲストは週刊 東洋経済為替ディーラー列伝に伝説のディーラーとして紹介されていた、大倉孝さんです。
...大倉さんの話は、とても面白いので聞いたことのない方は是非


ここからの年内は、ゆったり休みつつ、今年の反省と、来年への戦略を考える時期かもしれません。
このブログも、そろそろ不定期更新になるかもしれませんが、その際はご容赦を

ではまた

クリスマス明け

12月27日(月)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。


1週間ぶりの更新です。
20日からクリスマス休暇で、トレードもブログもほとんどお休み状態でした。
マーケットも動いておらず、あちこちの忘年会に参加したり、ゆったり過ごしています。

さて、そのクリスマスの本場、欧米でも25日が過ぎ、今日から米国市場は参加者が戻るかも知れません。
特に本日は、ニュージーランド、オーストラリア、香港、英国、カナダ、スイスがクリスマスの振り替え休日などでお休みで、おそらくマーケットに入ってはきません。
このため、米国勢が一気に動かしに来るかも知れず、米国時間からウォッチ体勢に入ろうかと思ってます。
もしここで動き出して流れができてしまうと、日本の年末年始など関係なく、そちら方向へ大きく動いていく可能性があるから、注目します。


12月23日のフォレックス・ラジオの忘年会に参加する前、私は昼頃にカナダ円を売りました。
忘年会でドル円が83円を割ったのを知り、「50pipsにリミット設定してきたから、たぶん取れただろう」と宴会の場で大口を叩きましたが、スプレット分届かず、取れませんでした
...カッコ悪

反省を込めて検証してみます。

チャートはカナダ円の1時間です。
20101227cadjpy1h.gif
82円20付近で売りましたが、81円67(BID)までしか落ちず、スプレット分足りず、戻って来てしまいました。
でも、虹色のルール通りなので、上手く行かなくても損にはなりません。
...チャートでは部分です。

1時間チャートでは下向きの虹の配列ですが、短期線が一度上に戻した後で、美しいバランスではありません。

しかし、15分チャートで見ると
20101227cadjpy15m.gif
ちょうど虹が出たところでエントリーしていることがわかります。
また1時間に比べ、虹のバランスも美しいことがご理解頂けるでしょうか。
しかし、15分の虹なので、力は弱く、50pipsを狙ったのが失敗でした。
...1時間も動くと思ったのですが、クリスマス相場で、アジア時間、外出で見ていれない、
   という条件を考えると、リミットを狭くするべきでした。(方向感は合っていました
   近ごろ順調なので、少し驕っていたかもしれません。 反省

なぜ、1時間チャートで予想した下への動きが限定的だったかを考えるため4時間も見ます。
20101227cadjpy4h.gif
原因は、ここにありそうです
4時間チャートは虹になっていません
特にの長期線部分の順番がまだ虹の配列順になっておらず、下へトライしている途中でした。
おそらくこの後、CADJPYは下へ動くと思いますが、それは4時間が美しい虹となってから認識すべきで、まだこの時点では早かったと思います。


今夜からCADJPYのみならず、こうした動きがどちらに向かうのか、注目します。
そして、もし今日・明日に本格的に動きださなければ、年明け後かもしれないと考えており、私の休暇も少し長引きます


しばらく不定期更新ですが、気になる時にはまた書きます。
ではまた



クロス円の虹

12月28日(火)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。

昨日はドルが売られる展開でした。
しかし、12月20日のブログで添付したチャートのレンジから外れることなく、ほぼレンジ内の動きと言えそうです。
...但し、ポンドは売られてこのレンジをブレークしてますが、これが本格的なポンド売りか
   動きの激しいポンドが休暇中で飛び出してしまったか、見極めたいと思います。

チャートはドル・円・ユーロ・ポンドの組合せ6ペアの日足です。
20101228 6pair1day
黄色の部分は12月20日の時点でレンジと考えて色を変えた部分で、現在もこの範囲内です。
ここが維持されるとなると、ドル円も下値は限定的か
ユーロドルが上昇に転じたのも理解できそうなところ。

ただ、ポンド円は振られ過ぎかもしれませんが、一応は下へブレークしていますし、ユーロ円も下方向。
その上、ポンド円とユーロ円は日足で虹が明確に現れており、下への流れは止まらないと考えます。
となるとドル円も下方向へブレークする可能性もありそうで、そうなるとクロス円はさらに下げる可能性が出てきます。

この動きを危惧してか、昨日は介入についてのコメントも出ていました。
日本政府としては年末に向けて株価の下落は望まないでしょう。

また、本日は英国、ニュージーランド、オーストラリア、カナダが休日で、欧州勢は少ないでしょう。
円買いの動きに注意しつつ、マーケットを見ておきたいと思います。


今日は簡単にこれだけ...しかもいつもよりずっと遅い更新
ではまた

来年は円高?

12月30日(木)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
チャートはクリックすると拡大します。


年末年始で不定期更新中です
それでも、マーケットは虹のチャートの通り動いていて、円買いの動きになりました。
ドル円は81円28まで下げ、もしかすると今日か明日にも80円台に突入しそうです。
そうなると、クロス円も下落。
ポンド円、ユーロ円も下げていますし、堅調だった豪ドル円もここへ来て大きく下げ始めました。

チャートはいつもの6ペアの日足です。
20101230 6pair1day
12月20日に黄色ので囲ったレンジを下抜けし、円買いになっています。
ドル円の下向きの虹はまだ美しくありませんが、ポンド円、ユーロ円はきれいな虹になっていて、このまま下落方向であることを示しています。

ただ気になるのは、赤いライン(5EMA)から離れている点です。
特にドル円はピンクの部分が離れています。
ポンド円も昨日は5EMAから少し離れています。
これが何を意味するかというと、5EMAのレベルまで戻る可能性があるか、さらに大きく下げて5EMAが空いている部分を埋めてローソク足に接近してくる可能性がある、ということです。

ドル円が大きく戻すと、クロス円はさらに大きな幅で戻されるかも知れないので注意したいところです。


一方ユーロドルは少し戻していて、昨日は上方向の動きになりました。
上の6ペアのチャートの黄色ので囲んだレンジの範囲で動いています。
虹が揃っていないので、売りはできません。
20101230eurusd1day.gif
虹ではなく、ローソク足だけで見ても、12月23日までは緩やかに下げる展開でしたが、23日(ピンク縦破線)の安値を底にして、翌日24日は下値が更新でていません。
さらに週明け月曜の27日には日足の高値が更新されてしまいました。
(ピンク部分)

安値が更新できず、高値が更新されるのですから、当然反転を考えなくてはなりません。
流れは下方向と思いますが、ここから売ることはできないと考え、手を出していません。


ドルとユーロの綱引きをしつつ、円だけが買われる展開、というのがこのところの動きのようです。


今日・明日で2010年が終わります。

新年は2日が日曜なのでマーケットは3日からとなり、ここでは欧州勢も米国勢もマーケットに帰ってきますが、日本はおせちを食べてるかもしれません

新年になれば、新年度のマネーが大量にマーケットに入ってる来る可能性が高くなります。
...ちなみに欧米系は1月から新年度になるところが多いようです。

このままの流れだと、2011年はドル円が1995年の79円75を割り込み安値を更新するかもしれません。
ここと下抜けると、目標もなく、60円説などが出てきそうです。
まずは1月3日の動きには注意したいところです。


本年もこのブログをお読みいただき、ありがとうございました。
アマチュア視点なので、プロの方の見方とは違うこともあると思いますが、私と同様にアマチュアの方がマーケットで儲かるお手伝いができれば、なによりです

では、よいお年をお迎え下さい


カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。