しばらくお休み

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


やはり3日のFOMCを前に、マーケットはお休みした方がよさそうです
80円90付近で売ったドル円は、今朝の介入?の噂も出た急騰でストップにかかりました。
そこそこ利益が乗っていたので、利確しておくのも手だったのですが、80円割れで一気に下げる可能性に期待し、一方でストップは建値より下だったので損は生まれないので、下方向に賭けました。

しかし、80円は大きな節目なので簡単ではないのかもしれません。

まだ月曜日のアジア時間ですし、ここからの動きが予想できない上、FOMCを控えていますし、米国指標もあることから、私のようなアマチュアは金曜のブログのように、しばらくお休みした方が良いようです。
虹も4時間では、ポンドドルが上向き、ドル円が下向きで虹ですが、ドル円は今朝の動きで4時間の虹も乱れそうです。
また1時間チャートでは虹が乱れている通貨ペアが多く、お休みがよいとチャートは行っています


チャートはドル円の1時間です。
20101101usdjpy1h.gif
週明けとともに先週の流れを引き継いで、円買い・ドル売りで窓を開けて下げました(矢印部分)が、今朝9時になった途端に大量の円売りが出たようです。
下向きの虹が出ていたのですが、9時台に乱されてしまいました。

当然、介入か?という声もあったようですが、介入とは違うようで、月末月初での投資信託の設定などで円が売られただけなのかもしれません。
...詳しくは、YEN蔵さんのブログ西原宏一さんのブログを待ちたいです。

ちなみに10月末に発表された財務省の外国為替の平衡操作によれば、10月は介入なし。
9月15日に2兆円規模の介入を1度しただけで、それからずっとしていませんし、たぶん今回も違うのではないかと思ってます。(中途半端ですし


今朝の動きで円の行方がわかりにくくなりましたが、それでも基本的には円高と考えています。
今朝の上昇も81円50付近(ピンク罫線)まででしたし、その上には何度も上抜けできない82円の壁(ピンク罫線)があります。
ドル円は81円後半あたりでは売りが多く出ているように思います。

一方でクロス円は少し上昇しそうです。
当然ながら円が売られているというようり、他通貨が買われての上昇で、ドルストレートのドル売り他通貨買いが強く影響していると思います。

これも当然FOMCを意識した動きなので、今週はの動きは要注意だと思ってます。
なるべく良いタイミングではいり、早めにストップを建値付近に置いて損を避けつつ利を取りたいところです。
しかし今朝のように思わぬ動きになったり、案外FOMC待ちで流動性が低くなっていて振られやすいマーケットかも知れないので注意したいですね。


今週前半は、マーケットよりも、コートにいる方がいいかもしれません
また本日から欧州は冬時間です。
ロンドン8時は東京16時ではなく17時になります。
この辺も注意したいところです。

ではまた

こりゃ、ダメだ

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


今日2日は米国の中間選挙...これはあまり重要ではなさそうですが
...FOMCも1日目開催(もしかして何かリークがでるか?)
明日3日はFOMCで追加緩和について発表があるはず
明後日4日は、BOEと、ECBが金融政策を発表し、日銀も金融政策決定会合を開催
金曜日の5日は、日銀の金融政策決定会合と米国・雇用統計...

なんとも忙しい週です

そしてマーケットがどちらに動くか、株も、為替も、債券も...金融相場に関わる人はみんな注目していて、動けずにいます。
これはNYダウや日経平均の動きが小さく上下していることからも、わかります。


さてここは虹色FXなので、虹のチャートで見てみます。
ここでは、最も取引が多くドルの動きを見せてくれやすいユーロドルで見てみます。

まずはユーロドルの1時間チャート
20101102eurusd1h.gif
ブルーの罫線は本日のピボットで1.3922です。
ピンクの罫線は10時台の1時間チャートの5EMAの位置で、だいたい1.3900付近です。
この2本がとても近く、集約してきていることがわかります。

次はユーロドルの4時間
20101102eurusd4h.gif
ありゃ、驚き!
4時間の5EMAもほぼ1時間と同じ1.39付近です。
ブルーの罫線は本日のピボット 1.3922
ピンクの罫線は10時台の4時間チャートの5EMAの位置。1.39付近。

1時間も4時間も同じ位置ということは、同じレベル(おそらくピボット)あたりに集約され上下していると思われます。

さらにユーロドルの日足
20101102eurusd1day.gif
ブルーの罫線は本日のピボットで1.3922です。
ピンクの罫線は日足の5EMAの位置。これも1.39付近

ここでも同じことが現れています。・・・こりゃ、ダメだ

要するに、動いていない、方向感がなく集束してきている、ということだと思います。
しかも為替市場で最も取引が多く流動性の高いユーロドルがコレですから、クロス円の流動性の低いペアなどは思わぬ動きでヤラレかねず、要注意だと思います。

もちろん集束すれば、その後は放たれますが、現時点ではそれが上か下かはわかりません。
...というより、市場参加者がみなどちらにも傾けられないので集束しているわけです
   ここでどちらかに張るのはギャンブルに近いかもしれません


こんな状態のマーケットは、動かない訳ですから、トレードできません。
しかもこの後はどちらかに大きく動くことが強く予想されています。
動くきっかけはおそらく3日のFOMCでしょうから、FOMCまでは様子見するのが賢明で、動き出したら乗ればいいと思っています。

・・・というわけで、昨日のブログの通り、しばらくお休みが良いと思っています。
明日の3日も天気が良さそうなので、日中はテニスして、FOMC後か4日からの動きに注目したいと思います。


ではまた

BOEとECB...BOJ

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

昨夜のFOMCは、上手いところだったかもしれません。
市場に大きな失望は与えず、しかし急激な緩和もせず、マーケットは緩やかに消化しつつあるようです。

チャートはユーロドルの1時間です。
20101104eurusd1h.gif
FOMCの発表直後は上下に動き(部分)マーケットが判断に迷った様子が見受けられます。
しかしその後はドル売りの流れとなっています。

ユーロドルの4時間では
20101104eurusd4h.gif
FOMC前に足踏みしていましたが、結局はドル売りの流れ。

このように注目のFOMCは大きなサプライズもなく、緩やかなドル売りが継続しています。

虹色で注目すべきは、4時間も1時間も虹になっていることで、ドル売りトレンドが明確です。

本日はこの後、BOE(英国中央銀行)、ECB(欧州中央銀行)の金融政策が発表されますが、大きな波乱も予想されていませんし、このままドル売りの流れが継続するものと思われます。
...またオマケのように今日・明日で日銀(BOJ)も金融政策決定会合を実施しています


明日は雇用統計もあるので、大きな動きはないと思いますが、基本はドル売りで、虹のサイン通りで良いと思っています。


ではまた

効果絶大!

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


FOMCでの追加緩和(QE2)の効果は絶大ですね
NYダウも大幅上昇し、219ドル高の11434ドル
まぁ、来年6月末までに48兆円を投入するわけですし、毎月5兆円を供給するわけで、こうしたマネーが株や新興国など流れるでしょう。
ドル安・株高の流れがしばらく続きそうです。


たまには株式市場を見てみます。
チャートはNYダウ日足です。
nydow
9月半ば頃から上昇しており、特に昨日は急上昇しています。
ちなみにここでは虹の7本は出せませんが、2050EMAのラインを表示しています。
株のチャートでも5EMAに沿って動くのはFXと同じで、虹色チャートを読めるようになると、株でも使えそうです(手前味噌)


さて、本来の為替市場ではユーロドルの日足です。
20101105eurusd1day.gif
こちらも9月半ば頃から上昇していて、NYダウと同じような動きです。
ユーロドルは1.42をアッサリ越えたことで、1.45へ向かうものと思われます。


ユーロドルの1時間を見ます。
20101105eurusd1h.gif
昨日の動きも、いつも書いているように、5EMA10EMAが接近してきた付近が買い場(部分)になっていて、その後欧州時間に上昇して行きました。
...わたしが東京時間はトレードせず、3時か4時から始めるのはこのためです。


ただ本日は週末金曜日ですし、FOMC後の上昇を利確する動きもあると思うので、この辺が注意でしょうか。


来週以降の動きですが、FRBが今後も積極的に緩和措置を取るため、ドルはまだ下がりそうです。
そこで久しぶりにドルインデックスを見てみました。
usdindex
チャートはドルインデックスの週足です。
かなり下げてきているのがわかります。

注目は前回の安値(2009年12月頃)の74付近を下回るのか?という点です。
今回の追加緩和の規模を考えると、ここを下抜けしそうですが、そうなるのか?
それとももう少し下げたあたりで反転上昇するのか?
この辺が注目ですが、上のNY株のチャートのように虹にならないまでも3本のEMAを表示させると、5EMA20EMAから大きく離れて下げており、戻る気配はありません。 50EMAも下を向いています。
このまましばらくドルは下落し、為替市場ではドル売りが継続していくものと考えています。


今週はイベントが多く食傷ぎみですが、今夜はトドメの雇用統計です。
これを確認してから休みたいと思います。



明日の土曜は20時頃からマネテクの第14回放送があります。
今回は投資などのアドバイザーについて、誰に相談するのが良いか?などをYEN蔵さんに聞きます。
では良い週末をお過ごし下さい

ドル・キャリー取引

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

先週のFOMCで、FRBが市場に6000億ドルという大量の資金(2011年6月末までに約48兆円!)を供給することを決めました。
月ベースでも毎月750億ドル(約5兆円)がドルで供給されます。

当然、市場にはドルが溢れ、為替市場ではドルが売られる構造になります。

これは2000年代前半に日本が低金利で市場に資金を供給した過剰流動性相場と同じことで、これからはドルキャリー相場になるものと思われます。

ただ、金利が高くても新興国通貨には手を出しにくいので、金利が高いのは、豪ドル(4.75%)、ユーロ(1.00%)、ポンド(0.50%)の順かと思っています。

そしてこれらの通貨の中で、ネガティブ要因が少ないものほど買われ、ネガティブ要因があるとその分は買いが弱まるのではないでしょうか。

チャートはユーロドルの日足です。
20101108eurusd1day.gif
今日のアジア時間は先週の上昇分を利確するためか、下げていますが、少し長い目で見るとドルは売られると思っています。
そこで、当面の安値1.37付近を底に考え、押し目買いしたいと思っています。

11月はファンドの締めもあるので、利取りの売りもでると思いますが、虹の大きな流れ(上昇)に従いつつ、短い時間の虹色チャートで上昇サインが揃えば、買っていきたいところです。


先週はイベントが続き、マーケット参加者も少しお疲れだと思いますので、今週前半は少し穏やかかもしれません。
...ま、こんな思いこみはアテにならないので、虹の通りにトレードしたいと思います。


ではまた

FRB批判とユーロ問題

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

先週のイベントが終わり今週はマーケットもゆったりしているように思います。
そうした中、欧州からはFRBのQE2について批判的な意見が出ています。
今週のG20やAPECでもこうしたドル安への動きに批判が起こりそうで、一気にドル売りになりにくいのかもしれません。
また一方でユーロ諸国でも不安材料が提供され、ユーロ買いになりにくい展開であることもドル売りを抑えているかもしれません。

この辺の動きは昨日のフォレックス・ラジオMondayFXでドルの動きについて、だいまんさんとYEN蔵さんが話しています。


チャートはユーロドルの1時間です。
20101109eurusd1h.gif
昨日のブログでドルキャリーについて書きましたが、昨日については逆の動きで下落しました。
1時間の虹は金曜日に乱れてしまいましたが、私は月曜日に戻る動きと考えていました。
しかし実際はもう少し下落し、今日の状況は1時間チャートでは下向きの虹が出ています。


しかし、昨日のブログの通り、10月20日の安値水準(1.37)付近が戻りの目安と考えているので、このレベルを割り込んでドル買いとなるのか、昨日の動きは先週の上昇分を利確する動きの範囲なのかを見極めたいと思います。

基本的には、昨日の通り、ドルキャリーが起こるものと思っています。
...中央銀行とケンカするな、ということで、特にFRBとケンカして勝てる人はいないでしょう

チャートはユーロドルの4時間です。
20101109eurusd4h.gif
4時間チャートは先週上昇の虹になりましたが、今は乱れています。
ただ下に引いたピンク罫線が1.37レベルでここに注目しています。

注目イベントが終わり、ファンドの45日ルールもあり利確の動きも出やすいと思っています。
エントリーのルールを守り、逃げやすいポイントでトレードしたいと思っています。
...ちなみに昨日tweetした豪ドルは伸びなかったので、逃げました


ではまた

ドル買いですが...

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

マーケットはドル買いの動きになっています。
FRBの追加緩和で大きな流れは、ドル売りとなるはずで、ドルキャリーが始まると思ってましたが、今週は逆の動きになっていて、ドルが買われています

私はどうもドル買いに乗りにくく、乗り遅れていますが、明日は米国がベテランズデー(退役軍人の日)で休日なので、要注意だと思っています。

こういう時は大きな視点で見た方がいいので、主要4通貨の6ペアを比較してみてみます。
まずは1時間チャート
1hour.jpg
EURUSD、GBPUSD、EURGBP、USDJPYが虹になっています。
が、5EMAが必ずしもトレンド方向ではないので、注意が必要です。

次は4時間チャート
4hour.jpg
これですね!
4時間で見ると、虹になっているのはEURGBPだけで、ドルの動きは明確ではありません。
このチャートを見るとドル買いを積極的にしていいのか、疑問ですし、1時間の虹と4時間が一致していないと、安心したトレンドとは言えません。


この4時間チャートが虹になるように動いていくのか、それとも戻ってしまうのかが注目点です。


ちなみに日足も見ておくと、
daily.jpg
日足の虹が乱れていることがわかります。
特にドル円は過去何度かトライして上抜けできなかった82円にトライしていますが、過去2回止められています。(ピンク罫線部分)
ここを抜けてドルが買われていくのか、注目しています。


今日のテレビ東京 モーニングサテライト では、投機のポジションが急拡大していることを三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘氏が説明していましたが、残念ながらwebには載せてくれていません。
ただ、このチャートを見ると、投機ポジション膨らみすぎているので、この決済だけでも、これまでの動きが巻き戻される可能性はあると思っています。

いずれにせよ、どちらへの動きがメインになるのか、見極めたいと思います。


ではまた

ドル売りに戻るか?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


昨日は私が月曜日に予測した1.37割れのレベルまで下げたユーロドルですが、1.3670ぐらいを底に上昇しつつあります。
チャートはユーロドルの1時間(zoom)です。
20101111eurusd1h.gif
昨日は10月20日の安値1.3697を下回り下げそうでしたが、下げていきませんでした。
やはりこのレベルは市場参加者が意識しているラインなので、ここで買い戻されています。
ユーロ圏から悪いニュースが出なかったのも影響しているかもしれません。

現在は昨日の高値1.3825に向けて上昇しており、ここを上抜けるようだと再びドル売りの本来の流れに戻ると思っています。
ここを越えて上昇していくのかに注目したいと思います。

なお、チャートは出しませんが、すでにポンドドルは上昇しており、ドル売りとなっています。
この辺もドル売りの流れを示しているのかもしれません。

FRBの追加緩和によるドル売りと、欧州金融不安再燃懸念でのユーロ売りが綱引きしています。
巨額の緩和策とそれを上回る金融不安が起こるかで動きが決まりそうです。



一方ドル円ですが、昨日ずっと越えられずにいた82円の壁を突破して、82円後半まで上昇。
ただ、ここからグングン上昇するとは思えず、ドル買いの動きがこちらにも現れたものと思っています。
ドル円の4時間チャートを見てみます。
20101111usdjpy4h.gif
今週のドル金利上昇、ユーロドルの下落などで一気に上昇しましたが、現在は少し下げています。
こちらもドル買いよりドル売りの流れだと思うので、83円から80円の動きではないでしょうか。


本日は米国がベテランズデー(退役軍人の日)で休日(株式市場は開いています)に加え、カナダやフランスもお休みで参加者が少なくなりそうですし、G20も開催されます。
昨日の動きはこうした休日やG20サミットでの為替問題を控えてのポジション調整だったかもしれません。

いつものことですが、逃げやすいところでエントリーして深追いしない方が良さそうです

ではまた

ユーロが主役?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

FRBの大規模追加緩和で盛り上がっていましたが、市場の注目はいつのまにかユーロに移っているようです
これがメイントレンドになるかどうかはわかりませんが、このところの主役はドル(ドル金利上昇)だと思っていたら、ユーロになっていました。
...ダブル・キャストかもしれませんが

一昨日(10日)に注目していた1.37を割り込んだユーロドルは、1度は少し戻しましたが再び下落。
今度は本格的に下げてきています。
チャートはユーロドルの4時間(zoom)です。
20101112eurusd4h.gif
4時間はほぼ下向きの虹となり、本格的に下げる動きになりそうです。

私は一昨日からポンド円を買っていましたが、これは1円ちょっと利確。
ポンドの動きからユーロポンドの下落、ユーロドルの下落に注目し、昨日はユーロ売り。
ユーロポンドとユーロドルを売っています。

チャートはユーロポンドの4時間(zoom)です。
20101112eurgbp4h.gif
こちらはユーロドルより先に明確な虹となり、下落しています。
ユーロポンドは利が大きいので、この動きは歓迎
ユーロドルより効率良く儲けることができます。


しかし、本日はG20が閉幕し、為替についても何らかの発表・発言があるかもしれませんので要注意
また16時にはドイツのGDP、19時にはユーロ圏のGDPが発表されるので、この時間帯は要注意だと思ってます。
これまでのユーロ安で欧州経済は意外に良いかもしれず、ユーロ売りが続かない可能性もあります。
...欧州金融不安の噂で売って、GDPの事実で買い戻し、かもしれません


週末金曜日でもあり、虹のルール通り無理せず行きたいと思います。


なお明日土曜日はマネテク(MoneyTECH)があります。
いつも通り20時頃のアップになりますので、よろしくお願いします。
今回は、投資家が大好きな、バブルについてYEN蔵さんに教えてもらいます。


では、素敵な週末を

個別の動き?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


FOMCまでのドル売りの流れから、FOMC後は個別通貨の動きになってきているようです。
少しバラバラで単純ではなくなっているのかもしれません。

チャートはユーロドルの1時間です。
20101115eurusd1h.gif
ユーロ圏のアイルランドやポルトガルの金融不安から売られてきたユーロですが、少し戻しかけています。
ただ、本日は金曜日の高値1.3776を越えるか、金曜日サポートされた1.3659で再びサポートされるかが重要だと思っています。
どちらに動くかによって、今週の方向性が決まるかも知れません。
1時間チャートでは虹は消え、方向感がありません。
...ひとまずまだ月曜日のアジア時間なので様子見します。


次にドル円
こちらは、金曜日に82円を割り込み、上昇もここまでかと思いましたが、すぐに82円を回復。
意外に底堅くなっています。
1時間チャートは上向きの虹となっており、4時間でも虹が揃いそうなので、このままだと上方向だと思います。
チャートはドル円の1時間です。
20101115usdjpy1h.gif
今日は既に金曜の高値を越えてきていますが、1度82円を割っているので、水曜日に付けた高値82.79を上抜けるかどうかに注目だと思っています。
ここを上抜けるようだと、84円か85円ぐらいまでの上昇はあるかもしれません。

本日の日本のGDPが良かったこともあり、しばらく円安に動く可能性がありつつも、82円を割れる局面ではクロス円も一気に下げてしまうので、この辺がポイントかもしれません。


今日はチト風邪ぎみでブログ更新が遅くなりました。
みなさんもお気をつけ下さい。

ではまた

ユーロ円に注目

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

昨日はドル円が上昇、83円台に乗ってきました。
このためか、クロス円も上昇し、円売りになっています。
ドルストレートはドル買いで、FOMCまで売られ続けたドルの買い戻しかもしれません。

チャートはドル円の4時間です。(1週間単位で区切り線を入れてあります)
20101116usdjpy4h.gif
先週ドル円は上昇へ転換し今日は4時間でも虹になってきています。
83円台、84円台には輸出企業など実需の売りが大量にあるとの噂もありますが、虹のチャートは上昇を示しており、時には実需の大玉で下げられると思いますがしばらく上昇しそうです。
...ただ、大きくはドル売りと思うので買いでは入りにくいと思ってます

クロス円も上昇しましたが、ユーロ円に注目しています。
チャートはユーロ円の4時間です。(1週間単位で区切り線を入れてあります)
20101116eurjpy4h.gif
ユーロ円は典型的な方向感のないチャートになっています。
虹は出ていませんし、長期のラインが集束してフラットになっていて長期で動きがないことを示しています。
しかしこうした膠着していると、動き出すと大きいはずなので、このユーロ円がどちらに動くかに注目しています。

ユーロ圏は、アイルランド・ポルトガルそして昨日あたりからはギリシャの財政問題も再燃してきており、これが一時的なネガティブ・ニュースでドル買い戻しを後押しする程度なのか、本格的な悪材料となり、昨年12月からのユーロ下落相場のような大相場になるのかに注目しています。

もしユーロが大相場になり下げるようだと、前回を上回る規模になる可能性があり、昨夜のフォレックス・ラジオMondayFXでゲストの大倉さんも「ユーロは奈落の底」ともおっしゃってたので、そういう可能性もあるのかもしれません


ちなみにユーロドルの4時間を見ると...
20101116eurusd4h.gif
ドル円の反射を見るように反対向きに虹になってきています。
今朝も一瞬昨日の安値を更新しているので、下方向の可能性が強く、虹の通りの動きになるか注目です。

ただ、ユーロ問題が本格化すると、ユーロ売り、ドル買いだけでなく、ユーロ売り、円買いにもなるはずで、ユーロ円が動かないあたりを見ると、まだマーケットではそれほど危機的な認識はないのかもしれません。

この虹からの判断を裏づけるように、VIX指数は大きく動き出していません。
チャートはVIX指数の週足で過去2回の大きな山は、リーマンショック後と今年はユーロ危機の時で危険レベルと言われる30を大きく越えています。
vix.png
リーマン後には90ぐらいになったこともあり、VIX指数っていくつまであるんだと思ったのを思い出します

ユーロ圏の動きに注意しつつ、あとは虹に従ってサインの出ている通貨でトレードするのがよさそうです。


...と書きながらも、今週は体調不良なので私自身は無理しないようにしようと思います。
   昨日はホルモンも食べたんだけどなぁ...


ではまた

欧州の風

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


昨夜は欧州からのニュースでマーケットは一気に動きました。
チャートはユーロドルの1時間で、東京時間22時に縦破線を引いています。
20101117eurusd1h.gif
また現在は底が堅くなっていますが、上も1.35で抑えられているのでここをストップに売るのもいいかもしれませんが、私はもう少し上に戻ると思っています。(1.35ミドルから後半)

これで4時間も明確に下向きの虹になり、ユーロドルは下落の流れになりそうです。

特に注目はアイルランドがEUに支援要請するかという点で、その後にポルトガルやギリシャなど財政問題を抱える国々があることから、この第1弾がどうなるか注目されています。
また昨夜は、ユーログループ議長やアイルランド政府からもマーケットを不安にさせる発言が相次ぎ、一気に売られてしまいました。

市場の恐怖指数と言われる、VIX指数も上昇しました。
vix2.png
右下の部分は22まで上昇しています。
VIX指数でも5EMAが上を向いていますが、数値自体はまだ若干上昇したレベルで、マーケットが危機一色になっている状況ではないと思っています。
...ここが25を越えてきたら要注意かもしれません。
   今夜の動き次第でしょうか、注目です。


昨夜は欧州からの発言で動きましたが、実体を伴っていなかったの戻る可能性も考慮しておく方がいいかもしれません。

当面はアジア時間は動かず、欧州時間に出るニュースに左右される展開かもしれませんが、こうしたときこそ大きな虹の流れを見つけてトレードするのがいいように思います。


...と書いているうちに1.35は上抜けしてしまいました。
   1.35ミドルから後半までの戻りを見極めてから、売るのがいいと思います。

ではまた



方向感ないなか...

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


今週前半は、ドル買い戻しの動きと、ユーロ不安が相まっていました。
ユーロドルは下落し、ドル円は上昇、という動きです。
しかし火曜日のブログでユーロ円を見たように、ユーロが主体で大きく下げているわけではなく、ユーロ圏からのネガティブなニュースが強くないとユーロ売りが強いわけではなく、やはりドル買い戻しの動きのようです。
来週の25日が感謝祭ですから、ここからクリスマスまでの1ヶ月が事実上のクリスマス休暇で、金融市場で儲けたファンドやディーラーはポジションを縮小または決済していくと思います。

おそらく今年は前半ユーロ売りドル買いして儲け、後半はユーロ買いドル売りして儲け、儲かっているファンドやディーラーが多いのではないでしょうか
この人達は、感謝祭前か、クリスマス休暇に入る前にドルを買い戻してくるかもしれません。
大きなドル売りポジションの決済と、ユーロ不安要素で方向感がハッキリしません。


しかし、ユーロ圏の財政問題も少し落ち着いているので、今日はユーロ買いドル売りかもしれません。
チャートはユーロドルの1時間です。
20101118eurusd1h.gif
ユーロドルはアイルランドからのニュースで16日(火)に1.3446付近を底に今は少し戻しています。
本日からIMF、EUが加わってアイルランド金融問題を国内で処理できるか、IMFやEUで支援するかを検討するようなので、ユーロ・ネガティブなニュースには注意が必要だと思いますが、虹色チャートでは下向きの虹が乱れ、上向きになりつつあります。
この動きが続けば、ユーロ買い・ドル売りになると思います。


一方ドル円ですが、こちらは底堅く上昇を続けています。
チャートはドル円の1時間です。
20101118usdjpy1h.gif
昨日も83円をキープし、底堅い動きです。
月曜日のブログで書いた84円から85円に向けた動きになりそうです。

当面は昨日の安値83円を割り込むのか、反対にまず83円35付近を抜けてさらに昨日の高値83円50付近を上抜けていくかに注目です。

昨日はあまり動かなかったので、今日は動きそうで注意したいと思っています。

ではまた

感謝祭に向けて

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


マーケットは昨日のブログで書いたように、方向感がハッキリしません。
FRBによる追加量的緩和によるドル安への動きアイルランドやポルトガルの財政懸念によるユーロ売りの動き、そして一番影響していそうなのが、来週25日(木)の感謝祭に向けた動きです。

感謝祭は米国移住した人たちが過酷な環境で1年生き延びたのを感謝する、というものですが、事実上はここから年末までの間に長期休暇を取るマーケット関係者が多いようです。

月曜日や金曜日が休みで連休になるロング・ウィークエンドでもポジションを調整したり、手じまう人がいるわけですから、長期休暇の前ではもっと大きなポジション調整があるのではないでしょうか。
また1月から12月の成績で評価されるので、儲けている人は11月末ぐらいでポジションを閉じ利益を確定させますし、ファンドなども11月末で評価される場合が多いのでやはりポジションを閉じると思います。

こうして考えると、感謝祭に向けていろいろな思惑での動きになりやすく、方向感がないのかもしれません。
...教科書的にはQE2でドルが売られるのに、そうはなっていません


さて、昨日のブログではドル売りを予想した通り、ユーロドルは上昇しました。

前日はドル買いになり、1.34台まで下落していたので、このままドル買いユーロ売りとの見方もあるなか、私がドル上昇を予想した理由は15分チャートです。

まずはユーロドルの1時間チャートを見ます。
20101119eurusd1h.gif
1時間では下向きの虹が乱れ始めた段階でドル買いと書いたことになります。

しかし15分チャート(縮小版)を見ると
20101119eurusd15m.gif
ちょうど虹が揃ったころでした。
このまま15分の虹は成長し約100pips上昇しました。

その後12時頃には順調に虹が成長したいたので、ツイッターでもそのように書き込んでいます。

上の2つのチャートを見ると、15分を縮小させただけで、全く同じ動き(相似形)であることがよくわかります。
このようにして時間の違うチャートで虹を比較すると、チャートの動きが同じでも虹のラインが違うことがわかり、トレンドの発生が短い時間で始まることがよくわかります。


ついでに言うと、深夜12時ごろには15分チャートが乱れ下向きになってきたので、撤退。
ツイッターでもそのように書きましたが、これはフィラデルフィア連銀指数が大幅に良かったためのドル買いの動きだったようで、朝起きてみるとその後は上昇に戻っていました

このように方向感のないマーケットでは、普段1時間や4時間を見ている私ですが、15分のように短いチャートも見るようにしています。

いろいろなところに注意して、マーケットの動きを見つけたいと思っています。


ではまた

欧州金融問題は一服

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


今朝、アイルランド政府はEUに金融支援を要請しました

これを受けて、EU、IMFまた各国から支援要請を歓迎するコメントが発せられており、欧州の金融不安問題は一服したようです。

このためか、マーケットは朝からドル売り。
QE2によるドル売りの流れと、アイルランドなど欧州金融不安によるユーロ売りの流れの綱引きは、欧州問題が縮小して、ドル売りの流れになると思われます。

チャートはユーロドルの1時間です。
20101122eurusd1h.gif
今朝6時台からアイルランドの緊急閣議などのニュースが伝わっており、ユーロドルは窓(部分)を開けて上昇しています。


今年実施した欧州金融機関のストレステスト(甘いと言われてますが)で、アイルランドでは2行中1行が不合格となっており、今回はこの問題が顕在化してきたようです。

このところの欧州不安では、アイルランドとともにポルトガルも不安視されていましたが、当時の資料によるとポルトガルの4行のうち、ストレステストの不合格行はなく、急激な市場の変動で債務が急増しなければ、欧州金融問題はこれで年内は通過するのではないでしょうか。
...こういうファンダメンタルズは素人考えでアテになりませんが


こうなると、ドル売り、他通貨買いの流れになりやすく、ドル円も上向き、クロス円は上昇が予想されます。


まずはドル円の4時間を見ます。
20101122usdjpy4h.gif
4時間は虹が出て上向きです。
直近は5EMA10EMAが接近してきてきますが、これが再び上に向き始めれば上昇と思います。


次はクロス円ですが、金利の高い豪ドル円の4時間チャート。
20101122audjpy4h.gif
こちらも虹が明確で上向き。
このブログを書いている午前の時点で高値を更新しています。


先週、方向感が明確でないとしたユーロ円も上に向きつつあります。
チャートはユーロ円の日足です。
20101122eurjpy1day.gif
この日足チャートでは虹になっていませんが、4時間チャートはまもなく虹になりそうです。
ユーロ円はまず11月4日の高値115円40、そして10月7日の高値115円66が目標でしょう。
まだ114円70付近なのですが、流れからすると行けそうな気もします。
ここが上抜けるようだと、円売りも本格化かもしれません。



今週は木曜日が感謝祭で、金曜も米国は休日。
このため、マーケットは実質水曜までになりそうです。
長期休暇前の動きに注意しつつ、流れに乗って行きたいと思います。


ではまた

ユーロって何だ?

11月24日(水)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

昨日は北朝鮮の韓国への砲撃で緊張が高まりましたが、金融市場では、ドイツのメリケル首相の発言からユーロに対する疑問が再び現れたように思います。

ニュースでは北朝鮮問題がメインで、この混乱による有事のドル買いとの解説かもしれませんが、22時頃にメリケル首相が、「性急にユーロ加盟国を支援することは欧州にとって良いことではない」というような発言をし、アイルランド問題に絡んで、たとえユーロ加盟国であっても、安易に金融支援するべきでない、と述べたことで、そもそも統一通貨ユーロってなんだという疑問が再び露わになった気がします。
...財政政策は各国で行いながら、金融政策はECBでコントロールする矛盾が再び注目されそうです。
   この金融政策と財政政策についてはwebラジオ・マネテクの第8回でYEN蔵さんと話しています。



チャートはユーロドルの1時間です。
20時過ぎからユーロは下落し、虹となったので、売り場でした。
20101124eurusd1h.gif
虹色チャートをお使いの方は、この20時から24時ぐらいで売り参入して十分利益を取れたと思います。

ただ、1時前にツイッターで書いたように、このレベルを超えると本格的下落になるので、見極めようと一旦決済して撤退。
マーケットも結局このレベルで止まっています。

20101124eurusd1day.gif
チャートはユーロドルの日足(zoom)です。
私がツイッターで意識して書いたレベルは、8月6日の高値1.3333付近です。
ピンクの罫線のように、ここはひとまずサポートになるレベルなので、一気にここを突き抜けるのには材料不足と考えました。
...すでにドル円も83円台に戻しており、ユーロドルも戻しています。


メリケル発言で、再びユーロの不協和音が大きくなるようだと、ユーロ売りが本格化すると思いますが、それがこの年末に起こるのか、来年になるのかはわかりません。


先週来、FOMCでのQE2によるドル売りと、ユーロ不安によるユーロ売りの綱引きですが、ユーロ制度そのものに対しての不安が再び(前回は今年前半の動き)顕在化すると、QE2よりインパクトが強く、ユーロ売りになりそうです。



明日は感謝祭で、明後日は米国休日
ここから2週間~3週間程度のクリスマス休暇を取る参加者が多いので、どちらにも動きやすい場面になると思います。
虹のサインを見つけて安心してトレードしたいと思います。


ではまた


追 記
14時10分 ユーロの抱える矛盾について加筆しました

感謝祭と、今後の流れ

11月25日(木)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

今日は米国が感謝祭でお休みです。
明日もお休みで、ここからクリスマス休暇に入る人が多いと言われています。

が、私たち個人投資家のマーケットはまだまだ続きます
参加者が少なくなると、大玉で思わぬ動きをしたりしますが、トレンドは変わりません。
虹でトレンドを把握していけば、そこそこ行けると思っています

さてマーケットですが、ドル買いの動きになっています。
ユーロドル、ポンドドルは下落、ドル円は上昇という感じ。
堅調な米国経済指標と、ユーロの不安感からドルが買われ、ユーロやポンドが売られやすいのかもしれません。

しかし、こうしたファンダメンタルズよりもチャートが明確に動きを伝えてくれています。


チャートはすべて4時間で、少しzoomして虹の大きな流れを示しています。
20101125 6pair
左上から、ユーロドル、ポンドドル、ユーロポンド
左下から、ドル円、ポンド円、ユーロ円 です。

上段のユーロドル、ポンドドル、ユーロポンドと、下段のドル円は虹が明確で、ドル買いの動きを示しています。
そしてユーロポンドではユーロ売りであることもわかります。

こうした大きな流れは急激に変わるとは思えません。
当面はドル買いしておけば、良いのではないでしょうか。

感謝祭からクリスマス・年末に向けて徐々に参加者が減るマーケットですから、短期の動きに素早く乗るか、長期のこうした動きに乗り、のんびりトレードするのが良いように思います。
...そろそろ私も年賀状や忘年会など年末イベントが増えてくるので、ゆったりがいいかな
   ちなみにツイッターで書いたポンドのショートはキープしています。


ではまた

ドル買い

11月26日(金)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

米国は感謝祭で昨夜のマーケットはほとんど動きませんでしたが、ドル買いの流れは継続しています。
感謝祭後に流れが変わることがあると指摘されていますが、ドル買いの流れは変わらないと思っています。

チャートは主要4通貨の6ペア、4時間です。
20101126 6pair
左上のEURUSD、中上のGBPUSDと、左下のUSDJPYは、いずれも4時間が虹になっています。
...一目瞭然ですね


このままドル買いが続き、ドル円が84円を越えてくるようだと、方向感がないクロス円も上昇すると思います。
ドル円の動きと、中下のGBPJPYと右下のEURJPYの動きに注目です。

また28日(日)から米韓軍事演習があるので、再び朝鮮半島が緊張するかもしれませんし、紛争となればドル買いかもしれません。 こうした予期せぬ事態にも備えておきたいと思います。


ただ現時点でのマーケットの主流は  ではなく、ドルとユーロ・ポンドなので、ドルストレートで取り引きする方がよさそうです。
...私はポンドドル、ユーロドルを売っています。


アイルランドからの今回の欧州不安がポルトガルやスペインに波及するかに注目が集まっていますが、今朝のテレビ東京・モーニングサテライトでは、元IMFエコノミストの慶應義塾大学・白井さゆり教授が欧州問題について解説しています。
...モーサテのホームページの特集でも見ることができます。


感謝祭明けのブラック・フライデーで米国の金融市場は半日取引です。
週末金曜日でもあり、欧州時間中に手仕舞いした方がいいと思っています。

明日・土曜日は夜8時からマネテク(MoneyTECH)もあるので、よろしくお願いします。
今回は投資と投機というテーマで、YEN蔵さんのお話を聞きます。


では、素敵な週末を楽しんで下さい

ドル主導の動き

11月29日(月)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

先週はドル円が84円台に乗せ、ドル買いが鮮明になってきました。
一方、欧州ではEU財務大臣会議でアイルランド支援を正式決定
EUとIMFで850億ユーロ(約9兆4000億円)支援し、英国、スウェーデン、デンマークは個別に支援します。
...これで欧州不安が少し遠のくのか注目しています。


チャートはこのごろ良く出しているドル・円・ユーロ・ポンドの組合せ6ペアの日足です。
20101129 6pair
上段左のユーロドルと、下段左のドル円のチャートを上下で見比べると、見事に逆相関です。
今回のドル円の上昇もドル主導の動きであることがわかります。

また上段中のポンドドルと、下段中のポンド円を比べると、
ポンド円はドル円に近い動きで上昇したり、ポンドドルの下げで下げたりしており、クロス円が外部要因で振られやすいことがわかります。
...これは下段右のユーロ円でもよくわかります。

当面マーケットの動きは、11月~12月のポジション調整などのドル買いの動きになりそうで、ドルストレートでの取引が良いと思っています。

先週同様に、ユーロドル、ポンドドルを売りまくる、という感じでしょうか


ではまた

ユーロの先行き

11月30日(火)
FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

昨日もドル買いの流れは変わらず、戻り売り、押し目買いポイントでした
...昨日のブログの通りユーロやポンドを対ドルで売った方は十分儲かったと思います

チャートはユーロドルの1時間です。
20101130eurusd1h.gif
朝方とアジア時間に上値を試しましたが、欧州時間で一気に落とされています。
19時に出た欧州の業況判断指数や消費者信頼感指数が予想より悪かったのを材料に売り込んだ形ですが、これらの指標は普段見向きもされていないようなものであり、ファンドなどの売り材料・タイミングに使われたと思います。


しかし、ひとまず今回のユーロ売りはこの辺で収束するのではないかと思っています。


チャートはユーロドルの日足です。
20101130eurusd1day.gif
ユーロは11月初めの1.4280ぐらいから、昨日の1.3065付近まで1200ポイントも下げています。

最初はFOMC後のドル買いがきっかけだったと思いますが、このところの下落は欧州信用不安の再燃からユーロ売りも加わり下落が加速しています。

流れはドル買い・ユーロ売りなので、欧州の不安要素が払拭できないと、1.3を割り込んで1.25ぐらいまではあるかもしれませんが、今日明日にこのまま一気に行くとは思えません。
...欧州から悪材料が出なければ、ですが
ひとまず1.33ぐらいまでの戻りはあるのではないかと思っています。

1時間の虹も乱れ始めており、再び虹が下向きに鮮明になったら、売り参戦です。

先週の月曜や昨日はアジア時間に反転上昇の動きが少し出ましたが、結局は欧州時間に入ってからひっくり返されています。
私はだいたい午後5時か6時からマーケットを見て、深夜12時ごろまでで終了しています。
私にはこの時間帯が一番効率よく取ることができるようです。

現時点では戻りを予想していますが、思わずさらにドル買いが進むようなら、twitterで書くかも知れません
いずれせによ、虹の流れに乗って、いい波が来たら乗ろうと思ってます。


ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ