ユーロとポンド

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

やはり月末・期末はユーロとポンドが動くようです。
特にポンドは大きく上下して、わかりにくかったように思います。
昨日のブログのように、ユーロポンドの動きが影響しているのかもしれません。

ただ、大きな流れには乗っていて、ユーロドルは上昇、ユーロポンドも上昇でした。
が、ポンドドルは下げています。
この辺がよくわからないところです。

チャートはユーロドルの4時間です。
20101001eurusd4h.gif
一目瞭然の虹が出ています。
このため、下がったところは押し目買いという戦略を繰り返しています。

ただドル売りの流れとは思いつつも、ポンドは少し違って見えます。
チャートはポンドドルの4時間です。
20101001gbpusd4h.gif
上のユーロドルのチャートと比べると、ポンドは振れが大きいのがよくわかります。
...この辺がポンドをトレードする際の危険なところかもしれません
また昨日は大きく下げて虹も乱れています。

このポンドの乱れが、昨日のような月末・期末の実需などの決済の動きの影響なのか? それともドル売りが終わる予兆なのか、ポンドの動きに注目したいと思っています。

もちろんトレードは相変わらずユーロドル主体と思いますが、ポンドドルが下げ始めると、ポンド円が大きく下げる可能性がありますから、見極めたいと思っています。


もう週末ですね。
明日のマネテクは、国勢調査に合わせ、人口減少と経済というテーマで、日本の人口減少が実体経済にどう影響するか? みんなで考えたいと思います。

ではまた

ユーロ買い?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

週末はいかがでしたか?
さて、先週はドル売りと考えてましたが、途中からはユーロ買いになってきたように思います。
金曜日のブログにも書いたように、ポンドドルは大きな流れは上昇でドル売りですが、あまり伸びなくなってきています。
一方ユーロドルは強く上昇し、ユーロ円も上昇していて、少なくとも金曜はユーロ買いだったように思います。

チャートはユーロドルの4時間です。
20101004eurusd4h.gif
少し上がりすぎで今朝方は少し下げましたが、虹は一目瞭然で上昇しています。

一方のポンドドルは上値が重くなってきているようです。
チャートはポンドドルの4時間です。
20101004gbpusd4h.gif
金曜のブログで書いたように、直近は伸び悩んでいます。
ドル売りなのか、ユーロ買いなのかはこの辺からも見えてきそうで注目しています。


ところで
今朝のテレビ東京 モーニング・サテライトは、元IMFエコノミストの慶應大学の白井さゆり教授が出演し、為替やグローバル経済について説明しています。
ギリシャ危機の時の説明もそうでしたが、この白井さんの話はわかりやすく、webでも見れるのでお薦めです。

今日の新朝流(世界で需要の争奪戦争)や、今日のオマケはとても興味深いのでお薦めです。
...これ(動画)を見ると、ドル円が100円台に戻るのはかなり難しそうな気がします。
   ってことは、単独介入を継続するのは、かなり無理がありそう


さて、マーケットですが、10月7日(木)まで、中国は国慶節の休日(法定休日)でお休みです。
このため中国勢はマーケットにいないと思われ、アジア時間は動く要素がないように思います。
私は16時~23時が基本的なトレードタイムなので、あまり関係ありませんが、日中にトレードされている方は注意した方がいいかもしれません。

欧州勢がユーロ買いなのか、ドル売りなのか、動きを見極めたいと思います。


ではまた

BOJとRBA

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

今日はこの後昼過ぎにBOJ(Bank Of Japan=日銀)とRBA(Reserve Bank of Australia=オーストラリア準備銀行)が金融政策を発表します。

日本は9月15日に為替市場に介入したため、ドル円は83円をなんとかキープしている状況です。
マーケットは83円から下攻めしてもよさそうなのに、ここで止まるのは、市場参加者が今日の金融政策の発表を待っているのかもしれません。

チャートはドル円の4時間です。
20101005usdjpy4h.gif
ピンクの罫線で挟んだ(部分)は上が84円手前、下は83円手前の83円台の狭い幅でここ数日は動いています。

いくら介入がありそうとはいえ、マーケットが思いっきり下攻めしないのは、介入に合わせてBOJが金融緩和をしてくるかもしれないとの思惑があるのかもしれません。
...介入だけならまだしも、金融政策も合わせて持ち上げられる可能性があると、攻めにくいでしょう

そして、そうした金融政策を実施するかどうかは、ひとまず今日の決定会合で決まるはずなので、ここで効果的な金融緩和策がないと、マーケットは下攻めを開始する可能性があると思っています。
まずは今日の日銀の発表に注目です。



そして今日は南半球のオーストラリアでも金融政策が発表されます。
RBA(オーストラリアの中央銀行)も本日昼過ぎに金融政策を発表しますが、豪ドルはこれまでも金利引き上げを行って来ており、ドルや円との金利差が大きいのでずっと買われていました。

しかし、さすがに今回は据え置きとみられているので、上昇は小休止かもしれません。
チャートは豪ドル円の4時間です。
20101005audjpy4h.gif
豪ドル人気でずっと上昇してきていますが、81円ミドルで止められていて、虹も乱れていて、下へ向かってもおかしくありません。

もしドル円が下攻めされると、下げる可能性があると思っています。
4時間の虹は明らかに乱れていて、押し目するレベルではなさそうです。
まずはこのピンクの罫線で挟んだ(部分)をどちらに越えていくかに注目だと思います。


...というように今日は円について書いていますが、私のトレードでは相変わらず円を避けています。
いつ起こるかわからない介入を待つような不確定なトレードは好きではないので、いろいろな通貨ペアを見て、虹が出ているか、一時的に乱れたチャンスを利用したいと思っています。


※こうした中央銀行の役割などについては、米銀シティバンクで長くディーラーをされていたYEN蔵さんが、女子大生2人にMoneyTECH(マネテク)第8回で解説しているので、30分ほどお時間のある方はお聴き頂くと参考になるかもしれません。


では、また

ドル売りとクロス円

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


昨日のブログで注目したように、RBAとBOJは動きました。

RBAは政策金利を据え置き、豪ドルは下落。

日銀は、4年3ヶ月ぶりゼロ金利にすると共に、これを物価上昇が1%になるまで続けることとし、さらに5兆円規模の国債や社債の買い取りを検討するとのこと。

しかし結果はまだ円安になりません。
20101006usdjpy1h.gif
チャートはドル円の1時間ですが、82円台に踏み込みました。


ただ、ドル売りが継続しているため、クロス円は上昇すると思っていて、私はポンド円に注目しています。


20101006eurusd1h.gif
チャートはユーロドルの1時間ですが、昼過ぎから反転して上昇。
昨日の高値も越えて、1.38ミドルまで上昇しています。

昨日の日銀の異例の政策効果とドル売り継続の流れで、クロス円がどう動くかに注目したいと思っています。

ではまた

ユーロドルの押し目買い

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


ドル安を背景に、ユーロがめちゃ強いです

私は昨日は東京の午後に1.3820をストップにして1.3840付近で買い上昇しましたが、フィッチのアイルランド格下げで建値で切らされてしまいました。

しかし、ユーロはこのニュースで急落したにも関わらず、すぐに強く上昇。
ユーロが下げたところは買い場、と考えている参加者が多いのかもしれません。
私も虹が明確なので1.3860付近で再びユーロに乗り、1.39前半で決済しました。
今朝は少し下げていますが、再び上昇しそうなら、乗りたいと考えています。

チャートはユーロドルの4時間(zoom)です。
20101007eurusd4h.gif
ユーロは堅調に上昇していて、日足も虹なので、買うしかない相場になっています。
1.39を越えて高値圏の懸念もありますが、4時間チャートを見ると、上げすぎれば少し下げる場面があり、こうした箇所での押し目買いが良いと思っています。
4時間の虹と特に5EMAと10EMAの動きに注目しています。

またユーロはユーロポンドでも強く、ユーロドルより、ユーロポンドの方が利益が大きいので、こちらも注目なのですが、私はあまり相性が良くないので、トレードしにくいです


昨日予想していたクロス円は、ドル円が介入レベルを下回り、しかも週末のG7を控えてか?介入の気配もなく、クロス円も下げています。
ドル円が82円レベルからさらに下げるようだと、クロス円も大きく下げてしまうかも知れません。

明日の雇用統計と週末のG7を控え、介入はしにくいかもしれませんね。


ではまた

雇用統計とG7

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。



昨日はドル売りが加速し、ユーロドルは1.4越え、ポンドドルも1.6をつけました。
私は昨日のブログで書いたようにユーロドルを押し目買い。
1.3940付近で買い1.4手前で決済しました。 ストップは1.3920でした。
虹のルール通りで、安全確実なトレードで満足しています

チャートはユーロドルの1時間です。
20101008eurusd1h.gif
1.40を付けたところでユーロは下落。(トリシェECB総裁の強いドル支持発言が影響?)
理由はいろいろあるでしょうが、この辺のマーケット事情はアマチュアの私にはわかりませんので、元シティバンクのYEN蔵さんや、西原宏一さんのブログを参照して下さい。(有料メルマガでは、マーケットの動きの詳細が説明されています

さて、そのユーロドルの虹のチャートは直近で5EMA~35EMAまでが接近していて方向感がないことをしめしています。
今夜の雇用統計とG7や世界銀行の総会が控えていますし、為替がテーマになる可能性があるので、マーケットは様子見ということかもしれませんし、状況によっては下落の可能性もあると思います。
今日は手を出しにくいので様子見になるかもしれません。


一方、昨夜は、ドル円が下落、介入レベルを割り込んでいきました。
チャートはドル円の日足です。
20101008usdjpy1day.gif
赤い↓が介入のあった9月15日で、86円手前まで上げましたが、結局昨日はこの介入レベルを下回りました。

これも昨日のブログに書きましたが、G7などを控え各国の通貨安競争に非難が出ているこのタイミングでは、日本単独での介入はないだろうと思ってましたし、実際、介入はなく、前回の介入レベルを割り込みました。

こうなるとドルストレートと共に上昇していたクロス円も下げ圧力がかかり、またドルストレートも下げているので、特に上昇の弱かったポンド円は下方向に虹となっています。

昨夜はポンド円も131.50で売り現在もキープしています。

今日はクロス円の下落に注目かもしれません。


また今日は週末の金曜日ですし、注目の雇用統計とG7や世界銀行総会などが控えており、人民元をはじめ通貨安に注目が集まっているので、注意したいところです。

日本は連休ですし、爽やかな季節なので、みなさんも連休を楽しんで下さい
...でも、明日はwebラジオ マネテク(Money TECH) がありますので、おわすれなく
   20時放送予定で、グローバル経済をテーマに、グローバルな視点について考えます。


では、よい週末をお過ごし下さい

ドル売りに警戒感

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


連休明けの東京市場は、方向感のない展開になっています。
日本政府が介入をするなら、G7が終わり連休明けの今日あたりが注目されますし、ここで介入がなければ、単独介入に積極的でなさそうで、さらに円買いかもしれません。
一方、次回(11月2日)のFOMCでさらに金融緩和が期待され売られているドルですが、ここへ来てユーロ圏からユーロ高への懸念が出ているだけでなく、昨夜はイェレンFRB副議長が金融緩和によるバブルを警戒する発言をしており、もしかすると次回FOMCで緩和されないかも?という思惑もでているのかもしれません。
こうなるとドルを売ってればいい、というわけにはいかず、ドル売りの警戒感も出てきます。

いずれにせよ、米国経済悪化=>次回FOMCで金融緩和=>ドル売り という構図に疑問が出ているように思われます。


チャートはユーロドルの4時間です。
20101012eurusd4h.gif
1.40をつけてから直近は伸び悩んでおり、少し下げる気配が出ています。
ひとまず4時間チャートは7本の並びが虹ではなくなっているので、買いは控えたいと思います。
かといって、1時間が下向きの虹かというと、そうではなく、どちらでもない方向感のない状態になっているようです。
こうしたときは手を出さない方が無難です


介入が注目されるドル円の4時間も見てみます。
20101012usdjpy4h.gif
こちらは虹を描いて下落し、昨日は81円40付近まで円高となりましたが、現在は82円台に戻しています。
介入に注目されますが、まずは82円ミドル、そして84円を上抜けないとダメでしょうし、そのレベルに戻しててもあまり効果はないのではないでしょうか。


ドル円は緩やかな円高、他のドルストレートは一時的にでもドル買いになりそうなので、介入に警戒しつつ、クロス円の売りがいいかもしれません。

まずは本日深夜に発表される9月21日分のFOMC議事録で、イェレン副議長が懸念するような議論がされているのかを確かめたい、というところではないでしょうか。

こうした思惑や、ファンダメンタルズがわかりにくいときは、チャートに従い、虹が乱れたり、明確な方向性を示さないときは慎重に行きたいと思っています。

ではまた

ドル売り再開ですが

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

昨日は、9月21日分のFOMC議事録が注目され、特にイェレン副議長らが金融緩和を抑制する発言をしていたので、発表まではドルが買い戻される展開でした。
ただ、動きの結果を見ると、ブログに書いたドル売りの警戒感というより、ひとまずポジション調整か一部の利確だったかもしれません。
FOMC議事録が発表され、やはり近々金融緩和が行われそうとの思惑になると、NY株も上昇し、為替マーケットもドル売りに戻りました。

チャートはユーロドルの1時間です。
20101013eurusd1h.gif
昨日の安値は東京時間の17時台ですが、そこから上昇に転じ、欧州勢が入るとドル売りが再開。
特にピンク縦線を引いた深夜3時台のFOMC議事録発表から強く上昇しています。


もうひとつチャートはポンド円の4時間です。
20101013gbpjpy4h.gif
ピンク縦線の金曜日深夜には下向きの虹が明確になっています。
...当然、私は売っています

昨日はそこそこ下げたので、今日は130円ぐらいに戻ったところを売りたいと考えています。
ドル円の円高傾向もあり、ポンドドルの動きは気になるところですが、ポンド円はしばらく下向きだと考えています。



さて、で気になる介入ですが、為替市場の関係者は「介入はできないだろう」というのがコンセンサスと思いますが、株式市場の方は違うようです。
先ほど見ていたテレビ東京Emorningでは、株式市場の解説の方が日経平均とユーロ円の相関の話をされ、介入については、「ないだろうが、あるかもしれない」というスタンス

やはり、株の方と、為替の方では見方が違うんでしょうね。
印象としては、世界からの視点で捉える為替と、日本視点で世界を見る株、という感じですね。
私は、まず森を見よ!だと思ってます。


ではまた

ドル売り加速

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

今朝の東京はドル売りが加速しています。
このブログを書く前には、前夜の状況を確認したりするのですが、こうしたルーチンの作業をしている間にもドルはガンガン売られていて、ユーロドル、ポンドドル、オージードルなどが急上昇しています。

特にユーロドルは1.40を再び越えた途端に一気に上昇。
オージードルのパリティ(1.0)への動きでドル売りが加速しているのかもしれません。

チャートは豪ドル/ドルの月足です。
20101014audusd1month.gif
すでにリーマンショック前の高値を越え、パリティになると1982年以来28年ぶりのレベルです。
詳細には覚えていませんが、80年代前半は米国経済がボロボロで、MBAや博士号を持っているようなエリートもみんな職を失っていた番組を見たのを覚えています。


米国経済はあの頃と同様の状態なのかもしれません。


私は昨日はポンド円を売りましたが、米国時間になると戻されてしまい、少ししか儲かりませんでした
チャートはポンド円の1時間です。
20101014gbpjpy1h.gif

昨日のブログで予測した通り、130円に戻したので、この付近で売りましたが、129円ミドルで動きが悪くなり、決済しました。
...もっと下げると思ったのですが、一昨日の安値を下回れなかったので、ポンド円は少し様子見です。
   この戻りの予想は月刊 FX攻略.comの9月号に書いています。


東京の午前中から急激なドル売りになっているので、少し注意しています。
特にこの時間の急激な動きに乗ってしまうと、火傷したりするので、少し見極めたいと思います。

少しずつでも儲けて、損をしないようにするのが、私のやり方です
そろそろ10月も後半でヘッジファンドなどが利益を確定させるころのようです。
こうした決済の動きにも注意したいと思っています。

ではまた


追 記
今朝のドル売りは、中国かもしれません。

フォレックス・ラジオの土曜日にマネテク(Money TECH)でご一緒しているYEN蔵さんの有料メルマガによると中国の介入規模の大きさがわかります。
...日本の2兆円なんて、比較になりません
   アメリカが怒る理由もわかります。
   東京の午前に大きく動いた理由も想像できます。

YEN蔵さんも書いてますが、中国の為替戦略はすごいです...恐ろしい

ドル売りは一服?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

ドル売りが続いています。
昨日は朝からユーロドル、ポンドドル、オージードルなどが急騰
...私は乗り遅れました。(中国じゃなくて、シンガポールでしたね

さて、11月2日からのFOMCに向けて、ここでFRBが量的緩和を拡大し、1兆ドル規模の資産買い入れをするとの思惑でドルは売られているのですが、昨日ぐらいから、まてよ という意見も出ているようです。
...このため今夜のバーナンキFRB議長の発言が注目されています。


それの動きとは思いませんが(チト早すぎるので)ドル売りは一服かもしれません。


チャートはユーロドルの4時間(zoom)です。
20101015eurusd4h.gif
4時間足なので、東京時間14時の足を頂点にして、高値を切り下げ、安値を更新しています。
虹は上向きなので、上昇の流れが基本と思いますが、このまま下げていきドル売りが小休止する可能性があると思っています。

こうした動きはポンドでも出ています。
チャートはポンドドルの4時間です。
20101015gbpusd4h.gif
こちらもユーロドルと同様に東京時間14時の足を頂点にして下げています。

ただ、昨日は大きくドルが売られて上昇したので、日足では安値を更新していません。
ひとまずはこの4時間足がどちらへ抜けるか?(安値を更新して下げ続けるか、上値を更新して下落が止まるか)に注目しています。



さて為替市場とは少し違いますが、ニュースによると旧ソビエト諸国が金の増産に動いているようです。
増産が軌道に乗る数年後には、現在のドル安も反転しているかもしれませんし、金価格は下落の可能性があります。
...もちろん数年というスパンですけどね

私は1990年前後の1g=1000円程度の時に何度か分割して購入し、昨年売却しました。
...金価格は上昇してきましたが、ドルも下落し円高になり、円建てでは価格上昇があまり享受できないので、少し早めに3000円ぐらいで手放しました。

私が購入した頃は、東側諸国が民主化され政治的に崩壊したので、旧共産圏諸国から金が大量に市場に出てきて市場価格は1000円割れまで下がりました。
また95年の円高(ドル安)の前だったので、円建てで買っても良かったのかもしれません。

少し先ですが、数年してドルが上昇し、金価格も下落して、さらに供給が増えたりしていれば、買い時だと考えています。


今日はもう週末金曜日ですね。
ポジション調整もあると思うので、気を付けて行きたいと思います。
みなさんも、よい週末をお過ごし下さい。
...そして週末の気分転換には、20時からのマネテク(Money TECH)もよろしくお願いします
   今週は経済指標について考えます。


ではまた

ドル売りの調整か?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


週末はいかがお過ごしでしたか?
私はテニスと、マネテク(MoneyTECH)収録と、介護でした

さてマーケットですが、金曜日の小売りなどの米国経済指標が強かったためか虹の通りなのか金曜のブログで書いたように、ドル売りが一服し、ドルが買い戻されています。
このためクロス円は下落、金曜日からショートしたポジションは順調ですが、あまり大きく落ちるとも考えにくいので(まだメイントレンドは上と考えてます)50pぐらいを目安に利確しようと思っています。
...これらのトレードは虹の応用編なので、また今度


チャートはユーロドルの4時間です。
20101018eurusd4h.gif
ユーロドルは先週後半から上値が重く、虹のチャートにもそれが現れていました。
このため先週のブログでは何度かユーロドルのの上値が重いように書いてきていますが、金曜は一度1.4158付近まで上昇しましたが、すぐに落とされ、下落しています。
...このため上昇した部分は上ヒゲになっています。
ただ虹のチャートは乱れて来ていますが、まだまだ調整で上をトライするかもしれません。

ユーロドルの1時間も見てみます。
20101018eurusd1h.gif
こちらは大きく乱れてきていて、1時間チャートでのトレンドは一旦終了のようです。
ここから再び上を向き始めるのを待ちつつ、さらに下げて下向きの虹となれば、慎重にショートを考えたいです。



もうひとつポンドドルの1時間も見てみます。
20101018gbpusd1h.gif
こちらも上のユーロドル1時間チャートとほぼ同じ動きであるころが一目瞭然です。
...この一目瞭然なところがアマチュア向きだと思っています(自画自賛

こうしてみるとユーロドルの動きも、ポンドドルの動きも、要するにドルが売られるか、買われるか、ということで、今後も来月のFOMCまでは米国経済指標や米国の企業決算の動きに注目だと思います。


ただ、基本的にはまだドル安の流れが続いていると考えていますし、4時間チャートは少し乱れましたが、日足はまだまだドル売りだと思いますので、今回のドル買いは一時的な調整かもしれません。

もちろん、ここからFOMCくらいまで狭いレンジになり、その後下落(ドル買い)となる可能性もあるわけで、私は虹のチャートを見ながら、マーケット参加者のセンチメントを探りたいと思っています。




では、今週もマーケットを楽しみましょう

レンジになるかも

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

昨日はドル売りが調整される動きだったようです。
ドルは少し買い戻されましたが、前の安値を割り込むことはなく、現在は少しドル売り方向に進んでいます。

チャートはユーロドルの4時間です。
20101019eurusd4h.gif
昨日は1.3830まで下げましたが、その前の安値(10月12日:1.3775)を下回らず、まさに調整の範囲という動きでした。

ここから再びユーロドルは上昇も考えられますが、アジア時間の現在は少し勢いがないような動きをしていて、昨日のブログで書いたように、狭いレンジになるかもしれません。

いずれにせよ、まずは欧州時間にどちらへ動き出すのかがポイントだと思います。

週末にG20を控えつつ、ここで為替が議論されるかもしれないので、方向感がなくなりつつあるかもしれません。

マーケットの動きを見極めたいと思います。

ではまた

ドル買い・円買い

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


ドルが買われています。
金曜から月曜にかけてドル買いになりましたが、一旦止まったので、この辺で調整下落は終わりかと思いきや、さらにドル買いが進み、ドルストレートは下落、クロス円も下落して、ドル買い・円買いとなっています。

中国の利上げのニュースが大きく影響しているものと思います。
こうしたニュースがあると、みな同じ動きになり、ユーロドル、ポンドドル、オージードル、ユーロ円、ポンド円、オージー円の確1時間チャートは、みな虹を描いて下落。 私も売り参入です。

ただ、4時間でも虹になっているのはポンド円だけで、このままさらに下落して他のペアの4時間も虹になるのか、そこまで下がらないかに注目です。

チャートはユーロドルの4時間です。
20101020eurusd4h.gif
昨日のブログで添付したチャートに引いたピンクのラインは2本とも突破して、3本目のブルー破線を越えるかに注目しています。

もうひとつはドル円の4時間です。
20101020usdjpy4h.gif
ドル買いになったので、ドル円も81円後半まで上昇しましたが、さすがに82円を越えられませんでした。

今週のフォレックス・ラジオ MondayFXでも話題になっていましたが、日本の介入に期待した輸出などの実需がドルを売り損ねていて、少し戻すと売ってくるのかもしれません。


まずはこのドル買い・円買いがどこまで続くか、4時間も下向きの虹になって大きな下落の流れになるのか、ここまでのドル売りの調整なのか、に注目していきたいと思います。

基本的には1時間チャートでシッカリ虹が出たら、赤ライン付近で参入がいいと思ってます。


ではまた

変化の兆しか?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。

FOMCでの追加緩和期待でドル売りが続いていましたが、中国のサプライズな利上げでドル買い戻し、そして昨日は再びドル売りと、マーケットは大きく上下しています。

虹も1時間は大きく上下に振られていますし、4時間も乱れました。
こうなってくると、マーケットは変化しそうです。

チャートはユーロドルの日足(zoom)です。
20101021eurusd1day.gif
日足はまだ上昇の虹になっていますが、この3日大きく上下しています。
こうした動きは順調な上昇局面とは言えず、まずは今日、昨日の高値を越えて上昇するかに注目です。
ここが越えられなかったり、越えてもすぐに戻されるようだと、そろそろドル売りは終わりかも知れません。

1時間チャートを見ると、15日以降、きれいな虹が揃うことなく、上下しています。
20101021eurusd1h.gif
昨日はドル売りで上昇(部分)していますが、虹は出ていません。


4時間も乱れ、1時間でも虹がないので、方向感がなく、ここはお休み、とういのが虹色FXでの判断です。

今日は前回のサプライズ利上げで影響力を示した中国の経済指標が多く発表されました。
今のところマーケットは大きく反応していませんが、欧州勢がこの結果をみてどう動くかに注目します。

基本は休みとしつつ、条件が揃えば取りに行きたいと思っています。


ではまた

G20開催

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


今日と明日、韓国でG20財務相・中央銀行総裁会議が開催されています。
今回は為替問題が主要なテーマになっており、会議の結果によってはマーケットは大きく動くかもしれません。

チャートはユーロドルの日足です。
20101022eurusd1day.gif
この数日は上昇が抑えられていますが、チャートはまだ虹の配列になっていて「乱れる」というレベルではありません。 チャートだけ見れば押し目買いですが、日足より上位のチャートである週足は虹ではないので、買いにくいですね。


今週は1時間チャートでは虹が乱れてきていて、方向感がなくなっています。
20101022eurusd1h.gif
虹が出たのは、火曜日の夜から水曜日にかけての短い時間(部分)だけでした。
それでも虹は虹なので、100p以上動いています。

なぜこの動きが続かないかというと、4時間チャートが虹ではないからです。
20101022eurusd4h.gif
1時間チャートと同じ()部分を見れば、4時間では一時的に下げただけで、虹が乱れただけであることがわかります。

このように上位のチャートが虹でない場合は、一時的な動きになりがちで、大きなトレンドにはなりにくいものです。

この例から最初の日足を考えると、やはりここで押し目買いはしにくく、様子見が良いと思ってます。
またG20を控えて調整も出やすいので、ドル売りよりは、ドル買い方向かもしれません。

トレードするなら30~50pipsぐらいの幅を狙って早めに撤退した方がいいのではないでしょうか。


週末なので、慎重に行きたいと思っています。
ではみなさん、良い週末をお迎え下さい

再びドル安か?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


注目のG20は終わりましたが、パッとしたものはないようです。

チャートはユーロドルの4時間です。
20101025eurusd4h.gif
4時間チャートは一度は下方向(ドル買い)に向きましたが、再び上昇(ドル売り)に向きつつあります。
まずは21日の高値1.4049付近を上抜けるかに注目です。

ただ、まだ月曜日のアジア時間で、主力の欧州勢がG20をどのように評価したのかわかりません。
ここを見極めてからが良いと思っています。

また4時間チャートを見ると、しばらく上値が抑えられているため、はありませんし、7本のライン全体の幅が狭くなってきています。
こうなると、何かのきっかけでドル買いの流れに転換しかねないので、注意したいところです。


チャートは、ドル・円・ユーロ・ポンドの組合せ6ペアの日足です。
20101025 6pair
上の左から、ユーロドル、ポンドドル、ユーロポンド
下段は、ドル円、ポンド円、ユーロ円 です。

こうして日足を一覧で比較すると、ユーロドル、ドル円、ポンド円がになっていることがわかります。

またポンドドルは反転しつつあり、しかもユーロポンドがもうすぐ上向きの虹となりそうなので、ユーロが買われ、ポンドが売られる流れになっています。

ポンドドルがさらに下落していくなら、ポンド円はさらに下げていきそうです。
またユーロ円は方向感がありません。


が、先に書いたように、G20の結果、再びドル売りになるか、ドル買いの可能性が出てくるのかで変わるので、まずは今日の動きに注目だと思っています。


ではまた

最高値更新へ向かう?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


G20明けの昨日もドル売りの流れが変わることはありませんでしたが、中古住宅販売が予想以上に好調で、ドルは買い戻されました。
ユーロドルは上昇しつつも、ガンガン上がっていく、という感じではないように思います。

チャートはユーロドルの1時間です。
20101026eurusd1h.gif
明確な虹が続かず、1時間ではトレードしにくくなっています。


さて問題は、ドル円です。
昨日は80円40ぐらいまで下落しました。(チャートはドル円の1時間です)
20101026usdjpy1h.gif

私はフォレックス・ラジオで収録のお手伝いをしていましたが、収録中に80円60ぐらいから40ぐらいまで下げて行きました。

この時、ユーロドルは上昇しておらず、昨日のtwitterにも書いたように実需のドル売りではないかと思ってました。
トヨタがドル円の社内レートを90円から80円に下げたのは大きいと思います
...トヨタ株は下げてますが、この辺は買い時かもしれませんね。
   1$=¥80円でも大丈夫なのだから、円安になれば、一気に利益が増えそうです。

トヨタのような輸出大手が社内レートを80円とするなら、1995年のドル円最高値・79円75は含まれているようなものですし、政府が介入することもないでしょう。

ドル円の最高値更新は時間の問題だと思っています。
チャートはドル円の日足です。
20101026usdjpy1day.gif
1度だけ介入で上昇していますが、明らかにが下を向いています。
底を打つ気配もなく、後はどこまで下げるか?かもしれません。

ドル円が最高値を更新すると、クロス円も大いに引っ張られると思いますので、買いは要注意だと思います。

金融の歴史の1ページに立ち会えそうです。

ではまた


月末か?変化の兆しか?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


ドルが買い戻される展開が続いています。
が、それもすごく積極的なわけではなく、ドル売りの調整ともとれるかもしれず、わかりにくいマーケットになっています。

9月末のブログでも書きましたが、月末は実需などの決済もあり、それまでのマーケットと少し違う動きをすることがあるようです。
トヨタ自動車もドル円の想定レートを現実的な80円にしたとのことで、80円台でもドル売りをしそうです。

チャートはユーロドルの4時間です。
20101027eurusd4h.gif
虹は乱れていますが、10月20日のレベルまでは下げておらず、この辺が注目点だと思っています。
ただ、高値も更新しておらず、ユーロドルはレンジになるかもしれません。
...その他チャートを見ると確信的ではありませんが、ドル買い・円買いが起こるかもしれません


ドル円チャートも見てみます。
20101027usdjpy4h.gif
80円割れ直前で反転し急激に戻していますが、まだ81円台です。
前回抜けられなかった82円を上抜けできるかが注目点だと思っています。


今週、来週と重要イベントが控えていますし、月末要因もあり、わかりにくくなっています。
月末による動きか、ドル売りに変化の兆しか、見極めるポイントになってきているようです。


ではまた

噂で売ってたけど...

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


注目のFOMCを来週に控え、しかもそこでは米国中間選挙も実施され、明日は早めの月末...マーケットの動きが慌ただしくなりそうです。

このFOMCで、追加の金融緩和をするのではないか? 大規模な資産買い取りを行うのではないか? という思惑でドルは売られ続けてきました。

月曜日にはゴールドマン・サックスがFRBの追加緩和は4兆ドル規模とか、ひとまず2兆ドル程度とか、とんでもない数字が出てきて、ここでもドル売りされましたが、昨日はウォールストリート・ジャーナルが資産買い取りは小規模で数ヶ月で数千億ドルと報道しドルが買い戻されています。
...さすがにこんな大規模な話が出てくると、噂もそろそろ終わりかな?という気がします。
   しかも出元がゴールドマンですし


チャートはユーロドルの日足(zoom)です。
20101028eurusd1day.gif

昨日のブログでも注目していた10月20日の安値1.3697(ピンク罫線)を割り込むかが重要ポイントだと思っています。


主要通貨ペアの日足は、虹が乱れ始めました。
20101028day6.jpg
ここから再び虹を描くのか、ここまでの動きが変わっていくのかに注目です。


主要通貨ペアの1時間では、虹を描くペアはなく、乱れています
20101028hour6.jpg
1時間で見ると、ユーロドルや、ドル円ではドル買い戻しに動いており、これが月末などの一時的な動きなのか、大きな変化への動きなのかに注目だと思います。


どれくらいの時間軸で、どれくらいの利益を目指すかをイメージしたトレードが良さそうで、あまり大きく利を追うのは難しいかもしれません。

これまでの追加緩和期待でのドル売りの流れが、噂で売って事実で買う、になるかもしれません。
同様の理由で堅調だった株式市場の動きをみつつ、慎重に行きたいと思います。


ではまた

君子危うきに...

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。


月末と来週のFOMCを控え、方向感なくバラバラな動きをしています。
特にFOMCでの追加緩和では様々な憶測や情報でマーケットが上下に振られ、私のようなアマチュアには危なっかしくて手が出せません

こうした危うい相場にはアマチュアは近づかない方がいいと思っています

チャートはユーロドルの4時間です。
20101029eurusd4h.gif
一目瞭然で、バラバラ
4時間でこの状態では1時間でも虹にならず、安心してトレードできません

ポンドドルの4時間も同様で...
20101029gbpusd4h.gif
現在1時間は上向きに虹になりそうですが、この4時間のここまでの動きを見ると安心して買うことはできませんね


FOMCに向けてNY連銀が米国債の政府公認ディーラー(証券会社など)などに債券買い取り規模や追加緩和の影響について調査していたことも伝わっており、市場に失望を与えない規模がどれくらいかを探っているようです。

この辺は、日本の金融のトップ、日本銀行も読み切れず危機感を持っているようで、昨日の金融政策決定会合では次回の決定会合をFOMCの翌日の11月4日と5日に前倒しすることを決めました。
今週の水曜・木曜で会合を開いたのに、翌週の木曜・金曜にも開催するというのは異例というか、異常とも言えるかもしれません。
それだけ日銀も次回のFOMC後のマーケットに警戒しているということなのでしょう。

今回の月末月初は要警戒で、しばらく休んだ方がいいかもしれません。


アマチュアは資金を大切に、わかるときだけトレードして、利益を積み上げるのが大事だと思っています。

マーケットが入りにくく、ヒマだな!という方は、マネテク(MoneyTECH)でもお聴き頂ければと思います。

参加する女子大生も徐々に慣れてきて、オープニングのコメントも最初は原稿を読んでいましたが、徐々に自分の意見や考えを入れてコメントするようになってきました
こうした彼女たちの成長の様子も聞いていただければと思います

では、月末・週末ですので、トレードされる方は慎重に!
私はゆったり本を読んだり、過去のチャートを見なおすなどしたいと思っています。

台風が接近しているようですので、お気をつけ下さい。
素晴らしい週末を


追 記
この時間、円が買われ円高方向に動いています。

私は特にユーロ円に注目していて、9月の介入で押し上げたレベルを割り込むかに注目しています。
チャートはユーロ円の日足です。
20101029eurjpy1day.gif
111円60付近を明確に割り込むようだと、一気に円高が進むかも知れません。

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ